« バッテリ残量ゲージの信頼性 | Main | 食い物の効能 »

Dec 13, 2012

予測記事をめぐる徒然

「丸」2012 年 2 月号 (つまり 2011 年 12 月売り) で「2012 年 世界の紛争・外交勢力地図」なる記事を書いたのですが、ふと心配になって、さっき、この記事を読み返してみたわけです。

もともと、あまり "飛ばした" ことは書かなかったので、大ハズレに終わった記述がなかったのはひと安心。ただ、イランや北朝鮮は思ったよりも "飛ばして" しまったかもしれないな、と思いましたけれど。

この手の予測記事って、当たれば格好いいけれど、外すと心臓に悪いです。でも、この時期にはありがちな企画。そして今年の末も某誌向けに一本だけ書いてしまったのですが、さてどうなりますか。

|

« バッテリ残量ゲージの信頼性 | Main | 食い物の効能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/56312436

Listed below are links to weblogs that reference 予測記事をめぐる徒然:

« バッテリ残量ゲージの信頼性 | Main | 食い物の効能 »