« 【番宣】BS フジ PRIME NEWS (2011/10/6) | Main | ドタバタの一週間 »

Oct 02, 2011

カメラの性能を引き出すウデ

久方ぶりに (?) 乗り鉄中です。

資料写真集めも兼ねているので、EOS 7D と EF 70-200/4L を連れてきているのですが、今回に限らず最近になって 7D で撮った写真を見ると、「買いたての頃と比べると、できた写真の切れ味が良くなったなあ (当社比)」と思うことしきり。正確にいえば、以前よりも 7D の性能を引き出せるようになった、ということなんでしょうけれど。

なにも L レンズを使ったときに限らず、たとえば EF-S 18-135 みたいな「並レンズ」を使ったときでも、それは同じ。

それと比べると、K-7 で撮った写真は、まだなんとなく「切れ味」が不足気味の場面が多数。買ってから 1 年以上経ちますけれど、まだ性能を引き出し切れていないような気がします。そこでレンズのせいにはしたくないし。

K-7 でも、7D 並みに切れのいい写真を出せるようにしたいところ。修業、修業。

|

« 【番宣】BS フジ PRIME NEWS (2011/10/6) | Main | ドタバタの一週間 »

Comments

EOS 7Dはちょっと手を抜いてもカメラの性能で何とかなる、のに対して、K-7やK-5はカメラの原理原則に忠実、と言う気がします。

K-7やK-5で準備等をミスると如実に撮影画像に影響するので気を抜けないのですが、でも、そこが逆に楽しいと言うこともありまして。ひょっとして私はMかも(爆)

実際、三脚使用時にグリップを握ってシャッターボタンで撮影しても、EOS 7D+ISレンズだと特に問題ないのですが、K-7だとSR入れてもグリップを握っていることによるブレを拾ってしまうことがテストで判り、レリーズ撮影時にSRも悪影響が有りそうだったので、今では、レリーズケーブル必須で三脚を使っていますし。

まあK-7でも、三脚使用とは言え、上手くいけば下のような写真を撮れますので、やはり精進かと。
http://photozou.jp/photo/show/309100/52661360
http://photozou.jp/photo/show/309100/35614643
えっ、レンズ! レンズは気にしないように・・・(汗

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Oct 03, 2011 at 12:35 AM

自分は7Dに乗り換えてさらに腕が悪くなった気がします。
Pモードばっかり使っててそれなりにキレイに撮れてしまうからだとは分っているんですが。

>修業、修業。

次に行く基地祭では失敗は承知の上でPモード禁止で修行しようと思ってます。

Posted by: かきぴぃ | Oct 03, 2011 at 01:14 PM

>原理原則に忠実
同感です。7D と比べると、K-7 ってツボにはまるとイイんですけれど、スイートスポットが狭いなあと。そういうことがあるから、不慣れな人には EOS DIGITAL を薦めてしまうんですよね。

あと、EOS については撮影そのものだけじゃなくて、RAW を使った後処理の経験値が上がり、リカバリーが効きやすくなった影響が大きいと思います。もちろん、後処理に頼らなくて済むように気を使うのは大前提ですけれど。

この週末は 7D が大活躍しましたが、明日からは取材だらけの週になるので、今度は「取材用カメラ」K-7 と SIGMA 17-70mm の出番です。といいつつ、ついつい K-5 が気になってしまう今日この頃 (をひ)

>それなりにキレイに
それもカメラの性能のうちなんですよね。誰もがこだわって、あれこれと工夫しながら撮るわけではありませんし。パッとシャッターを切ればそれなりに写るというのも、コンシューマー向けの製品としては重要なことだと思います。

そこからさらにステップアップを目指す人に対して、ちゃんと受け皿を用意するのがミドルレンジ機の仕事なんだろうなあと。そんなことを感じました。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 03, 2011 at 04:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/52890771

Listed below are links to weblogs that reference カメラの性能を引き出すウデ:

« 【番宣】BS フジ PRIME NEWS (2011/10/6) | Main | ドタバタの一週間 »