« 最近読んだ本 : イタリア完乗 1 万 5000 キロ | Main | 既視感 »

Jan 07, 2011

神の名を冠した演習

Indo-French Naval Exercises Set To Start (DefenseNews)

インド海軍とフランス海軍が 2001 年から実施している年次合同演習 "Varuna 10" の記事。
なんか聞き覚えのある名前だなと思ったら、Varuna といえばヒンズー教の神話に登場する、航海の安全を守るとされる全能神のこと。なるほど、海軍の演習には相応しそうなネーミング。

どうしてそんなことを覚えていたかといえば、"Varuna" は東日本フェリーの船名で何度も使われていたから。これに限らず、東日本フェリーの船名といえば、あちこちから拾い集めてきた神名を使うのがお約束でした。

白状すると、うちのコンピュータ名がギリシア神話ネタなのは、その東日本フェリーの船名から影響されたせいだったりします。ひところと比べると台数が激減して、今では Hestia、Hermes、Artemis、Arethusa、Helios、Hekate の 6 台だけですけれど。

|

« 最近読んだ本 : イタリア完乗 1 万 5000 キロ | Main | 既視感 »

Comments

ゆにこんが無い事について小一時間(ry
(w

私は乗りそびれましたが、初代、二代目とも。orz
(それだけのために台湾行きたいですw)

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 07, 2011 at 07:08 PM

>ぼろねこさん
台湾行ったついでに日勝生 加賀屋にお泊りを(・ω・)ノ(w
(安くないし、普通能登の方へお越しを勧めるわな)

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Jan 07, 2011 at 08:29 PM

そういえば、Unicorn は使ったことがないですねえ。そもそも使おうと思ったこともなかったり。英海軍の Upholder 級潜水艦に、そんな名前のボートがいたような気がしますが。

東日本フェリーの方は、二代目だけ乗ったことがあります。幸いにも (こら) 海が時化気味で、そこを驀進する迫力を味わえました。いいフネでしたよ。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 07, 2011 at 08:30 PM

ありゃりゃ、ちょうど入れ違いに。

加賀屋って、台湾に進出してたんですか !?
私は本家の方も未経験ですが…

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 07, 2011 at 08:32 PM

去年の12月に台北の北投温泉にオープンしたばかりですよ(・ω・)ノ
因みに加賀屋と言っても加賀屋の他にあえの風(昔はサン加賀屋だったのを改築した)に虹と海とか有ったりします。
後加賀屋グループだと以前井上さんがネタにした友愛ショップの向いのトンカツ屋さんが加賀屋グループだったりします。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Jan 07, 2011 at 09:12 PM

加賀屋の Web を見てみたら、トップにその件のバナーが出てました。ちゃんと従業員を日本の本家で教育したとは、気合が入ってますね。

トンカツ屋はこれでしょうか。次に金沢に行く機会に備えて、メモメモ。
http://www.kagaya.co.jp/shoku/shop/shop.php?shop=wakura

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 07, 2011 at 10:39 PM

>トンカツ屋
そうです。しかし、金沢来て食事がチャンカレにトンカツてどうなんだろう?て思ってしまいますねw
(おまけにハントンライス勧め様としてたりするw)
後、加賀屋グループは金沢駅前に金沢茶屋つつみてのも有ったりします。(・ω・)ノ(元々の所が経営難で加賀屋が引き取って出直した所です)朝食だけや素泊まりてのも有る様です。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Jan 08, 2011 at 08:56 PM

日本にたとえると「金毘羅様演習」って辺りですか。

Posted by: ゆきかぜまる | Jan 09, 2011 at 12:30 AM

なんか、日本で同じことをやると「どうも力が入らない」ネーミングになってしまう、と思うのは偏見でしょうか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 09, 2011 at 03:07 PM

それは偏見ではないと思いますが、金毘羅様にしても仏陀様にしても、
サンスクリットに戻してカタカナ名前にすればすべて解決、なんてことはないですかね?

Posted by: 池沼・高橋和司 | Jan 09, 2011 at 03:43 PM

それ、実際にやってみたら面白そうです。
ただし日本の場合、そもそも演習や競技会でいちいち名付けに凝る傾向が薄いのかも知れません。アメリカだと「ガンスモーク」とか「ウィリアム・テル」とか「オリンピック・アリーナ」とかなんとかいってるものが、日本だと「戦技競技会」とそのものズバリだったりしますし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 09, 2011 at 04:04 PM

加賀屋の話を読み返していたら、フッと「公私に関係なく、旅行に行くときにいちいちコードネームを付ける」という馬鹿ネタを考えたのですが、考える手間ばかりかかるという理由で 0.5 秒後に却下しました :-(

ともあれ、北陸方面の乗りつぶしはおおむね片付いているので、次に訪れるときには違った楽しみも用意したいものであります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 09, 2011 at 06:56 PM

去年(になってもーた…)の北の大演習は「玄武」でしたね。だんだん名称が流行ってくるのでしょうかね?(w

和倉温泉は今年はスルー(トワイライトで)です。w、いや、何時か行く事有るのか怪しいですがw
(JR北で扱っているトワイライトエクスプレスのツアーに、和倉温泉が宿泊先の物も有ったりします。良い値段しますが)

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 11, 2011 at 12:07 PM

個人的には「トワイライト」よりも先に、「きたぐに」にもう一度乗っておきたいところなのですが、どう嵌め込むかが難しいところ。
富山駅の近くに 24 時間営業のバーガー屋でもあれば、そこで時間をつぶして地鉄の一番電車から黒部峡谷、なんて手が考えられますけれど。

子供の頃に「つばめ」や「金星」で乗って以来、なんか思い入れがあるんですよね、581/583 系って。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 11, 2011 at 03:50 PM

583系は、パンタ下イイナ、とか上段より中段の方がマシだったな、な思い出が。
出来たばっかりの青函トンネルから出てきた「海峡」から2分で乗り換えろ、とか無茶な事された高坊の修学旅行でした(確か「はくつる」です)。
ごく一部の鉄属性の方だと、キハ27(旭川-函館、追分、砂原経由)→12系臨時「海峡」→583系、なんて過程はヨダレ物でしょうね。殆どの当人達にはたまったモンじゃなかったんですが。w

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 11, 2011 at 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/50517036

Listed below are links to weblogs that reference 神の名を冠した演習:

« 最近読んだ本 : イタリア完乗 1 万 5000 キロ | Main | 既視感 »