« K-7 の謎な挙動・二題 | Main | 災害派遣の写真 »

May 24, 2011

液晶テレビのフォント

先日、沖縄から戻ってくるときに乗った B.777-200 が元 JAS の機体 (JA8978) で、座席がテレビ付き。

_IGP2307

で、この地図で使われているフォントを見ていたら、なぜか「富士エアー」を連想してしまい、一人で笑いをこらえていたのは秘密です。

|

« K-7 の謎な挙動・二題 | Main | 災害派遣の写真 »

Comments

「富士エアー」...
なつかしいですね
初めて見たときは大笑いでした
オーポン
とかとか

Posted by: Kawasaki C-1 | May 24, 2011 at 05:50 PM

字面だけでなく、フォントが面白さを増幅していたような気がします > 富士エアー
解像度が粗い液晶で明朝っぽくすると、なんか無理が出るような。

そういえば。デバイスができた時期を考えると仕方ないのですが、サハ 204 (6 扉車) についていた液晶テレビ。あれは見辛かったなぁと。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 24, 2011 at 07:34 PM

実はJAS党だった、おいらが来ましたよ。

JASが存命中の頃は、福岡行の出張では必ずJASのB777に乗って、ミュージックビデオ等の色々なコンテンツを見るのが楽しみでした。ところが、JALと統合したら、JALの機材になって液晶付座席が無くなってしまい、出張の楽しみが半減。

そんな記憶も忘れかけた今年になり、久々にJALの福岡便に乗ったら旧JASのB777で、液晶付座席に座ったのでコンテンツを楽しみにしていたら、観光地紹介ビデオしかなくガッカリしました。

あの頃のサービスはもう無いのですね・・・(シクシク)。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 24, 2011 at 09:02 PM

対照的に、JAS を利用した経験が極めて少なくて、記憶にあるのは羽田から長崎まで A300 で飛んだ一回だけ、という私であります。

そういえば鉄道業界でも、ひところは座席にテレビをつけるのが流行りましたけれど、すっかり廃れてしまいましたね。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 24, 2011 at 10:08 PM

成る程、5年くらい前に羽田-福岡のJALを使った事があったのですが、機材は旧JASだったことが解りました>観音旭光の両刀使い さん
字も正にこんな感じでした。

帰りが鹿児島-羽田経由-旭川の旧JASのA300ってのも今となっては貴重な経験。(子連れだったのでおもちゃ貰いまくりw)
個人的には大手2社の狭間で戦うJASの機内サービスが大好きだったんですけどね。今やANAはお茶だけ。でもチケット価格はそのまんま…

Posted by: ぼろねこ2k | May 25, 2011 at 12:59 PM

そういえば。以前にもどこかで書いたかもしれませんけれど、先日に高松から帰ってきたときの飛行機が所定では B.737-800 のはずだったのに、実際に乗ってみたらシップチェンジで A300-600R が来て、内心、狂喜乱舞状態でした。

天気が悪くて、外観の写真はまともなのがないんですけれど。でも、機内の写真はそれなりに。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 25, 2011 at 05:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/51756512

Listed below are links to weblogs that reference 液晶テレビのフォント:

« K-7 の謎な挙動・二題 | Main | 災害派遣の写真 »