« Returns to Sunshine | Main | 高速道路・所要時間の謎 »

Jun 04, 2011

現行レガシィに試乗した

昨日、クルマを点検に出しに行ったときに「試乗車がありますけど、乗ってみます ?」とありがたいお誘いがあったので、現行レガシィに試乗してみました。試乗用に出てきたのは、2.5L・NA・CVT のツーリングワゴンです。

現行モデルになって「デカくなったなあ」と思っていました。実際、数字を比較するとデカいのですが、エッジが立ったデザインなので、案外と見切りはよいです。ウェストラインが高めなので、小柄な人はポジションを高めにとらないといけない感じではありますが。

何が印象的って、エンジンが静かでスムーズなことと、乗り味に凄まじく安定感があること。いうまでもなく、このクルマの主戦場はアメリカなわけですけれど、確かにこれでアメリカの道路をロングツーリングしたら、一日に 600 マイルかそこらは楽勝で行けそうです。

あと、エンジンが自分の BP5 よりも 500cc 大きいこともあり、トルクに余裕があって走りやすいですね。CVT ながら、加速するにつれて自然に回転が上がっていくので違和感はないですし。

世田谷あたりのダンジョン道路を常用する人にはサイズが辛いかも知れませんけれど、そういう問題がなくて、長距離走行の機会が多い人には良いチョイスだなと思った次第。まさにグランドツーリング向きの一台。

P.S.
プッシュボタン式のエンジン スターターも、プッシュ/プル式のスイッチを使うパーキング ブレーキも初めてだったので、勝手が分からなくてアタフタしたのは秘密です。

|

« Returns to Sunshine | Main | 高速道路・所要時間の謎 »

Comments

レガシィと言えばディーゼルの国内導入する話立ち消えしてしまいましたねえ。
何処かターボじゃなくてPWS(プレッシャーウェーブスーパーチャージャー)でと来週末のルマンに参戦するAudi R18 TDI見ながら馬鹿な事思ったりw
単にR18が120゚バンクV6で外側吸気内側排気のFERRARI 126Cと同じ形式だからてだけです。因みにFERRARIは PWS(ブラウン・バヴェリ社製でコンプレックススーパーチャージャーと呼ばれた)の126CXとターボ(KKK社製、後ギャレット社製ターボも試した)の126CKをテストして126CKでレースに出てます。予選とかでは126CXを試していたりしますが。FERRARIは勿論ディーゼルでは無いです。念の為。それとPWSディーゼルエンジンは日本ではMAZDAから出した事が有ります。

Posted by: 井上さん二人分の重さの男 | Jun 04, 2011 at 02:54 PM

日本でディーゼル仕様を導入できない背景には、★自粛★という、聞いてみると至極もっともな事情があるのだそうです。モノができるということと、それを実際に販売・サポートできるということの間には乗り越えないといけないハードルがある、という一例だなと思ったのでした。

個人的にも、ディーゼル仕様は興味あるんですけど…

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 04, 2011 at 06:56 PM

> 一日に 600 マイル
昔、「500 miles a day」と言うコピーで売った、プレアデス星団の一番星がございまして・・・。ただ、当時のスバルは燃費が悪い時代でしたので、徳大寺の爺さんに「1日500マイル走るうち、何回給油で停車するの?」と燃費を酷評されましたけど。まあ、ジウジアーロのデザインで非常に格好良かったのですけど、バブル崩壊とかち合って、販売は散々たる結果だった悲運の名車かと。

ちなみに私も最近、愛車のオイル交換でディーラーに出かけた際に、買った時からの付き合いの営業さんに「えぼてん」を乗せてもらえそうになったことがあったのですが、直後に飛び込みで「えぼてん」試乗客が来てパーになり、それっきり(苦笑)。ただ、乗ってみて、SSTの味を覚えてしまったら、多分偉いことになりそうな気がしたので、それはそれで良かったのかも(爆)。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jun 05, 2011 at 04:15 PM

そのクルマ、先日に自分のクルマの前に現れたので、信号待ちのときに携帯電話でパチリと写真を撮ってしまいました。格好いいクルマですけど、いざ自分で乗るとなるとライフサイクルコストが気になりますもんねえ… 燃費とか保険とか。

今の BP5E がちょうど 4 年経過したところなんですが、少なくとも 6 年は乗るつもりなのです。ディーラーの方からは「長く乗るほど下取りが下がりますけど…」ってつつかれてますけれど。どのみち、レガシィは立派になり過ぎたので、新型インプに期待してみたり。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 05, 2011 at 05:51 PM

自分も先日、SVXを大学近くで目撃しました。
びっくりしたのは、転がしていたのが女性だったこと。男女で区別する気はありませんが、意外と言えば意外。

原稿レガシィは、実家でGTに乗ったことがありましたねぇ。ペダルの遊びが無くて、運転に慣れるまでにかなり時間がかかった上に、加速がよすぎて結構びびりましたw

Posted by: TB&SH | Jun 05, 2011 at 07:47 PM

2 ドアクーペって、意外と女性ドライバーに合うと思うんですよ。アメリカにはセクレタリーカーなんて言葉がありますけれど。

# ただし、「省」の長官もセクレタリーなので御注意 (ぉ

馬力のない NA レガシィに慣れた私がターボ車なんぞ乗ったら、トンでもないことになりそうなので、誘われても有り難く御辞退申し上げたいところであります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 05, 2011 at 09:39 PM

> SVX
件のCMを見つけ出したので、参考に。
http://car-cm.jp/subaru/alcyone.htm
ちなみに、当時のスバルの社長が社長車に使っていたという話もあります。2ドア車で乗り降りが大変だったようですが、自社のトップ車に乗らないでどうするという意向があったようで。

> 私がターボ車なんぞ乗ったら
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
180馬力のホンダF20B搭載アコードから、272馬力の排気タービン付4G63搭載ワゴンに乗り換えた私が問題なかったので、そう問題ないかと。と言いつつ、職場に、上司から2代目レガシィGTを譲り受けて、あっと言う間に全損事故を起こして当の上司から叱られた同僚がおりますが(苦笑)。
もしなんでしたら、うちの車に乗る機会作りましょうか? 日和ってATですけど。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jun 05, 2011 at 10:51 PM

社長たるもの、そうでなければいけないですね (こら)
もっとも、自社製品を自分で使わないでどうする、というのが正論ならば、自社製品だけでなく他社製品も使わないと視野狭窄になりはしないか、というのも正論ですが。

運転するかどうかは別にして、一度、乗ってみたいなあとは思います。253 系 1000 番台の撮り鉄企画なんていかがでしょうか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 06, 2011 at 07:35 AM

SVXの社長車の話は、就任前はSVX開発を推進していたスバル初の生え抜き社長の竹中社長の逸話だったりするのですが、Wikipediaを見ると以前の社長(時期的にレガシィ開発を指示した中興の祖の河合社長?)も初代アルシオーネを社長車に使っていたそうです。

それはそうと撮り鉄企画はOKなのですが、253系1000番台の撮影場所となると「ヒガハス」とか、板倉東洋大前駅の先ぐらいの結構近場になってしまいますが・・・。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jun 07, 2011 at 08:07 AM

あぁ、何百マイルなスバル車、だとやっぱアルシオーネの話題に(w
バブルの申し子のような車でしたしね。マツダのコスモともども(こちらはリッター3kmだったそうで…)

社長車ですと、定期的に特集組んでいる自動車雑誌がありましたが、ダイハツですと、OEMのアルティスだったような…今ならムーブのターボで問題ない気がします。欧州車は1000cc無い過給車で「エコ」を散々謳っていますしw

Posted by: ぼろねこ2k | Jun 07, 2011 at 05:42 PM

自社製品で良さそうなのがなければ、提携している、あるいは資本関係にある大手や外資のクルマという手もありそうです。ひところのスバルだったら GM 車とか。
そういえば、新宿駅の南口にサターンの販売店がありましたけれど、これって黒歴史かしらん。

253 系については、鹿沼近辺まで出張って、ついでに日光線の 107 系とか宇都宮の餃子とかいうものも絡めようかと企んでいるところでした。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 07, 2011 at 05:58 PM

ダイハツの社長車は、更に昔となるとアプローズやシャルマンと言う悲しい時代もありまして(泣)。

三菱自工だと、デボネア系列が消滅した後、グランディスのV6を使っていたという話はあります。今はグランディスも消滅したから、デリカD5かも。i MiEVと言う線も捨てきれませんが(爆)。

スバルの場合は、GM資本になった2年後の2002年初頭には、レガシィB4に6気筒3LエンジンであるEZ30搭載車「RS30」が登場しましたので、わざわざGM車を乗る必要も無いかと愚考します。

253系は了解です。板荷駅の先に良い「諸河カーブ」や築堤が有るようですね。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jun 08, 2011 at 12:21 PM

そういえば、母方の祖父がシャルマンに乗ってた時期がありましたっけ。今のダイハツのラインナップだと、前後方向の広さだけならタントが最強かもしれません (マテ)

三菱の場合、フォーマルな場に出るにはやはりセダンでしょうから、ギャラン・フォルティスではダメでしょうか。

253 系の件は別途、相談させてください。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 08, 2011 at 03:22 PM

デリカは既に社長車らしいです
http://minkara.carview.co.jp/userid/301612/blog/11693718/

Posted by: sionoiri | Jun 08, 2011 at 03:47 PM

たまたま、エスティマのワゴンタクシーに何回か乗ったことがあるんですが、前後方向も上下方向もゆったりしていて、これはこれで良いですね。いささかフォーマルな感じに乏しいところが、社長専用車向きではありませんが。

と思ったけど、某県知事が公用車にエスティマを使っていたような記憶が。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 08, 2011 at 07:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/51849145

Listed below are links to weblogs that reference 現行レガシィに試乗した:

« Returns to Sunshine | Main | 高速道路・所要時間の謎 »