« 【'13 - Day 7】山奥の道場を初訪問 | Main | 最近読んだ本 : 戦略論 »

Mar 19, 2013

射撃管制レーダー照射をめぐる発言の矛盾

中国軍、レーダー照射認める「艦長の判断だった」

という報道が出た後で…

中国国防省は否定「日本は反省し、無責任な言論を停止するべき」

これだけ見ると「内輪で行動が統一できていない」という話になりそうですけれど、そんな額面通りに受け取っていいのかなあ、という疑問が。

実はどちらも意図的なもので、まず照射を認めたという話を流して「軟化の兆候」と受け取らせておき、その後で国防省が否定することで「メンツを維持する」という作戦なのかもしれないし。

なんにしても、ストレートに受け取ってしまっていいのかどうか。と「裏の意図」を疑ってしまうのは、私の猜疑心が強すぎるんですかねえ。

|

« 【'13 - Day 7】山奥の道場を初訪問 | Main | 最近読んだ本 : 戦略論 »

Comments

私が昨日両方の記事を見て、「実は予めシナリオが有って、コソッとネタ供給役がインタビューを受けて、記事にさせることで日本のマスコミを釣り上げておいて、公式で梯子を外して「日本が大げさにしている」と印象付けようとしている」と言う壮大な罠かと思いました。

ただ、今考えるとちょっと勘ぐり過ぎで、陰謀論に足を突っ込みかけているか、と思って自重しているところです。Hi...

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Mar 19, 2013 at 06:49 PM

陰謀説というか「意図的仕込説」を考えた場合、「この時期に、わざわざこのネタを蒸し返すことで中国側が得られるメリットは何か」が課題かなと思いました。はっきりいってしまえば中国側の完敗ですから、蒸し返しても恥の上塗りになりかねないわけですし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Mar 19, 2013 at 07:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/56986862

Listed below are links to weblogs that reference 射撃管制レーダー照射をめぐる発言の矛盾:

« 【'13 - Day 7】山奥の道場を初訪問 | Main | 最近読んだ本 : 戦略論 »