« ホテルピーナッツ@金谷ホテルベーカリー | Main | 坊主憎けりゃなんとやら »

Feb 02, 2012

自分が年を食ってみたら分かったこと

年末年始に帰省したときのこと。メシを食いながら、

「子供の頃、外食に行くと自分や妹は洋食、両親は和食を食べてることが多くて、『なんでー ?』と思ったものだけれど、いざ自分がその頃の両親と同じくらいの歳になってみたら、和食を食べたくなる気持ちが分かった」

と話したら、両親、大爆笑。

これに限らず、時代を経てみないと分からないこと、年を食ってみないと分からないことって、いろいろありそう。

|

« ホテルピーナッツ@金谷ホテルベーカリー | Main | 坊主憎けりゃなんとやら »

Comments

子供時代はハンバーグが楽しみでしたが
大人になると(ハンバーグは今でも好物ですけど)肉を食べるなら、先に野菜を食べなければ!と思ってしまいます。

Posted by: メリッサ | Feb 04, 2012 at 11:23 PM

あるある ! 私も、子供の頃に比べると野菜をとる (とろうと意識する) 比率が高まりました。そもそも最近、あまり「肉」を喰ってないような気がします (え

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 05, 2012 at 04:56 PM

子供時代はチョコレートを毎日食べてみたかったのですが
大人になってみると(少なくとも板チョコは)必要ないですからね。

Posted by: メリッサ | Feb 06, 2012 at 12:09 PM

私は子供の頃、「一度にチョコレートをたくさん食べ過ぎると鼻血が出るよ」といわれ、実際に出したことがあります (爆)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 06, 2012 at 04:53 PM

昔、テレビでタレントが(ここでは書けない理由で)鼻血を出しているのを見た事があります。

Posted by: メリッサ | Feb 07, 2012 at 03:50 PM

えー、そんな書かれ方をすると、却って気になってしまうではありませんか。エロ本でも目の当たりにしたのでしょうか… (こらこら)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 07, 2012 at 06:41 PM

何れにしても、直接的にはナッツ系チョコの大量摂取+αが原因なのでは無かろうかと推察します………。

Posted by: Thori-Tung | Feb 07, 2012 at 06:50 PM

ナッツといえば、私はバターピーナツを食べ過ぎて「お腹が空かない問題」に見舞われてしまい、目下、バタピー禁止令を発令中だったりします (爆)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 07, 2012 at 07:09 PM

>井上氏

いい年したタレントが女性のヌー〇(生)を見て、鼻血を出していた。なんて書けませんよ

Posted by: メリッサ | Feb 08, 2012 at 12:20 AM

この私ですら、さすがに鼻血は出しません (笑)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 08, 2012 at 08:28 AM

昔のテレビはおおらかでしたよね~♪
深夜でもないのに、デビ○スピークを放映していたり

Posted by: メリッサ | Feb 08, 2012 at 11:49 AM

いわゆる言葉狩りなんかもそうですけれど、何かと窮屈な感じが否めないですよね、昨今。
たとえば、「差別意識に基づいて特定の言葉を使ったり行動を起こしたりする」のは NG ですけれど、逆に「特定の言葉さえ使わなければ差別にならない」というのも短絡的なわけで、難しいところです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 08, 2012 at 05:24 PM

世の中の発展につれて、配慮が必要になってくるのでしょうけど
なんだか窮屈な世の中になってしまいましたね。

Posted by: メリッサ | Feb 09, 2012 at 12:06 PM

全部が全部ではないにしても、「自由」を大義名分にしてやりたい放題やって、後になってトバッチリが来た部分もあるのかも知れないなあ、なんて思うことがあります。自由には節度が求められるということなのかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 09, 2012 at 12:25 PM

前に阿川弘之先生が「表現の自由と言ったって、全部あけっぴろげに書いたら、面白味がないでしょ?」みたいな事を書かれていましたね。

Posted by: メリッサ | Feb 10, 2012 at 12:05 PM

そうそう。エロなんか典型例で (以下略)

「自由には責任が伴う」のを忘れて、好き勝手にできるのが自由だと勘違いすると、結果的に自分で自分の首を絞めるということでしょう。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 10, 2012 at 03:36 PM

実際、そういうニュアンスの話でした。

>結果的に自分で自分の首を

阿川先生がテレビやコミックに言及する可能性は低そうなので、同業者の話でしょうけど

Posted by: メリッサ | Feb 11, 2012 at 01:00 PM

そういえば小説の世界でも、エロ関連の描写なんかでもめることがありますね。その割には、けっこう露骨な記述のものが出回ってるような気がしますが…

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 11, 2012 at 04:58 PM

ゲームやコミックと比べると
小説は悪目立ちしないのかもしれません。

Posted by: メリッサ | Feb 12, 2012 at 01:07 PM

あと、やはりストレートに「画」を出すか、それとも「脳内想像力」に依存するか、という違いは大きいのかも知れないですね。考え方や文面にも依存しますけれど、実は後者の方が刺激的かも知れないなあと思うことがあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 13, 2012 at 08:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/53884760

Listed below are links to weblogs that reference 自分が年を食ってみたら分かったこと:

« ホテルピーナッツ@金谷ホテルベーカリー | Main | 坊主憎けりゃなんとやら »