« 射撃管制レーダー照射をめぐる発言の矛盾 | Main | USB 3.0 対応フラッシュメモリ »

Mar 20, 2013

最近読んだ本 : 戦略論

タイトル通りで、戦術とか装備とかいう話ではなく、国家指揮権限者、あるいは軍首脳レベルの視点から「戦争」という事象をとらえた本といえそう。

のっけから「どうして戦争が起きるのか」という大命題からスタートするぐらいだし、その後もどちらかというと抽象的な話が主流になるので、いわゆる「ライトな軍ヲタ」の人には、ちょっと読み辛く感じられるかも。

でも、国家戦略における軍事力や戦争行為の関わりという観点から物事を眺めるのであれば、読んでおきたい一冊。

個人的には、「どうして戦争が起きるのか」の話と、「技術の進歩と戦略の関わり」をめぐる話がツボ。

|

« 射撃管制レーダー照射をめぐる発言の矛盾 | Main | USB 3.0 対応フラッシュメモリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/56993433

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 : 戦略論:

« 射撃管制レーダー照射をめぐる発言の矛盾 | Main | USB 3.0 対応フラッシュメモリ »