« 最近読んだ本 : 満州鉄道発達史 | Main | 2012 年 7 月のお仕事・その 1 (予告編) »

Jun 27, 2012

2012 年 6 月のお仕事・その 2

「丸」2012 年 8 月号の第二特集「回想のフォークランド紛争」で、"イギリス vs アルゼンチン 再激突のシナリオ" を書きました。

私らしからぬテーマではありますが、幸いにも記事が紙面に載った頃には事態が沈静化していて、フィクションで終わりそうなのがなによりです。もしも本当に花火が上がってたら、英国防省はハリアーを退役させてしまった決定を悔やんだことでしょうねえ…

|

« 最近読んだ本 : 満州鉄道発達史 | Main | 2012 年 7 月のお仕事・その 1 (予告編) »

Comments

実際に何かあった場合、イラストリアス浮かべてアメリカからハリアーIIを拝借するとかになるんでしょうか。いっそラファール計画に乗ってた方が、今頃普通に部隊編成出来てたような気もせんではないですが……。

Posted by: TBSH | Jun 28, 2012 at 05:00 PM

悔やんだというか、アークロイヤル退役の教訓はどうしたと、むちゃくちゃな批判を浴びたでしょうね。
まあ、今でもフォークランドの戦闘機隊の常駐は続いていたはずですから、アルゼンチンもやすやすとは手を出せないと思いますけど。

今は、A-4はA-4でも海兵隊のお下がりであるA-4Mになってるんですね>アルゼンチン空軍
タイフーン相手では、ちょっと分が悪いですね。

Posted by: いーの | Jun 28, 2012 at 05:17 PM

その辺の事情があるので、「早期に侵攻の気配を察知して増援部隊を送り込めるかどうかが鍵」という地味な結論に落ち着いてしまいました。幸い、RAF の戦略空輸能力だけは盛大に増強されてますし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 28, 2012 at 05:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/55064428

Listed below are links to weblogs that reference 2012 年 6 月のお仕事・その 2:

« 最近読んだ本 : 満州鉄道発達史 | Main | 2012 年 7 月のお仕事・その 1 (予告編) »