« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

Jun 30, 2013

喫煙者に厳しい環境

函館本線・桑園駅の札沼線ホームで。

_7D_8936

喫煙スペースを限定するのはともかく、それをホームの端、それも屋根のある場所から屋根のない場所に移設してしまったのですね。

春から秋にかけての時期ならいいけれど、真冬にホームで煙草を吸うのは、この場所だと非現実的じゃないかという気がします。東京近辺ならともかく、ここは北海道なんですから。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 29, 2013

2013 年 6 月のお仕事・その 5

今月のトリは「丸」。お題は「中国・北朝鮮の『サイバー攻撃』傾向と対策法」「欧米防衛産業の生存戦略」であります。

「サイバー攻撃」云々だけなら、過去にあちこちの媒体で取り上げていますけれど、今回は特に、「マンディアント報告書」をフィーチャーしてみたのがポイント。

名指しされて「はい、うちがやりました」なんて馬鹿正直に認めるはずがないのはともかく、名指しされた建物の警備を強化して報道陣を追い払うようなマネをすれば、それは却って「怪しい」と思わせる徴候になっちゃうと思うんですけれど、どうでしょうね > 誰とはなく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2013

燃料のトラブル ?

突然ですが、北海道に来ております。

今朝の JAL 503 便で千歳に飛んだのですが、このフライト、搭乗までは所定の時間通りに進んだのに、その後でランプアウトが 30 分以上も遅れる騒ぎに。

燃料の搭載作業がどうのこうの、と要領を得ない放送があり、後で離陸した後に機長がアナウンスしたところでは、燃料搭載量を示す書類に不整合か何かがあった模様。

ということは、地上側で「○○ポンド積んだ」と報告してきたのに、機体側の燃料計の数字と合わなかったということ ? (これは個人的推測)

どこかで聞いたような話だなあと思ったら、燃料計の数字をめぐるゴタゴタの挙句に、燃料を半分しか積まないで飛び立ってしまった飛行機が、どこぞにいたような…

私が乗った JAL 503 便はそんなこともなく、ちゃんと千歳まで飛んでくれましたけれど。ちなみに、機体は B.777-346 (JA8943) でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2013

2013 年 6 月のお仕事・その 4

続きましては「航空情報」。特集「航空自衛隊の新戦力」の前段で、F-35A 導入やその他の施策が航空自衛隊の戦闘機戦力にもたらす変化について、考察してみました。

今回の記事の特徴は「戦力を比較するための公式」なんていう概念を持ち出してみたこと。ただし、定量化できる項目ばかりではないのが難しいところではあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 24, 2013

185 系のサロ

昨日、大宮駅で見かけた185 系のサロ。

IMG_0492

写真を拡大してみると「サロ 185-216」で、田町から転じた B7 編成に連結していたもの。B7 編成もサロを外してモノクラスの波動用に転換 ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 23, 2013

1216 両編成

本日、東北新幹線・古川駅で撮った発車標。

IMG_0478

せせせ 1,216 両編成 !?

Continue reading "1216 両編成"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 22, 2013

2013 年 6 月のお仕事・その 3

続きましては、「航空ファン」の連載です。今回はいよいよ RDT&E のプロセスも佳境に差し掛かり、「運用評価試験・戦力化・部隊建設」まで話が進んできました。

8 月号の段階でそこまで話が進んでしまうと、この先はどうなるの ? という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかも知れません。実は、もっと後で「とっておき」のテーマ (?) をひとつ用意しておりますので、御期待ください♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 21, 2013

EOS 60D 現る

こういう事情があったので、 買い置きしてあった LP-E6×2 個を実戦投入、さらに 1 個を買い足したのですが、そこでなぜか EOS 60D のボディまでくっついてきてしまったでござる。

IMG_1265

…というのはもちろん冗談で、あれこれと思案した結果、ドナドナした 40D に代わる、サブ機のギャップフィラーとして導入を決めた次第。発売から 3 年近く経つモデルではあるものの、そのおかげで底値だろうと踏んだから、費用対効果は悪くないだろうと。

過去の経験からいっても EOS の二丁拳銃が欲しい場面はあるし、気軽に持ち出すにはバッテリグリップ付きの 7D は大袈裟すぎるし、バッテリグリップを外してもまだ重いし。

で、後継機が出るタイミングや一本化の有無が分からない現状では、ギャップフィラーを入れても損はないだろうとソロバンを弾いた次第。

そこでなぜ Kiss X6i あたりにしなかったのかといえば、連写速度では 60D との差が少ないものの、連写可能枚数では大差があったから。

X6i だと、RAW + JPEG (L) の連写可能枚数はたったの 3 枚。RAW だけでも 6 枚。それが 60D なら、RAW + JPEG (L) だと連続 6 枚しか撮れないものの、RAW だけなら連続 14-16 枚の撮影が可能。(それだけ DIGIC 4 に負荷がかかってるのね)

ただし UHS-I に対応していないので、連写しまくると後で書き込みに時間がかかる問題が。これは仕方ないので、とりあえず我慢。

とりあえず、「赤マーク」が出たけどそれなりに残量がある LP-E6 を突っ込んで、設定変更を済ませて試運転中。実際の使用感については、また別途。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 20, 2013

靴と運転

普段履きの靴がボロボロになったので、しばらく前に買い換えたのですが。

雨の日のことを考えて、ソールが厚めのものを選ぶようにしているのですが。新しい靴だとソールが馴染んでいなくて堅いので、クルマを運転するときに微妙なペダル操作がどうもうまくいかない昨今。

アクセルよりもブレーキの方が影響が大きいみたいで、制動時に微妙にガクガクしてしまうことがしばしば。困ったもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 19, 2013

価格引き上げの難しさ

なにもマクドナルドに限った話じゃないですけど、いったん「安売り」「デフレ」のイメージが染みついてしまうと、そこから改めて「単価引き上げ」を打ち出して定着させるのは、生半可なことじゃないんじゃないかなあ…

「価格破壊」とか「激安」っていうのは、新聞・テレビに取り上げられやすいし話題性もあるんだけれど。でも、最初は「おおっ安い」となっていたものが、やがては「当たり前」になってしまうもの。

いったんそれが定着してしまうと、価格を引き上げた「高級品」「新商品」を投入しても、「割高だ」とかなんとかいわれるのがオチじゃないかと。体力勝負・勝者なき消耗戦の値下げ大会に突入した牛丼業界は、その典型例じゃないかと思う次第。

それに、飲食店の場合は特に、価格帯の違いが客層の違いにも影響しそうだから、それも価格引き上げの足を引っ張る要因にならないのかしらん ? だって、「激安」に飛びつくような客層が「単価を引き上げた新商品」にパッと飛びつくと思います ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 17, 2013

2013 年 6 月のお仕事・その 2

「マイナビニュース エンタープライズ」の新連載、「軍事と IT」がスタート。

以前にやっていた「防衛産業ウォッチング」では、ちょっと話が散らかり気味だったかな… という反省があったので、今回は「ひとつのテーマについて何回かまとめて書いて、それから次のテーマに」というサイクルで回していこう、と考えてます。

で、初っ端は大事なので、引きの強そうな F-35 の話を持ってきました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 16, 2013

LP-E6 の劣化

EOS 7D の純正専用バッテリ・LP-E6 のメリットは、残量が % 単位で分かることと、劣化度が分かること。

これが新品のバッテリ。わかりにくいけど、「劣化度」の赤ゲージは 3 個とも点灯。

IMG_1260S

これが劣化したバッテリ。「劣化度」の赤ゲージが、3 個から 1 個に減少。ゼロになったら死亡かな ?

IMG_1261S

気を使いながら使っているものの、さすがに 3 年半も使っていれば劣化するわけで… 3 個から 2 個に減るまでには、かなり時間がかかったけれど、この先も同じペースという保証はないし。

突然死して撮影中断、なんてことにならないように、常に予備バッテリの携行が必須かなあと思う今日この頃。でも、どのバッテリも同じように劣化しているはずなので、フォローになっていないという説も。

実は、しばらく前に予備を買い足してあったのですけれど、そろそろ召喚しないと駄目かなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 15, 2013

BT といえば

なんて馬鹿なことをツイートしたのですが、BT というと連想しそうなものは…

  • 吸上変圧器 (Booster Transformer)
  • バスターミナル (Bus Terminal)
  • 自記温度計 (bathythermograph)

他に何があるだろう ? Bluetooth を BT と略す人は、あまり多くなさそうだし…

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Jun 14, 2013

ナンバリングの逆流

ふと思ったのだけれど、東急って他所と比べると「ナンバリングの逆流」が多い会社のような気がします。パッと思いついたものを列挙すると、

  • 8090 系が 8080 番台に逆流
  • 8500 系の中間電動車が 07** ないしは 08** に逆流
  • 5050 系が 4000 番台に逆流

それが良いとか悪いっていうわけじゃありませんが、なぜ、かくも逆流が頻発するのか、と思ってしまう部分はあります。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jun 13, 2013

保険料

毎年のことながら、4-6 月は各種の租税公課の支払が集中して、キャッシュフローが無茶苦茶なことに。おまけに、レガシィに乗り換えたときに 6 月に乗り換えるという暴挙に出たので、車検や自動車保険関連の支払まで上積みされるという困った事態に。

それも、今日の国保の支払でひと息ついたのですが。今年は歯医者通いが続いていて医療費がそれなりに発生しているので、医者にかからないのに国保の保険料だけ支払うのと比べると、納得感はあるなあと。

ただ、皆が使う医療費が増えると国保の料率改定につながりそうだし、そもそも健康でいるに越したことはないわけで、難しいところではありますが。

これに限らず保険って、いざ厄介になると「ちゃんと保険料を払っておいてよかった」と思うけれど、国防費なんかも同じかも。でも本来なら、軍隊と消防と警察は暇な方がいいんですけれどねー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 12, 2013

売り込み経費

今週の JDW に載っていた、BAE Systems の人のコメントで「ひとつの国に戦闘機を売り込むには、数年の時間と数百万ドルの費用と数百名の人手がかかる」というのが。

確かに、日本向けの Typhoon の売り込みを見ていても、この発言の内容は首肯できるもの。その「数百万ドルの経費」って、当然ながら報道関係者向けの説明会や、広報業務の外部委託なんかにかかる費用も含んでいるのだろうなあ。

あと、航空・防衛関連のイベントに出展すれば、その出展費用だってかかるわけで。

首尾良く受注に成功すればいいけれど、受注できなければ「数百万ドルの経費」は回収できないわけで。モノの単価が高いだけに、「勝てば天国、負ければ悪夢」。しんどい商売であります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 10, 2013

梅雨入りしているそうだけど

…その割には雨があまり降らない昨今。今日、東京の天候はいまひとつで湿度も高くて、いかにも梅雨っぽいですけど。

そんな中、昨日、台所と風呂場の掃除を普段より徹底的にやったので、当面「台所が汚れそうな煮炊きは禁止」(ぇ

と、それはともかく。風呂場って目につかない物陰や隙間が意外と汚れるので、なんとも厄介な存在。うちみたいに、それなりに換気やカビ対策に気を使っていてもそれだから、気を使わなかったら、どういうことになるのやら…

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Jun 08, 2013

2013 年 6 月のお仕事・その 1

今月も、トップバッターは「軍事研究」。お題は、得意の「データリンク」… だけでは面白くないので、さらに「通信中継」と「ゲートウェイ」の話も加えてみました。

とりわけ、BACN (Battlefield Airborne Communications Node) のことを詳しく書いた記事って珍しいかも。以前からあちこちで「JDCS(F) と Link 16 のゲートウェイが要る」と書き立てていることでもありますし。

ところで、BACN って何て読むのかしらん。「ばくん」?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 07, 2013

EF マウントのサブ機、どーする

ひとつ前のエントリの続き。

あれこれ思案した結果、意志決定を左右する要素は、こんなところかなあと。

  • EOS 60D と EOD 7D の二本立てになっているミドルクラスの一本化があるか
  • 一本化する場合でもしない場合でも、新製品のリリース時期がどうなるか
  • その新製品の価格と仕様がどの程度になるか

さすがにもうモデルライフ末期だろうというのと、EF-S 18-135mm STM のレンズキットがないのと、連写のコマ速がやや物足りないのを除けば、サブとして 60D は悪くないチョイスかも。Kiss X7/X7i より安いし。

で、60D 後継機と 7D 後継機を一本化するかどうか、それがいつ出るかを見定めるまでギャップフィラーにすると。

と思ったら、EOS 60D って UHS-I 非対応なのか… 7D ほど連写が速くないとはいえ、RAW + JPEG を常用する立場からすると、これはちょっと萎えるなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 06, 2013

さよなら 40D

すでにいなくなってしまってからエントリを上げるのも、なんだかタイミングが違うような気がするのですが。

5 年近くお世話になった EOS 40D に別れを告げて、売り飛ばしてきました。

「デジ一眼のなんたるか」を身につけることができた重要な存在ではありますが、さすがに高感度性能や背面液晶など、後から出てきた EOS 7D や K-5 と比べるとハンデが目立ってきたもので。

「それなら、放っておけば買取価格はどんどん下がるんだし」ということで、売却を決めた次第。

ただ、バッテリーグリップ付きが既定の状態で、でかくて重い EOS 7D が唯一の EF マウント機というのもつらいところなので、後釜については噂の EOS 70D (?) が早く出てくれないかなあ、というところ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jun 04, 2013

ブレーキパッドの減り

昨日、クルマの 6 ヶ月点検をやってきたのですが、ブレーキパッドの残量はフロントが 9.5mm、リアが 8mm。

フロントの方が残っているというのも面妖ながら、そもそもこの残量、買ってから 6 年経つクルマの数字じゃないとのこと。

多分、高速道路での遠出が多いのと、惰行・エンジンブレーキの利用が多い上に「ノコギリ運転嫌い」なので、結果としてフットブレーキの利用が少なくなって、パッドが減っていないのではないか、と推測してみた次第。

ブレーキパッドにもタイヤみたいに「経年劣化による寿命」なんてあるのかなあ。だとすると、減ってないパッドを替える羽目になりそう。そうでなければ、当面はこのまま使い続けますけれど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 03, 2013

ネコミミで泣き落とし (笑)

中国産の日本語入力『Baidu IME』をアンインストールすると美少女に泣かれることが判明

Baidu IME とやらの良し悪しについては、使ったことも使う気もないので論評しませんけれど、それよりなにより。

「日本人なんざ、ネコミミを付けた女の子で泣き落としをかければ、コロッと引っかかってアンインストールを思いとどまるだろう」と小馬鹿にされてるような気がして、そっちの方が頭に来てしまった次第。

そのうち「釣魚島は私たちのモノだって歴史的に証明されてるのに、どうしてわかってくれないの ?」ってネコミミ少女で泣き落としをかける宣伝ポスターを、中国政府がばらまくようになったら、どーするんですか (爆)

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Jun 02, 2013

久々の替え歌

一部マスコミの、最近の報道姿勢を見ていて思いついたネタ。
といっても、一曲分まるまるというほど思いつかなかったので、一部だけ。

♪その夢の名は「対中包囲網」
♪素晴らしいユートピア
♪どこと組めばできるのだろう
♪教えて欲しい~

何でもかんでも対中包囲網に見えたり、対中包囲網に結びつけたりするのは、無理がある上に危険じゃないのかな~

いや、いわゆる「リムランド」諸国が連携するのはいいんですよ。おおいにやるべきです。ただ、そこに過剰な期待を抱きすぎるのはどうかなあ、と思う次第。その昔、太平洋戦争の末期になって、和平の仲介をソ連に頼もうとした心理と、なーんとなく似たものを感じるんですけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »