« カオスなメニュー@守谷 SA 上り線 | Main | 【ネタ】ステルスマーケティングの定義 »

Jan 11, 2012

圧力鍋で「ぜんざい」をつくる

これ ↓ を参考にして、久方ぶりに圧力鍋で「ぜんざい」を作ってみましたよ。

Cpicon 圧力鍋de超簡単!ぜんざい♪ by トイロイロ

ただし、レシピのままだと分量が多すぎるので、分量はすべて比例配分で約 4 割に縮小。それを一気食いしてお腹がパンパンになってしまい、翌日になってもお腹が張った感じが抜けません (爆)

以下、うちでやった内容についてメモ。

  • 小豆 : 250g 入りの袋を半分、つまり 125g
  • 水 : 500cc。ただし、実際にはちょっと少なかったので、もうちょっと増やすのが吉
  • 砂糖 : 赤砂糖を 70-80g ほど
  • 塩 : 少々

小豆を 5 分ほど茹でこぼしてザルに空けてから、圧力鍋に投入して所定の水を追加。火を点けてシューシューいいだしたところで 15 分、そこで火を止めて圧が下がるまで 10 分ほど放置。複数回に分けて砂糖を投入しつつ味を加減して、トロトロになるまで煮込み、最後に塩をひとつまみ投入。

_IGP7054

実際には部分的に固めの豆が残ってしまったので、加圧時間をもうちょっと長くとる方がいいかも。

P.S.
普段、食い物撮りでは +2/3~+1 の露出補正をかけますけれど、小豆や黒豆は補正なしか -1/3 補正ぐらいがいいみたい。

|

« カオスなメニュー@守谷 SA 上り線 | Main | 【ネタ】ステルスマーケティングの定義 »

Comments

事前に一晩くらい水に浸けてから煮れば少しマシになったやもしれません>硬い豆。
あんまり煮すぎると皮が取れてきますし。
まあ、プロでも石豆(どうやっても硬いままの豆)に手を焼くことはありますが。

それにしても…その量を一度に、は井上さんには無茶だったような…(w

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 12, 2012 at 11:15 PM

固いといっても比較の問題で、ちゃんと食べられるレベルでしたから、ひと晩水に浸けるほどのこともないかなあと。誘惑に負けず、2 日に分けて食べていれば、2 日目の分はちょうど良かったかも知れません。

私の父は頻繁に黒豆を煮て食べてますけれど、あっちの方がはるかに難しそうです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 13, 2012 at 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/53712874

Listed below are links to weblogs that reference 圧力鍋で「ぜんざい」をつくる:

« カオスなメニュー@守谷 SA 上り線 | Main | 【ネタ】ステルスマーケティングの定義 »