« 上越線での不運 | Main | 石窯ライ麦ブレッド@タカキベーカリー »

Aug 15, 2012

携帯 SAM の供与

シリアの反政府勢力・FSA (Free Syrian Army) なんかが、政府軍の航空機に対抗するために携帯 SAM を供与してもらいたい、と要請している由。

実際、政府軍が武装ヘリを投入したとか、反政府勢力が政府軍の飛行機を撃ち落としたとかいっている状況ではあるわけですけれど。ただ、だからといってホイホイと携帯 SAM を供与してしまっていいものか ? と、個人的には疑問に思う部分が。

というのは、仮にアサド政権打倒に成功したとして、その後にどうするんだという問題があるから。

他の武器供与もそうですけれど、引き渡したものをそのまま放置しておいたら、新たな厄介ごとの種をまく結果になるし、だからといって「刀狩り」で完全に回収できるかというと、それも疑問。相手が正規軍ではなくて、寄り合い所帯の反政府勢力ならなおのこと。正規軍と比べて、指揮・統制という点でハンデがありますから。

ここで携帯 SAM を供与した結果として、かつてアフガニスタンでムジャヒディーンに FIM-92 Stinger を供与した件の轍を踏む結果になりはしないかと。そこが懸念されるところだと思うのですね。

タイマー機能を仕込んであって「発動してから 1 年間で使えなくなる。タイマー機能の無力化も不可能」なんていう携帯 SAM ができれば、いくらか問題解決になるかも知れませんけれど。

|

« 上越線での不運 | Main | 石窯ライ麦ブレッド@タカキベーカリー »

Comments

S○NY「呼んだ?」

冗談はさておき、SAMにGPSでもつけてトレーサビリティをしっかりさせる、てな方法を考えましたが、電池切れとか電波状態とかに左右されるようじゃ話にならんなぁと。

介入はしたいけどいい顔はしたい、でも今後のことを考えると……てなところで、各国頭を抱えている姿がなんとなく見える今日この頃です。

Posted by: TBSH | Aug 15, 2012 at 02:49 PM

追跡用のメカや無力化用のメカをつけても、それを壊されてしまうようでは意味がないわけで、そこが難しいところなのですね。

もっとも、アフガニスタンに持ち込んだ FIM-92、OEF が始まった頃には電池が寿命を過ぎていて使えない状態だったのでは、という指摘はあるのですけれど。ただ、それに賭けるのはどうかと。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 15, 2012 at 05:30 PM

 ええ、そりゃもう私が当局だったら、何とかの知恵袋とかに投書しますよ。

 とある精密機械を半年後無能力化するために、こっそりと仕掛けを組み込みたいんだが、誰か良いアイディア持ってません? と。

Posted by: えいじ | Aug 16, 2012 at 03:24 AM

たとえばロケット モーターあたりが、時間が経つと物理的に劣化してくれるのが、いちばん手間いらずなんですけれど。ただしそれだと、劣化はどうしても漸進的になるでしょうから、有効期限 (?) 内でも劣化が始まってしまうことになるのが問題かなあと。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 16, 2012 at 05:36 AM

ゼンマイ仕掛け、なんてどうでしょう? ジャイロ辺りに組み込んでおいて、ゼンマイが切れたら回路が遮断されるとか。

Posted by: ゆらぎ | Aug 16, 2012 at 07:53 AM

携帯S「 I 」Mなら、海外パケ死 させられるのにね:-p

Posted by: sionoiri | Aug 16, 2012 at 01:42 PM

簡単・確実で、しかも使っている奴が勝手にいじったり無力化したりできない仕掛けでないと意味がなくなるので、理工系の学生に出す課題として面白いかもしれませんね (ぇ

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 16, 2012 at 01:58 PM

 シンプルに行くなら、たとえば携帯機能を組み込んどいて何ヶ月後かに接続して携帯経由で自殺スイッチをオン。それを回避しようと、電波を遮断したり、その機能を外そうとしたら、やっぱりキルスイッチがオン。
 ただ、主要回路を焼き切るための仕掛けを組み込む必要があるから、問題となるのは、指令云々じゃなく、無効化するための最後の物理的な仕掛けですよね。それが存在する限り外される可能性があるから。
 確実なのは物理破壊や劣化でなく、やはりプログラムの書き換えでしょうか。

Posted by: えいじ | Aug 16, 2012 at 10:44 PM

そう。無効化する仕掛けよりも、それを外されないようにすることの方が難しいです。ハード的な方法、それも後付けの方法だと無力化される可能性が高まるので、ソフトウェアで何か細工する方が確実かも知れないですね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 17, 2012 at 06:46 AM

懐かしの「サブマリン707 アポロ・ノーム編」のDスイッチみたいになって来ましたねぇ。

Posted by: いーの | Aug 17, 2012 at 09:42 AM

FIM-92 の誘導ユニットだけ取り替えて「時限装置付き・小細工不可能」な「供与向けモンキーモデル」をつくっちゃったりして…

ことに場所がシリアだと、うかつに携帯 SAM なんか持ち込んだらヒズボラの手に渡りそうで、それが怖いところです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 17, 2012 at 11:12 AM

携行SAM供与→戦況の更なる悪化でFSA分裂→末席にいるアル○イダさんがSAM持ち逃げ。
というコンボが頭に浮かんだ自分・・。

さて、反政府勢力がプレッシャーかけ続けているように報道されていますが、ダマスカスの戦いで数倍の損失を出した挙句撤退したり、装甲車両、航空機など大型兵器が皆無だったり、兵員数がそもそも劣勢だったり。
SAM供与で変わるのだろうか。


Posted by: alpha | Aug 21, 2012 at 11:59 PM

それが「まるっきりあり得ないシナリオ」ではないから、供与に及び腰になる側の立場も分かるんですよね。相手が国家ではないから、最終使用者証明の書類なんか用意したって「なにそれ ?」で終わりそうですし。

政府軍の航空機に対処する手段として SAM に意味はあるでしょうが、最終的には土地を押さえて人を追い出さないと体制変革にはならないので、SAM ひとつで状況が劇的に変わるかというと、個人的には疑問に思っています。

Posted by: 井上@Kojii.net | Aug 22, 2012 at 06:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/55426379

Listed below are links to weblogs that reference 携帯 SAM の供与:

« 上越線での不運 | Main | 石窯ライ麦ブレッド@タカキベーカリー »