« 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (1) | Main | 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (3) »

Sep 02, 2012

新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (2)

新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (1)」の続き。

■東光寺 14:57 → 田上 15:22 (443M, N26 + N4 編成)

443M のうち、長岡方の N4 編成は内装を少しリニューアルしていた。座席のモケットを張り替えて、少しバケットっぽくしてあるのと、妻面だけ化粧板を張り替えているのが相違点。

混み具合は、ボックスがそれぞれ「誰かいる」という程度。そんな状態で田上まで移動。移動時間は貴重な休憩時間。田上に着いてから程なくして、442M (N10 + L12 編成) と 1058M (北越 8 号, T-13 編成) を撮影。

SN3R0155田上駅。

SN3R0157
地元の方がやっているそば/うどん屋があるのだけれど、「学生そば・うどん」に ( ゚Д゚)

■田上 16:14 → さつき野 16:32 (445M, L4 編成)

撮影完了後に待合室でひと休み。少し早めにホームに戻ったら、ちょうどいい具合に EF81 404 牽引の上り貨物が通過するオマケ付き。それから 445M でさつき野に移動。

■さつき野 17:19 → 新潟 17:37 (447M, N13 + N8 編成)

さつき野では、上りホームと下りホームを行ったりきたり。EF80 406 牽引の下り貨物は来るし、磐越西線直通の 2236D は全部が色違い (新旧新潟色と首都圏色) の 40 系気動車 3 連だし、その直後に来た 2547D (これも磐越西線からの直通) は 40 系気動車の 6 連で新旧新潟色の混成だし、とネタは豊富。

_7D_4086

その 2547D の直後に来た 446M では露出を間違えて超オーバーにする大失敗。締めくくりに、1055M (北越5号, T-15 編成) と 3374M (くびき野4号, T-17 編成) を撮って、447M で新潟入り。

ところがこれで終わらず、タレカツを食べた後で駅の上の通路を移動していたら、今日は一度も遭遇できなかった 485 系 3000 番台 (R28 編成) がいる。直ちにラチ内に駆け込んで、止まり写真を両端からパチリ。ついでに、隣にいた 1060M (北越 10 号) の T-11 編成も。

以前に「北越」で R 編成が走っているのを見たことがあるから、R 編成が「いなほ」に優先的に回されているってことはないのだろうけれど、たまたまこの日、信越本線方面は T 編成ばかりに遭遇。

これで終了して、投宿。

|

« 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (1) | Main | 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/55556638

Listed below are links to weblogs that reference 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (2):

« 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (1) | Main | 新潟「こくてつ & たれかつ」作戦記 (3) »