« 沖縄そば@そば処 琉風 [那覇空港] | Main | 空港の給油車 »

May 16, 2011

先代ヴィッツの異常な低燃費 (?)

沖縄に行ったときに、レンタカー屋さんで先代ヴィッツ (KSP/SCP/NCP9#) を借りました。何日も走り回るわけではないし、いちばん安いので十分。といって最低ランクのクラスを指定したら、出てきたのがこれ。

_IGP2099

高速を走っているときに、ちょっとえげつなく車線変更しても姿勢は安定しているし、コンパクトだから取り回しは楽だし、大したものだなあと思った次第。トヨタ恐るべし。

レンタカーにするぐらいだから多分、最廉価の 1L + CVT モデルなのでしょう。エンジンのフィールはちょっとガサツで音が響きやすいし、高速を走ると加速力は不足気味。でも、どうにも我慢ならないというほどではないので、経済性なんかを考えれば許容範囲内。

ビックリしたのは、返却前に給油したら 4.8L しか入らなかったこと。トリップメーターで見る限りは 130km ぐらい走ったはずだし、後で MapFan のルート検索を使って再確認したときにも、それに近い距離になっていたので、なんぼなんでもあり得ない数字。少なくとも、この 1.5~2 倍は使ってるんじゃないかと…

セルフのスタンドで入れたので、以前にも経験したように給油装置のセンサーが誤検出した可能性はあるかも。ただ、このクラスのクルマでガスを 10L 近く使えば、燃料計のゲージが満表示のままというのは考えにくいです。実際には給油直前まで満表示のままだったけど…

_IGP2168

|

« 沖縄そば@そば処 琉風 [那覇空港] | Main | 空港の給油車 »

Comments

燃費良いですねー。プリウスも満タン表示のままの距離がえらく長かったので、天地が薄くて面積が広い(か逆三角形の)燃料タンクなんじゃないかと思ってみたり(^_^;)
駅レンで一番安いの指定したらスイフトだったりマーチだったりしたんですが、各メーカーちっちゃいのが軒並み良くなりましたね。

Posted by: AL | May 16, 2011 at 10:56 PM

とはいえ、途中で渋滞に捕まった部分もあったにしては数字が良すぎるので、やはり給油が早めに止まっちゃった疑いが濃厚だと思っています。

それとも、埋蔵金みたいな隠れ燃料タンクが付いてたとか (ないない !)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 16, 2011 at 11:03 PM

あれ、私がいる(苦笑)。

私も福岡駐屯中に、沖縄出張で何度かレンタカーを使ったことがありますが、初代フィットで似たような経験があります。その時は一人で、行きは高速巡航、帰りはノンビリ下道で走ったら、90kmで3Lしか入らず、思わずポカ〜ン。噂から20km/L台前半は予想してましたが、ちょっと出来過ぎでした。ただ、電磁クラッチのショックとか内装とかは値段相応だとは思いましたが。

ちなみに、ほぼ同じルートで、先代スイフトとか先代ノートとかも運転しましたが、3〜4人乗車したのが影響したのか、15km/L未満でした。スイフトは、サスが良いけどカックンブレーキで、停車に神経がいったのは覚えています。

それはそうと、そのレンタカー屋、受付から引き渡し場所まで、随分遠くなかったですか? 間に色々妙な店があって(苦笑)

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 17, 2011 at 12:19 AM

「せっかくだから俺はEVに乗るぜ」なんて事は無かったのですな。
いえ、チト前にこんな話が賑わっておったな、と。

>日産、沖縄県内にEV「リーフ」のレンタカーを220台配備
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20110201_424225.html

Posted by: 杭打ち機 | May 17, 2011 at 12:20 AM

>レンタカー屋
はい。受付から引き渡し場所まで、遠くて分かりにくくて、自分に縁のないお店ばかりでした。でも、空港送迎だとモノレールに乗れないですし (なんだそれ)。

給油量が異常に少ないのは、リンク先の過去エントリにあった、給油パイプの構造などの問題が関わってるのかも知れないですね。

>EV
今回は経費節減で、JAL ダイナミックパッケージの提携機能を使ってトヨタレンタカーの最低ランクを選んだのですが、次の機会に EV レンタカーを使えるようなら、それも面白そうですね。EV レンタカーと、在沖米軍か自衛隊がらみの取材とワンセットにできないかなぁ (マテ)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 17, 2011 at 08:11 AM

私もヴィッツ1.0Fに乗っていますが、燃料注入口(車体左)をGSの路面山側にするかどうかで注入可能量が変わります。私の経験では右上(注入口が谷側)にすると1.5リットル程度注入可能量が少なくなります。

また、燃料計1目盛は約5リットルです。そして私の行きつけのセルフスタンドでは、センサーが作動し注入が止ってから、ぎりぎり満タンで2.5リットル以上入ります。井上さんの走行開始時点でどの程度の満タンだったかわかりませんし、井上さんがどの程度満タンにしたかもわかりません。

 ただ、実数字が25km/リットルだったとしても驚きません。私の燃費です。
 http://vitz1f.ninja-x.jp/fc/fc1.htm
 燃費は運転方法、道路条件以外に天候(気温、降雨、風向・風速等)にも影響されます。

Posted by: 野田 | May 17, 2011 at 11:45 PM

けっこうデリケートなものなんですねえ。

自分のレガシィだと、どれぐらい "詰め込みが効く" のか分かるので、自動停止した後でチョコチョコと継ぎ足すのですが、勝手が分からないクルマだったので、自動停止した後はキリのいいところまでちょっと足しただけでした (そしたらうっかりして 651 円にしてしまい、財布の中が小銭だらけに)。

一目盛 5L ということでしたら、ゲージはずっと満表示のままだったので、本当に 5L も使っていなかったのかもしれません。行程の半分以上は高速や空いた下道でしたから、お話を伺っていると、実消費が 5L 前後として 25km/L 走った、というのが妥当な結論かなと思えてきました。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 18, 2011 at 06:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/51688571

Listed below are links to weblogs that reference 先代ヴィッツの異常な低燃費 (?):

« 沖縄そば@そば処 琉風 [那覇空港] | Main | 空港の給油車 »