« ラー油高菜パスタ | Main | 実は貴重な機会 ? »

Dec 06, 2011

首都高・王子線で古紙散乱

首都高に古紙散乱、避けようと 4 台が追突事故 (讀賣)

先日のエントリ「飛鳥山トンネル」で

王子線って走っていて神経を使う一面があるのは確かで、事故が多発しなければいいなあとも思います

って書いた途端にこれだ…

現場は内回りだと緩い左カーブなので、積荷が荷崩れして放り出されれば、反対側の外回りに散乱してしまうのは当然。でもって、外回りはトンネルから駆け上がってきたところだから「縦のブラインド」気味だし、いきなり目の前にモノが散乱したら避けきれませんって。困ったもんです。

もっとも、防音壁のおかげで真下の明治通りにまで古紙が散乱しなかっただけマシかも (違)

 

これまで、いろいろなところで事故現場に遭遇してきました。自分がやられたのを別にすれば、いちばん壮烈だったのは、深夜の東名高速で遭遇した「萌えているトラック」。違う、「燃えているトラック」。AE111 に乗っていた頃だから、十数年前の話です。

ハイウェイラジオで「トラックが炎上しているという第一報が入りました」なんていっているから、「マジかよ !?」と思ったら、本当にメラメラと燃えていたという。こちらのクルマまで、飛来した油でベトベトになる有様でしたっけ。

|

« ラー油高菜パスタ | Main | 実は貴重な機会 ? »

Comments

「自分が遭遇した中でいちばん壮烈だった事故を晒す」スレはここですかw

 学生時代、サイクリングクラブの夏合宿で横手市の国道13号を走っている時に遭遇した、軽ワゴンの事故ですかねぇ。事故自体は何かに衝突して横転した、というものだったと記憶してますが、ちょうど事故車から血まみれの女の人が担ぎ出されてきた場面に遭遇したもんで印象に残ってます。担ぎ出してた人たちが24時間テレビのシャツを着てたなんてことまで覚えてますわ。

Posted by: KWAT | Dec 07, 2011 at 12:59 AM

私は、幸か不幸か、余り壮烈な事故には遇ったことはないですね。

せいぜい、一つ前の愛車で雨の中央高速を北に向かって走っていたら、突然渋滞して、何だと思ったら、スピンしてこちらを向いた乗用車が一台、と言うのは有りました。後は、福岡駐屯中に北九州都市高速を走っていたら、トレーラーが冷却水を派手に噴出していて、追い越し掛けた際に冷却水を被って、愛車がベタベタになったと言うことはあります。

そう言えば、先日話題となった中国自動車道の高級スポーツカー大量クラッシュの事故現場は、SLやまぐち号撮影で通った道なので良く知っておりますが、カーブがきついとは言え上り坂なので、路面が濡れている程度では普通はスピンしないんですけどね(苦笑)。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Dec 07, 2011 at 02:06 AM

太田哲也氏が書いていた話で「病院では大きな怪我をした方がえらいという "怪我自慢" みたいなものがある」なんてのがありましたけれど、実のところ、怪我も事故もしないに越したことはないです。自分のクルマのボディがつぶれる音を聞かされるのは一度でたくさん (爆)

私は幸い、流血場面に遭遇したことはないです。もしも遭遇したら、ぶっ倒れてたと思います。なにせ映画館に「ブラックホーク・ダウン」を見に行ったときだって (以下略)

中国道の件の現場、私は下り線で二度、上り線で一度通っているはずなのですが、どうも記憶がないのです。中国道って、とにかく退屈な印象が強くて…

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 07, 2011 at 09:25 AM

遭遇したことはあるんですけど記憶に残らない。
(除く自爆;これも怪しい)

千葉みなとの工場のフェンス(セダン?バン?)と、東金街道沿い一般住宅の板塀に車(ワンボックスぽいの)が前を上にして立てかけてあるのを見たことがあるなあ。

伊豆スカイラインで鹿が座り込んでいたのは事故かしらん?

Posted by: bugaisha | Dec 07, 2011 at 09:56 AM

富士山スカイラインで、急に目の前を横断し始めた鹿に軽くぶつけてしまったことならあります。そのまま走り去っていったので、轢き殺しにはならなかったようです。

これって対人でも対物でもないけど、どういう扱いなんだろう… (爆)

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 07, 2011 at 12:19 PM

真面目に言うと対物扱いです>鹿ー。 北海道だと洒落にならないのは、エゾシカの図体のでかさ故、でしょう。w

私は、何台か車を連れ立っての先頭車をやっていた時(仕事で)、目の前でダンプと小型トラックが派手にぶつかって、…どうせ、と、状態になった事があります。結果的に大きな怪我は無かったようですが、キャビンがかなり派手に潰れてました。(引率で移動先に皆様を案内して速攻で現場に引き返し、ちと大変でした。w)

今の季節独特の物として、中央分離帯に車の腹が乗っかって身動き取れず、ってのが北海道ではあったりします。除雪の雪山で構造物が見えないが故、こんな目に逢う車が。w

Posted by: ぼろねこ2k | Dec 07, 2011 at 08:46 PM

流血場面に遭遇した際にぶっ倒れると言うのは確かな事でしょうが、既に当事者は失血状態に陥り貧血状態に在りますので当時の記憶なんぞ定かでは無い。

とは、額と左腕(現状は右利きのため、親が強制的に修正)に、計50針程の傷跡を持つ人間の実体験で御座る………。

Posted by: Thori-Tung | Dec 07, 2011 at 09:16 PM

私に言わせると、中国道はアップダウンが激しく、カーブもきついので、中々スリルが・・・(オヒ
私が中国道で一番怖いと思うのは「ガス欠」だったりして。

流血場面にも私は遭遇したことはないですが、中学生の頃に自分の足を低温火傷して手術した事があり、下半身の局部麻酔だったため、自分の身体をハサミで切る「ジョキ! ジョキ!」と言う音が聞こえてきて中々ホラーでした。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Dec 07, 2011 at 10:00 PM

やはり「鹿 = モノ」扱いですか。それはそうですよねえ。
そういえば雪国の道路を走ると、「道の縁を示すポール」「中央線の標示」「停止線の表示」なんてのがニョキニョキと立ったりぶら下がったりしてますね。

私自身は、大病や大怪我にはトンと縁がない人でして、自分が流血の惨事に見舞われたことってないんです。クルマが犠牲になっただけで。でも、コブ斜面で転んで後頭部をぶつけたとか、化学の実験で塩素ガスを吸い込んでしまって悶絶したとかいうのはありますが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 07, 2011 at 10:42 PM

昔、本屋で立ち読みをしている時に
前の横断歩道で酔っ払いが車に衝突されたのは目撃した事があります。
(酔っ払いは衝突したあと大の字になってました)

Posted by: メリッサ | Dec 08, 2011 at 12:34 PM

事故の瞬間って、好き好んで見たいものじゃないですよね。特に列車がらみの事故は。

そういえばだいぶ前、人身事故にでも遭ったのか、正面の窓ガラスが割れて段ボールで塞いだ状態の E233 に遭遇したことがあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 08, 2011 at 03:25 PM

鉄道事故だと2回ほど経験があり、1度目はもう十年以上前ですが、平日夜、職場から京浜東北線南行の先頭車両に乗車して実家へ帰ろうとしたところ、何と川口-赤羽間の荒川の橋を渡ったS学園の見える築堤の辺りで急停車。しばらくして車掌から「何かに乗り上げた」と言う放送があったのが、赤羽駅からの応援が砂利を踏む音が聞こえて、後ろの2両目に集合してしばらく経ったら「当列車が人を轢きました」と言う放送になって頭を抱えてしまいました。なお、運行を開始した際は、運転手は赤羽で東十条から来た要員と交代したものの、車輌そのものは、そのまま蒲田以南へ運行して行きました。

もう一つは、川口駅から東京駅経由で関西へ出張する時、西日暮里駅で人身事故から運行を開始した直後で、ATOS 見たさに先頭車でかぶりついていたところ、西日暮里駅で赤い斑点が染み出ている白シーツにくるまれた物体が目に入って・・・。その衝撃からか、新幹線の中で念仏を唱えてしまいました。

私の従兄に、かなり前に鉄道全線制覇した(例の最終達成地点が「下津井鉄道」の)メトロ職員がいるのですが、鉄道死傷事故の話を聞くと壮絶ですね。

で、なぜか↓こんなのを貼ってしまうテスト。
http://gnusoku.blog41.fc2.com/blog-entry-764.html

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Dec 08, 2011 at 04:51 PM

高速道路の本線上事故でも、まず救助と状況の保全・確認、それから聴取、という流れだったかなあと記憶してます。状況次第で、全部の車線を塞ぐぐらい派手な事故なら通行止めかなと。私のときは追越車線がクリアでしたけれど。

そして、大雨だったのでパトカーの後席で話をしたんだったか、何か書類を書いたんだったか。そのときにうっかりドアをちゃんと閉めてしまい、外に出られなくなってしまったのは秘密です (爆)

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 08, 2011 at 05:21 PM

先日は、おエイちゃんに逢った帰り道すがらR254を通って参りましたが、其処に掛かった橋の下を流れる川の名は、言わずと知れた「三途川」………。

Posted by: Thori-Tung | Dec 08, 2011 at 05:52 PM

調べてみたら、一ヶ所どころか四ヶ所もあるんですね > 三途川
あと、ちょっとニュアンスが違いますけれど、日本海の向こう側には「三途川対艦ミサイル」ないしは、それの派生品もございます (え

Posted by: 井上@Kojii.net | Dec 08, 2011 at 08:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/53419292

Listed below are links to weblogs that reference 首都高・王子線で古紙散乱:

« ラー油高菜パスタ | Main | 実は貴重な機会 ? »