« 窓口支払手数料@KDDI | Main | K-5 のストラップを交換 »

May 06, 2013

久々の銀塩

実は昨年の 12 月に、所沢まで零戦を見に行ったときに、K-5 だけじゃなくて α-8700i も連れて行ったんです。50mm F1.7 をつけて。

ところが、このときにはすべて撮りきることができず、そのままなんとなく放置プレイになってしまっていたので、「こりゃいかん」と。それで、東急 8090 やらなんやらを強引に (?) 撮影して残りコマを使い果たして、現像とプリントに出した次第。

銀塩のプリントを頼むのって、5 年ぶりぐらいのような気がする。確か前回は、EOS 40D を買った直後だったから。さて、ちゃんと写ってますかどうか。

|

« 窓口支払手数料@KDDI | Main | K-5 のストラップを交換 »

Comments

あがってきたプリントを見たら、全体的に発色が薄くて黄ばんでる (苦笑)

やはり、何年も放置していたフィルムで、しかもカメラに装填してから 5 ヶ月も経過していると、さすがに乳剤か何かがいかれているのかも。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 06, 2013 at 08:29 PM

現像&プリントして貰ったお店で、
ついでにデータディスク化もして貰いました?
自分はプリント代をケチって、
現像&CD化で撮った代物を確認したりするんですけど・・・・。

お店によっては、自前のHD画質のフィルムスキャナーで、
現像ついでにやって貰えます。

>あがってきたプリントを見たら、全体的に発色が薄くて黄ばんでる

仕様です。ふたばのカメラ板とかカメラスレでも、
そういう微妙な発色になってしまった銀塩写真が時又うpされていたり。

Posted by: SCARFACE1 | May 06, 2013 at 09:00 PM

> 仕様です。
と言うのはちょっと厳しくて、撮影前の保存方法によっては劣化はある程度抑えられる筈です。

フィルムの長期保存の場合は、(1)-20度以下の低温、(2)低湿度、(3)暗い場所、(4)空気変化の少ない場所、と言うのが基本的な条件なので、冷凍庫がぴったりと言う話があります。
もっとも、冷凍によって乳剤が不可逆変化を起こすという話もあって、そこら辺はオウンリスクという所ですが。

↓醤油じゃなくソース
http://www.act-ps.com/tie_bukuro/tie_fbukuro.htm

あと、撮影後のフィルムは、乳剤に焼き込まれた潜像が露光後に順次薄くなっていくので、なるべく早めに現像へ出した方が良いのですが、買って直ぐのフィルムで5ヶ月程度だと気にするレベルではないと言うのが私の経験則なので、やはり、元の保存状態なのかなと思う次第です。

・・・そう言えば、うちの冷凍庫に賞味期限切れ10年経過の熟成の一品フィルムが結構転がっているので、試してみるのも一興(と言い続けて幾星霜)。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 06, 2013 at 10:09 PM

前に、冷蔵庫に長期保存していた RVP を使ったときにはさほどの問題はなかったので、常温保存していたのが敗因かも。ドライボックスに入れていたから、湿度はさほどでもなかったハズなんですけれど。

どのみち「リカバリーできないと困る」というクリティカルなコマはないので (同じものをデジタルでも撮ってあるから)、暇を見つけて、プリントをスキャナで読み込んで Lightroom でいじってみるかもです。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 06, 2013 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/57317566

Listed below are links to weblogs that reference 久々の銀塩:

« 窓口支払手数料@KDDI | Main | K-5 のストラップを交換 »