« 三脚の比較検討 | Main | 何に使うの ? Su-30MK2 »

Jun 11, 2012

ハンバーガー@ザ・ビートダイナー [有楽町]

「そういえば最近、あまり肉を食ってないなあ」と思いました。

そして「親米・親ユダヤのプロパガンダを垂れ流す闇の陰謀団」呼ばわりされた私のこと、肉を食うなら「親米」つながりでハンバーガー屋に突撃 (なんのこっちゃ)。

以前はベッカーズ日比谷店だった場所が、3 年ほど前に模様替えして登場したのが「ザ・ビートダイナー」。運営はベッカーズと同じ JEFB

IGP0018

ちょっと目移りしたけれど、「基本に忠実に」ということで (なんのこっちゃ)、ノーマルの「ハンバーガー」(800JPY)、それとホットコーヒー (350JPY) をオーダー。そのコーヒーとは別に、お冷やが出てきました。席に着いてからオーダーして、それから作り始めるので、少し待ちます。

ということで、これが「ハンバーガー」。半円形の器がおもしろいですね。テーブルには「お約束」でハインツのケチャップとマスタードの大瓶が置いてありますが、私は全く使いませんでした。素の味を楽しみたかったから。

IGP0025

一緒に出てくるバーガー袋 (下の方にちらっと見えるやつ) の内側がコーティングしてあって、ちょっとぐらい濡れても破れないようになってるのは気が利いてます。そこにバーガーを入れてかぶりついたら、真っ先に目立ったのが「もっちり」したバンズと胡椒の強さ。

120g のパティはかなりの粗挽きで、いかにも「肉 !」という感じがして良いです。この豪州肉のパティ、ジューシー、かつガツンとワイルド。「肉汁が垂れてくるので、バーガー袋をお使いください」といわれるのも納得。さらに、たんまりと挟まれたパリパリのレタス、それとトマトとオニオンがいいアクセント。

IGP0029

ただ、ちょっとバンズの主張が強すぎるかなぁ。皮の部分がパリッとしているのはいいんですけれど、生地がもう少し "さっくり" している方が、粗挽きパティの風味をアピールできるんじゃないかなあ、というのは個人的見解。

ちなみに、付け合わせのポテトは面白くて、衣をつけて揚げたタイプみたいです。普通のフレンチフライよりもサクサク感が増しているように感じました。

ともあれ、満腹になって大満足。バーガーの種類がむやみに豊富だし (企画段階では、さらにたくさんの候補があったらしい)、「ベッカーズ」でも物足りないと思ったときにお勧めかと思います。

IGP0019

|

« 三脚の比較検討 | Main | 何に使うの ? Su-30MK2 »

Comments

いっぽう、小笠原では
http://ogatours.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-232c.html
カメカツバーガー

Posted by: sionoiri | Jun 12, 2012 at 11:38 AM

細かいツッコミを入れると、ビーフパティじゃなければ「バーガー」とはいわないので、亀の肉だったら「カメサンド」では…

その点でベッカーズは真面目で、中身がチキンだと、ちゃんと「チキンサンド」。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 12, 2012 at 12:29 PM

サンテオレのコロッケバーガーの立場が(笑)
モスのきんぴらとかも

日本語としてはかまわなくなっている気も

Posted by: bugaisha | Jun 12, 2012 at 04:35 PM

モスのライスバーガーなんていったらもう、主客転倒みたいなところがありますよね。要は「炭水化物で肉を挟んでればバーガー」というのが、一般的な認識なのかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 13, 2012 at 09:13 AM

炭水化物の主食に炭水化物の副食は伝統芸です(え?)

ところで、魚肉でも良いらしい
(マックだとフィレオフィッシュだけど)
http://www.mos.co.jp/menu/hamburger/fish/
http://www.sunnydiner.com/menu.html
http://www.youtube.com/watch?v=KhE6Ic-6wXU

etc.

かとおもうとハワイから来たところは魚はサンドだけですね
Wはマックに同じ
BKはバーガーを関していないけど一応メニューのバーガー項目に表示。

本場系はバーガーとはいわないようにしていますねえ。

Posted by: bugaisha | Jun 13, 2012 at 09:45 AM

>炭水化物の主食に炭水化物の副食
それは、大阪のお好み焼き定食とか、きつねうどん定食の事か~~~~っ!

Posted by: いーの | Jun 13, 2012 at 11:01 AM

沖縄料理店でも「沖縄そば + ジューシー」とか「沖縄そば + タコライス」なんてのがありますけれど、私にとってはボリューム過多で困ったものです。沖縄そばの単品でも、けっこうなボリュームだと思うのに。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 13, 2012 at 11:31 AM

大陸人には飯ラーメンとか餃子定食とかみてもそう突っ込まれるということで。(餃子っとかは主食で小麦食扱いだそうです、たぶんチャーハンと同類なんでしょう)

Posted by: bugaisha | Jun 13, 2012 at 11:37 AM

そういえば、パスタのポジショニングって日本とイタリアで違ってませんでしたっけ。日本ではどちらかというと主食扱いですけれど、イタリアでは違ってたような…

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 13, 2012 at 08:10 PM

正式コースとかでなんかそういう話は有った気もしますねえ。
リゾットの立ち位置も同じだった気が。

日本人がどっちかだけ頼むので・・・ってのは古い読み物にあったかも。(昭和四〇年代前後)

でもwikiみてもそれは崩れてきているようで。

そういえば日本人の団体さんがレストランでスパゲティを食していると前を通りかかった作曲家さんが目新しいリズムに飛び込んできた、なんてジョークもその古いのにあったなあ。(実話で無く作り話を載せていたんだと思うけど)

Posted by: bugaisha | Jun 15, 2012 at 04:46 PM

>崩れてきているようで
あれ、そうなんですか。でも、マナーとかしきたりとかいうのは、時代の変化に合わせて変わっていくこともありますよね。日本食も含めて、他所の国の料理でも似たような話はあるかもしれません。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 15, 2012 at 06:37 PM

きちんとした正式だと量が多すぎるということらしいです。
でも実際どうなんでしょうねえ?
あちらでの実態を知る人のコメントがほしいところです。

そういえば東京駅構内八重洲口よりに一時期リゾット専門店有ったけど今は無いような?いつか確認しておこう

Posted by: bugaisha | Jun 16, 2012 at 09:13 AM

リゾット専門店って、これですか ?
http://gransta.jp/store/index.php?pid=332

そういえば、グランスタって冷やかしで通ったことは何度もあるけれど、ここで買ったり食べたりした記憶ってないですねえ… 「ダイニング」の方は「利久」に行ったんですけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 16, 2012 at 07:01 PM

ああ、これですねえ、あったんだ。この前なかった気がしたんで。
八重洲商店街も酒屋系のお店で美味しくランチ食べられるところがあります。

Posted by: bugaisha | Jun 16, 2012 at 09:55 PM

「カノビエッタ」という名前に何か聞き覚えがあるなあと思ったら、上野駅に似たような名前のパスタ屋さんがあるのでした。どちらも運営は NRE みたいですね。

東京駅のリゾット屋さん、ややお値段高めではあるものの、なんだか良さそうですね。頭の片隅に入れておくことにします。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 17, 2012 at 10:48 PM

女性向けなのかやや少なめですのでちょうど良いかも。です。

Posted by: bugaisha | Jun 18, 2012 at 10:36 AM

そんな感じですね。ヘルシーな雰囲気を前面に押し出しているあたりも、「ああ、そういうマーケティングなのね」と思いました。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 18, 2012 at 12:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/54932859

Listed below are links to weblogs that reference ハンバーガー@ザ・ビートダイナー [有楽町]:

« 三脚の比較検討 | Main | 何に使うの ? Su-30MK2 »