« 最近読んだ本 : ダムと鉄道 | Main | ときどき EOS 40D »

Apr 07, 2012

パックメシの賞味期限

喰うのが自分だけだから、という理由もあるのですが。非常用にストックしてあるパックメシ、賞味期限を何ヶ月も過ぎたものを平気で食べてます。それでお腹を壊したことはないし。

パックメシというと、本当に「パック」になっているものと、トレイに入っているものがありますけれど、後者の方が賞味期限が短いようです。製造がいつなのかが分からないので、店頭で並んだ状態を基準にした場合の話ですが。

賞味期限があまり短いと頻繁な入れ換えが必要になり、えてして賞味期限切れになってしまいます。と考えると、賞味期限が長いものをキチッと管理する方が良いのかも。ただ、拙宅の近隣にあるスーパーだとトレイ入りの方が主流なので、パック入りのものは入手性に若干の問題があるんですよね。他所のエリアは知りませんが。

そういえば、陸自の戦闘糧食 II 型って途中から、メシをトレイ入りのタイプに変えたみたいですけれど、賞味期限が短くなって消費スケジュールを仕切り直し、なんてことにならなかったのかな。と、ふと気になりました。

|

« 最近読んだ本 : ダムと鉄道 | Main | ときどき EOS 40D »

Comments

賞味期限ですから気にしない、消費期限だけ考える?
エネルギー優先だと「賞味」でなく「消費」でもいい気もしますけど、さすがに違いますよねえ?
(戦闘食いま(え?)手元に無いので確認できない)

Posted by: bugaisha | Apr 08, 2012 at 01:40 AM

売り物なら問題でしょうけれど、あくまで自己責任ですし。それに、これまで賞味期限を数ヶ月過ぎたパックメシでどうにかなった経験もないので、まぁ大丈夫だろうなあと思ってます。
でも、信義の問題として、他人に食べさせるわけにはいかないですよね、きっと。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 08, 2012 at 07:03 PM

世間的に聞いてみたら「賞味期限で廃棄なぞたるんどる」などと言われそう。
自分が食べるわけじゃないし。
この前缶詰に93年と印字されてたツナ缶を食べたのですが、さすがに風味は落ちてました。

Posted by: ヴィー | Apr 10, 2012 at 11:45 AM

>たるんどる
(((( ;゚Д゚))))

どこまでリスクを受け入れるかという点で、放射能の話と似たところがあるかも。ゼロリスクというのはないにしても、ちょっと閾値を超えたら即・致死というわけでもないでしょうし、判断が難しく、かつ (相手によっては) 喧嘩になりそうな話ではありますね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 10, 2012 at 11:51 AM

> リスクを受け入れる
“ブー”一部不正解。
賞味期限はあくまで美味しく食べられるメーカー保証
賞味期限表示が始まったときは、味の保証期間なのに美味しく味がしみる前に期限が来るなんて本末転倒な表示があったりしました(魚の油系?味付の缶詰)。

でもってリスク云々を言うなら消費期限の場合が安心して食べられるメーカー保証ってことでそっちですねえ。

Posted by: bugaisha | Apr 10, 2012 at 02:41 PM

やっちゃった (´・ω・`)

本題のパックメシの場合、賞味期限を数ヶ月ぐらい過ぎても、特にまずくなったという気はしないのですが、私の味覚がどこまでアテになるかは分かりません (をひ)

はて。そういえば、自衛隊の缶メシやパックメシ、3 年間にしろ 1 年間にしろ、賞味期限だったか消費期限だったか…

Posted by: 井上@Kojii.net | Apr 10, 2012 at 02:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/54411699

Listed below are links to weblogs that reference パックメシの賞味期限:

« 最近読んだ本 : ダムと鉄道 | Main | ときどき EOS 40D »