« インプレッサに乗ってみた | Main | 二度目の車検終了 »

May 28, 2012

三脚の重さとサイズ

前に「クイックシューを買ってみました」で「いま使っているベルボン Z-5000 が重い」と書いたんですが。

ふと思い立って、その Z-5000 を体重計に載せてみたら、なんと 1.8kg しかなかったことが判明。これが重いとなると、せめて 1kg 台前半の三脚にしないと、軽くなった気はしそうにありません。でも、むやみに軽くすると、今度は安定性の問題が出てくるし。

先日に、その Z-5000 を持ち出したときには、ストラップでカメラバッグを吊して重し代わりにする、なんてことをやっていました。この手を常用する前提でないと、三脚の軽量化は実現不可能かも。

もっとも、Z-5000 は重さもさることながら、畳んだときのサイズがかなり大きいので、コンパクトネスを重視した三脚選び、というのはアリかも。大きいというだけでも、つい持ち出すのが億劫になりがちですし。

|

« インプレッサに乗ってみた | Main | 二度目の車検終了 »

Comments

自分の使ってるこれhttp://www.sirui-direct.com/products/detail.php?product_id=33
は、足を反転できるのでかなりコンパクトにはなります。日食撮影の時に、120-400を載せてぐりんぐりん回したりしましたが、不安を感じる場面はなかったように思います。

ただし、足の固定はネジ式なので、機動性という点ではあまりよろしくないかもしれません。

Posted by: TBSH | May 28, 2012 at 10:28 AM

これって、ベルボンの Ultrek と似た感じみたいですね。
できれば、いま使っているクイックシューの使い回しが効くと嬉しいなあ、と考えた途端に選択肢が激減して、Ultrek 45L か Ultra LUXi L ぐらいかなあ、という状況であります。なんにしても、長玉の使用はあまり期待できないかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 28, 2012 at 10:46 AM

カーボン三脚という、山岳カメラマン御用達の三脚がありますが、重心問題にこんなオプションを投入していたりして。
http://www.velbon.com/jp/catalog/accessory/neostonebag.html
一応、他の三脚でも使えますが、足が細いと上手く引っかけられないかも。

私の経験だと、余り軽いとカメラの重量に耐えきれず三脚の足がしなったり、雲台がカメラを止めきれなかったりするので選択にはご注意ください(経験者談)。

まあ、そっちが気になり出すと、行き着く先は頑丈さ命でメリケン製の「ハスキー」へ手を出してしまう訳ですが。「ハスキー」自体は写真学校の指定機材だったり、「ハスキー4段」が撮り鉄御用達だったりと、言われるだけのことがある機材ですよ。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 29, 2012 at 08:17 AM

気合の入った場面では Z-5000 を使い続けるつもりなんですが、もっと気軽に持ち出せる三脚があってもいいかなあという狙いがあります。なので、望遠レンズのことはあまり考えてなくて、標準レンズ限定でもいいかなと。

先日に北海道に行ったとき、自分がカメラマン役を買って出たせいもあり、自分が映ってる写真がロクになくて。そんなこともあって、何か手を打った方がいいかもしれんと思うことがあるのでした。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 29, 2012 at 09:11 AM

話は少しズレますが、今月の航空ファンの瀬尾さんの写真が、デジタルとはいえ1脚で撮ったとはとても思えません。

私は、15年くらい前にあぶく銭で買ったステンレスの三脚を未だに使ってます。先週の日食で久しぶりに取り出したら、雲台とカメラの間に挟まれるべきゴムが劣化して、ボロボロになってました。
雲台に、ラッチ機構があって、あらかじめカメラがわに固定しておいた部品と組み合わせると、ワンタッチで取り外しができるので、望遠での使い分けができる! と考えて買ったんですが、航空祭でロープ際を取るという肉食系な事はしなかったので、使いどころがなく、持ち歩くこともなくなりましたw。

Posted by: いーの | May 29, 2012 at 09:53 AM

私は一脚って使ったことがないので、どういう風に活用すればいいのか、まるで分かりません (´・ω・`)

クイックシューは私のところでも愛用しています。ただ、三脚を増勢しようとすると、それが逆に足を引っ張ってる感があります。三脚ごとにクイックシューが違ったらシャレにならないので。
という見地と縮長や軽さのことを考えると、携帯性重視のチョイスなら Ultrek 45L に傾きつつあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 29, 2012 at 02:07 PM

>一脚

 一脚イイネ!(^_^;)。
 一度使うと病み付きになりますよ。私はもっぱらビデオカメラで水平を維持したい時に使うんですが。
 置きピン撮影が多いとあまり使い道は無いかもしれませんが。

Posted by: えいじ | May 29, 2012 at 08:48 PM

航空祭でハスキー3段を持って行って、馬鹿馬鹿しくなって以降持って行かなくなった人間がここに(爆)。

航空祭で三脚は、地上展示撮影時ぐらいしか使い道はありませんが、一脚でレンズを支える人は結構多いですね。と言っても、雲台部分はほぼフリーにして、荷重を多少腕以外に逃して疲労低減を図るだけですが。

でも、漢は手持ちでキヤノン砲(オヒ

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 29, 2012 at 11:22 PM

確かに、重量に起因する負荷軽減という点で一脚のメリットはありそう。ただし私にとっての問題は、一脚を持っていくことによる荷物全体の重量増だったりして… (それをいっちゃあ、身も蓋もありませんってばw)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 30, 2012 at 08:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/54817939

Listed below are links to weblogs that reference 三脚の重さとサイズ:

« インプレッサに乗ってみた | Main | 二度目の車検終了 »