« 予言者の名を戴く UAV | Main | スピード感 »

Jun 09, 2011

都電もなか@菓匠 明美 [梶原]

「草月」の「黒松」と並ぶ、北区の名物和菓子。都電荒川線の梶原電停で降りて、北側の商店街に入ってすぐ・左側の「菓匠 明美」で売っています。1 両 (1 個ではない) 140JPY なり。

_IGP2532

箱は 5 種類ありますが、上の写真にあるのはそのうち 3 種類。ただし、違うのは箱だけで、中身はみんな一緒です。それを "出庫" させてみると。

_IGP2535

_IGP2547

あまり大きな最中ではないので、気軽に食べられます。アンコと求肥が中に詰まっていて、どちらかというと粘っこい味わい。アンコの甘みは、やや強めかなと。

ちなみにこれ、種類を指定してバラで買うこともできますが、まとめて箱売りしているものもあります。すると都電の車庫みたいな箱に入っていたり、双六が書かれた箱に入っていたり。それはそれで面白いので、お土産として箱買いして持って行くとウケそうです。

|

« 予言者の名を戴く UAV | Main | スピード感 »

Comments

謎の都電もなか。都電の中に広告が出てますね。

なんかすごいのが阪堺電気軌道にきてますね。

現役最古チンチン電車、昭和40年代の姿に復元 12日公開
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110610/biz11061012100013-n1.htm

阪堺はアルナ車輌じゃないようです。
帝国車輌→東急車輛ですね。

Posted by: しまだ | Jun 11, 2011 at 09:47 AM

確か、帝国車両って堺かどこかに工場があったんでしたっけ。
阪堺といえば。都電 7500 が引退したので、阪堺との「相互乗り入れ外部塗装」も消えてしまいました。そのうち 7000 あたりで復活するのかなぁ。

都電サブレというのもあるので、そのうちネタにするかも知れません。サブレつながりだと「お札サブレ」なんていうのもあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 11, 2011 at 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/51898464

Listed below are links to weblogs that reference 都電もなか@菓匠 明美 [梶原]:

« 予言者の名を戴く UAV | Main | スピード感 »