« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

Apr 30, 2013

白と黒

JR 九州の新鋭・817 系 2000 番台。

_7D_7368

前面が真っ黒、側面が真っ白。黒つぶれと白飛びの狭間で、かつメリハリのきいた画を作り出そうとすると、画像処理エンジンや RAW 現像のノウハウが問われるという、難易度が高い被写体かも。

といったところでふと思い立って、白黒で RAW 現像してみたら…

_7D_7368M

あまり差がないんじゃあ… (笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 28, 2013

リニモの走り写真

何年かぶりに、リニモに乗ってきました。ただ乗るだけじゃなくて、資料写真も可能な限り集めたいと思ったのですが、んが。

全線が高架ないしは地下で、しかもホームドア付きの島式ホーム。これって、走り写真をクリアに撮るのがかなり難しいシチュエーション。

一応、ホーム端からガラス越しに撮る手はありますけれど、ガラスがあまり綺麗ではないので、クリアな写真が撮れるかというと…

_7D_7177
これは八草でガラス越しに撮って、RAW 現像でコントラストやシャープネスをいじりまくったもの。

途中の線路脇にあるアピタの駐車場から撮影した方もいらっしゃるようですが、線路脇の柵はどうにもならないし、おまけにアピタは線路の北側なので逆光。

そこで思案した結果、「先頭車にかぶりつきで対向列車と駅間で遭遇するのに期待する」という手で。
そしてこれが当たり。ガラス越しに変わりありませんけれど、少なくとも駅ホームのガラスよりは車両の窓ガラスの方が綺麗ですから。

_7D_7200

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 27, 2013

2013 年 4 月のお仕事・その 4

続いては「丸」。今回は特集の中の二番手記事で「システムが支える F-15J 最新メカ事情」を担当しました。

基本的には近代化改修機の話ですが、基本のおさらいということで Pre-MSIP と J-MSIP の違い (これが近代化改修にも影響してるし)、さらに近代化改修に付随して発生する課題や、予想される戦術面の変化にも言及してます。

そしてブツが世に出てみたら、関賢太郎さんが担当された F-2 の記事と私の F-15 の記事とで、同じことを主張しているくだりが出てきて思わず苦笑。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

Apr 26, 2013

情報保全とロジック

巡視船「航跡」消去確認せず、朝鮮総連系に売却」(讀賣)

この件に限らないけど、「どういうところからどういう情報が漏れる可能性がある」という形の教育が必要かも。

単に「これは秘密である」とやるだけでは、覚えるべき項目ばかりが増えてしまうし、「どうして秘密なのか」「どうして漏洩させてはならないのか」まで考えが及びにくいだろうし、それよりなにより、応用が利かないでしょ。

完全に網羅するのは難しいかも知れないけれど、情報漏洩の背後にあるロジックを知ることは、秘密指定の有無に関係なく「これはまずいだろ」という形の応用力につながるんじゃないかなあと。そんなことを考えてみた次第。

でも、これを実際にやるには、当事者がしっかり頭を使わないといけないわけで、そこが難しいところ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 25, 2013

出没予告

こんどの土曜日 (2013/4/27) に、近鉄の内部線と三岐鉄道の北勢線を訪れてこようと思ってます。もちろん、全線完乗のために両線とも訪れたことはありますけれど、改めて落ち着いて眺めてみたいなと思った次第。

今のところ、天気予報は「晴」みたいですけれど、とにかく「雨」だけは勘弁して欲しいところ。雨なんぞ降ってきた日には、沿線撮りなんてできなくなっちゃいますし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 23, 2013

ECOPIA PZ-X のインプレ

履き替えから数百 km ほど走り込んで、コンディションもいろいろ経験したので、そろそろ書き始めてみてもいいかも。ということで。

◎第一印象
「硬質感」。ボールベアリングを組み込んだ滑走台に乗ってレールの上を走っている、という感じの転がり方をするなあと。エコタイヤって、要するに転がり抵抗の低減がキモになるわけで、それを実感した次第。でも、すぐに慣れちゃったような (笑)

◎快適性
乗り心地はちょっと硬めとの印象。騒音は「可もなく不可もなく」で、路面の状態に大きく依存する傾向が。新しくできた高速道路みたいに路面状態のいいところでは、特にうるさいと思わないけれど、路面によっては「うるさい」と思うことも。

◎操縦性
PZ-X の売りは「楽」。確かに、ステアリング操作や外部からの入力に過敏に反応するのではなくて、やや「鈍」な感じ。だから、あまりナーバスにならないで運転できる。といって、高速でちょっと強めのレーンチェンジをしても、動きが鈍くて置いていかれたり、腰砕けになったりすることはないけれど。

◎カーブでは ?
特にスタッドレスだと、高速のランプウェイを速めのスピードで走ると腰砕けになって冷や冷やすることがあるけれど、PZ-X はそれほどでもなく。上の「操縦性」の話も含めて、目を血走らせて攻めるのではなく、普通のドライバーが普通に運転するのであれば、過不足ない性能かなと。

◎燃費は ?
これが悪かったら怒る ! (笑) ただ、もともと省燃費運転の人なので、高速道路では意外と伸びていないなというのが正直なところ。反面、下道、とりわけ街中では大きく伸びたという印象 (燃費計の数字による)。
惰行して転がす時間が長くなると、転がり抵抗の少なさが効いてくる模様。高速道路だと力行しっぱなしのことが多いし、タイヤの転がり抵抗より空力の影響の方が大きそうだから、市街地の方が効果があるのは頷けるところ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 22, 2013

最近読んだ本 : 電子戦の技術 基礎編

いやー、これは大変な本でした。いきなり端から端まで読了するにはヘビーで、1 日に 1 章ぐらいずつの割で、それも頭が冴えてるときを狙ってチビチビと読み進めた次第。

電測兵装や電子戦について、ごくごく基本的なところの知識はあったものの、「ああ、あれはこういうことなのね」と目からウロコになるケースが多発した一冊。だから、これは個人的に必読の一冊でした。

ただ、基本的には業界の専門家向けに書かれたものなので、何の予備知識もない段階からいきなり読むと、途中で放り出したくなるかも。基本的な電気通信関連の知識がないと、ちょっと辛いなあと。

順番からいうと逆なんですけど、まず巻末の補遺にある「用語集」をひととおり読んで頭に入れておくと、いくらか理解しやすくなるかも。本文中で、専門用語の解説が足りない部分がたまにあるので。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 21, 2013

2013 年 4 月のお仕事・その 3

続きましては「新幹線 EX Vol.27」。今回の「システム考察」はちょいと地味なところで、軌道設備と分岐器を。

分岐器について「新幹線はノーズ可動式分岐器で云々」というだけの話なら、すでにあちこちでさんざ書かれているわけで、私がそれで納得するはずもなく。スラブ軌道の寸法に関する話から分岐器の番数まで、ちょっと突っ込んだ内容にしてみました。

ちなみに、この次の号の原稿もすでにできているのですが、それがまた、ちょいとマニアックなところを突いてみたつもり。乞う、御期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 20, 2013

2013 年 4 月のお仕事・その 2

続いては「航空ファン」の連載。いよいよ飛行試験の話に入り、連載も盛り上がってきます (←自画自賛)。

自分がソフトウェアの「テスト屋」をやった経験を持つせいか、試験がらみの話になると、とりわけ気合が入ります。あ、いえ、他のネタだと気合が入らないって訳じゃないんですけれど。

記事中でも書きましたけれど、試験でもっとも大変なのはテストケースを作り、それをひとつずつ、条件を再現しながら消化していくこと。それがどれだけ大変な作業なのか、片鱗だけでも分かってもらえればなあと思う次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 19, 2013

漬け鮪の漁師風だし茶漬け@だし茶漬け えん [秋葉原]

しばらく前に、秋葉原 UDX の「だし茶漬け えん」で、「漬け鮪の漁師風だし茶漬け」をいただいてきました。

IGP3667

Continue reading "漬け鮪の漁師風だし茶漬け@だし茶漬け えん [秋葉原]"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 18, 2013

来月売りの連載記事

今日、来月売りの「航空ファン」に載せる連載記事を fix したんですけれど、従来は滅多に取り上げてこなかったと思われる RDT&E がらみのネタを、ひとつ盛り込んでみました。

たまたましばらく前に、この件の原稿を書いていたら、関連する米空軍のドキュメントを見つけて狂喜乱舞。「これは絶対に入れよう」と暖めていたネタです。

話の発端は F-35 なんですが、どんな内容なのかは、1 ヶ月後のお楽しみ~

# ここで訊かれても、ネタバレになってしまうので
# お答えできません。あしからず

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 16, 2013

さらに珍しい (?) レール締結装置

昨日のエントリがなんだか盛り上がったみたいなので (ホンマか ?)、後で HDD の中から発掘した別のネタも投下してみます。

IMG_8930

金具の形状は昨日の東急のやつと似ていますが、固定の方法などに相違があります。ジオタグはつけていないのですが、撮影日時からすると、磐越西線の塩川駅で撮影した模様。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Apr 15, 2013

東急大井町線で見かけたレール締結装置

パンドロールの新種」のコメント欄で出た話題の流れで。

東急大井町線の旗の台駅で、ひょいと足元を見たら、あまり見慣れないタイプの (当社比) レール締結装置が。

IMG_5780

緑が丘でも見かけたことがあるので、東急では意外と広く使っている製品なのかも。でも、他社だとあまり見かけないような…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 14, 2013

手持ちの機材まとめ

釣られたというか、備忘録代わりというか。

◎キヤノン EF 系ボディ

  • EOS 7D (w/BG-E7)
  • EOS 40D

◎キヤノン EF 系レンズ

  • EF 17-40mm F4L USM
  • EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS [APS-C 専用]
  • EF 28mm F2.8
  • EF 40mm F2.8 STM
  • EF 70-200mm F4L IS USM
  • EF 100mm F2
  • EF 135mm F2L USM
  • EF 300mm F4L IS USM
  • SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM

最近は、DLO 対応レンズばかり持ち出している傾向があるかも。ちょっと反省。ブライトリングのときはサンヨンを連れて行ってやらなくちゃ。

◎ペンタックス系ボディ

  • K-5

◎ペンタックス系レンズ

  • FA35mm F2AL
  • DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR
  • DA★60-250mm F4 ED [IF] SDM

簡にして要を得たラインナップなので、さらに何か足したいとすれば超広角レンズと DA Limited の 70mm ぐらいかなあ。

◎コンパクトデジカメ

  • PowerShot G15
  • DMC-FT1

最近、FT1 の出番が激減中。でも、冬のゲレンデで安心して使えるのはこいつだけだし…

| | Comments (21) | TrackBack (0)

Apr 13, 2013

古枕木の活用例

IMG_5900

なるほど、標識が倒れないように土台にする使い方もあるんだ…

ちなみに、古いレールを駅のホームで屋根用の支柱にしたり、柵の枠組みに転用したりするのはポピュラーですけれど、GALA 湯沢でコース外の斜面に古レールがニョキニョキと立っていたのは謎。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Apr 12, 2013

IC カード乗車券のエリアまたぎ

先日、どこぞのサイトで「IC カード乗車券でエリアをまたいだ往来ができないのは利用者無視だ」ってブー垂れてる記事を載せてるのを見たんですけれど、冷静に考えると、そもそも実現は困難じゃないかと。

だって、経路判定ができないじゃないですか。

たとえば、名古屋で入場して大阪で出場したときに、東海道本線を経由したのか、関西本線を経由したのか、紀勢本線を経由したのか、北陸本線と小浜線と山陰本線を経由したのか、出口の自動改札機は判断できないでしょ。

それに、途中下車の扱いをどうするんだという問題もあるし、長距離になれば有効日数が増えてくることが影響するかも知れないし。

その辺のところを解決するめどが立たないと、エリアまたぎは無理じゃないかと思った次第。

大都市近郊区間だけなら、もともと最短距離で計算する特例があるから問題ないわけですけれど、実はすでに「ちょっと待てよ」というケースが出てきているのが実情。

たとえば、東京メトロ線内で入場して、副都心線と東横線を経由して中目黒で出場したら、東横線経由で計算できるのかしらん ? これも経路判定ができないような…

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Apr 11, 2013

夏タイヤの履き替え・ECOPIA PZ-X

これまで、新車時の ADVAN A682 を履き続けていたレガシィですが、さすがに丸 6 年が経過すると、溝がたんまり残っていても、タイヤそのものの劣化が気になるところ。それに、履き替えを先送りすると、それだけ新しいタイヤを使い込む時間が短くなりそう。

と、そんな理由から、夏タイヤの履き替えを実施。

前にアルテッツァ AS200 で REGNO GR-8000 を履かせていたこともあるので、理想をいえば REGNO GR-XT でしょうけれど、経済性にも気を遣って、今回は ECOPIA PZ-X に。サイズは同じ 205/55R16。

# スタッドレスの経験からすると、15in で済めば、ぐっとお安く
# なりそうなんだけどなー

で。さっき履き替えを終えて帰宅したのですが、下道を 15km ばかり走っただけでインプレを書くわけにもいかないでしょう。下道・高速・山道・ドライ・ウェットと、ひととおり走り込んだところで詳しく書きたいと思います。

とりあえずの第一印象は「硬質感のあるコロコロした走りをする」。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 10, 2013

2013 年 4 月のお仕事・その 1

まずは「軍事研究」。

ロバ型ロボットだそうだけど、ヘンな外見…

普段は世間の動向に関係なく、泰然として C4ISR 関連ネタなどを書いているのですが、たまたま「射撃管制レーダー照射事件」があったので、レーダー関連技術の話を書いてみました。

捜索レーダーと射撃管制レーダーの違いは周波数だけではないぞ、という話を書こうと思ったら、ベースになる話の解説が必要になり、あれよあれよという間にボリュームが増えてしまった次第。

でも、この手の話をちゃんと書いているケースは意外と少ないので、読んでいただけると嬉しいなあと思ってます。

それにしてもこの表紙。遠目にはどこのブルドッグかブルテリアかと思ったら、まるで違ったというオチ。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

Apr 09, 2013

DATA07 に、してやられた話

携帯電話の利用料明細書が来たので見てみたら、普段より高いのです。定額サービスを使ってるのになんで、と思ったら、「au.net 利用料」500JPY が上積みされてるせい。

DATA07 ユーティリティに、してやられたぜ

以前にもどこかで書いたかも知れませんけれど、DATA07 の接続用ユーティリティってアホで、接続先の設定を突如として忘れてしまうことがあります。すると残るのは既定値の「au.net」だけ。

それに気付かないで発信したせいで、 500JPY プラス消費税を余分に払う羽目になってしまったと。

もちろん、接続先をちゃんと確認しなかったのは手落ちなんですが、そもそも接続先の設定を勝手に忘れるボケナス接続ユーティリティに根本的な責任があるのは自明の理。

こんなクオリティの低い接続ツールを平然と配布しているから、華為がアメリカの議会で叩かれても、1 ビットたりとも同情する気が起こらないのでした。もっと叩いていいよー > 議員各位

追記
data07でauone-netのデフォルト設定が頻繁に消えて、auNETに戻ります。毎回のように新規デフォルトを設定しなければならず非常に不便です。なぜ設定が…

au データ通信端末総合 - unkar」の #493

同じような目に遭っている被害者が他にも存在するところからすると、やはりこの製品、どうも品質に問題があるような…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 08, 2013

大掃除より小掃除

年末の恒例行事というと「大掃除」ですけれど、うちでは「大掃除」ってやりません。

スキーにはまってから冬場が忙しい… となる以前から、そもそも ON と OFF の境界が不明確で、大掃除のために年末にまとまった時間をとるのか難しいという事情が。

それで、特に最近になって意識しているのが「小掃除」。どこの家でも、日常的に掃除する場所、ときどき掃除する場所、大掃除のときだけ手をつける場所、といった区別がありそうですけれど、後の二者について、日常的な掃除にプラスワンする形でときどき掃除して、汚れがたまらないようにするのが「小掃除」。

つまり、ピークを引き上げる代わりにアベレージを引き上げる考え方、といえるかも。これなら時間や労力の負担は少なくて済むし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 07, 2013

本日の戦果

ひょんなことから「成り行き」で、城南島にヒコーキ撮りに行ってきました。

ただし、ただ撮りに行くんじゃつまらんということで、DA★60-250mm と K-5 を持って行って、「このコンビでどこまで行けるか」と試してみた次第。もちろん、ちゃんと成算はありましたし、実際、目論見通りでしたけれど。

最初は TAv モードにセットして撮ってましたが、その結果を見て、途中からは 1/1000・F5.0・ISO160 で固定。その結果の一部がこれ。

_IGP3592
エバー航空の「HELLO KITTY」(B-16332)。そういえば、A330 って日本では珍しい部類かも ?

_IGP3611
ポケモン 747 は撮ったことがあったけれど、ポケモン 777 (JA854A) は初見参。ただしこの塗装、真正面から見るとヤツメウナギみたい (ぇ

_IGP3641
上海航空の 757 (B-2834)。そもそも 757 自体、日本では貴重品かも。私はだいぶ前、シカゴからダレスまで乗ったことがありますが。

今回は歩留まりがすごく良くて (当社比)、RAW 現像をやり直したのは数枚程度。まあ、天気が良かったですし。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Apr 06, 2013

ううむ残念

今日の夕方、新宿駅で。

IMG_5841_DP

半周して、西日暮里あたりで迎撃すればクリアな編成写真を撮れるか、とも思ったけれど、天気が悪いし、時間が遅くて光量不足。そこで仕方なく断念。

どうもこいつは、タイミングの悪いところでばかり遭遇するのが困ったもの。慌てて撮らないといけないモンではないですけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 04, 2013

「配線略図」の改訂と乗りつぶし

「配線略図」の第 2 版では、本文や図の見直し・書き直し・描き直しだけでなく、本文中で使用している写真についても、ごっそりと入れ替えたり追加したりしてます。

実は、その書き直し・描き直しの過程で大いに役に立ったのが、JR 線・民鉄線の全線乗りつぶし。

乗りつぶしのために日本全国を訪れれば、必然的に配線や運転の現場をいろいろ見ることになるので、そこで収集した成果が、今回の改訂に際してかなり役に立ってます。

「山手線の線路から京浜東北線の線路に転線する E233」の写真はちょっと面白くて、たまたま田町で「サンライズ」の入庫回送を待ち受けていたら遭遇したもの。それをすかさず押さえておいたのが役立った次第。

そういえば、ロス・ブラウンが「幸運とは準備とチャンスが出会うこと」といってましたけれど、いい言葉だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2013

【'13 - Day 9】良い方向に予報が外れ

  • 日付 : 2013/3/30
  • 場所 : 安比高原
  • 天気 : 晴れたり曇ったり
  • 板 : Power One

朝のうちは曇っていたけれど、朝飯を食べるころから晴れてきた。朝飯の後で外に出てみたら、意外と足元はガリガリしていない。これならエッジがなまった Power One でもいけるか ?

IMG_1013

Continue reading "【'13 - Day 9】良い方向に予報が外れ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 02, 2013

【'13 - Day 8】今日はウォームアップ

  • 日付 : 2013/3/29
  • 場所 : 安比高原
  • 天気 : 曇後晴後曇
  • 板 : Power One

前の週末に、諸般の事情から「出撃中止」にしてしまったので、「このまま終わりにはできない」と気合を入れて安比行き。

これからの季節、気温が上がってバーンが緩んでくるので、可能な限り標高か緯度が高いところに行くのが吉。4 月に入れば、「そういうもんだ」と開き直って頭を切り替えるのだけれど。

で。往路の足は、上野発 0722・盛岡着 1015 の 4101B (J56 編成)。今回は、盛岡から乗るバスを 0940 発から 1115 発に繰り下げて寝坊した。その次の限定列車 (4103B) だと E5 系だけど、盛岡着 1104 で乗り換えの余裕がなさすぎるので却下。

盛岡からのバスが予想外に混んでいて、ほとんど満員。よくよく考えれば、金~日の 3 日間で日程を組む人が少なくないのかも。松尾八幡平 ICのあたりでは雨がぱらついていたのに、安比では小雪が舞っていた。

IMG_0965

Continue reading "【'13 - Day 8】今日はウォームアップ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 01, 2013

東北新幹線に新たな列車名 !?

JR 束日本は、東北新幹線に新たな列車名「ごしき」を導入する方針を明らかにした。公式な説明は「福島県の五色沼にちなんだ」とされている。

この話が明らかになるや否や「なぜ唐突に福島の地名なのか」「よりによって沼の名前とは何だ」「沼で許されるのはレンズ沼だけだ」などのツッコミが出ている。

そうしたツッコミに対して明確な説明はなされておらず、「後付けの理由ではないか」との疑いがもたれている。その一方で、担当の土井氏は「すでに山形新幹線で『つばさ』があるし…」と謎のコメントを残している。

ところがこれに対しても「それならそれで、先に出すべき名前がひとつあるはずだ」とのツッコミが沸き起こっている。

このまま新しい列車名が実現するかどうかについては、予断を許さない状況といえそうである。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »