« 2013 年 6 月のお仕事・その 5 | Main | 北海道遠征で役に立ったもの »

Jun 30, 2013

喫煙者に厳しい環境

函館本線・桑園駅の札沼線ホームで。

_7D_8936

喫煙スペースを限定するのはともかく、それをホームの端、それも屋根のある場所から屋根のない場所に移設してしまったのですね。

春から秋にかけての時期ならいいけれど、真冬にホームで煙草を吸うのは、この場所だと非現実的じゃないかという気がします。東京近辺ならともかく、ここは北海道なんですから。

|

« 2013 年 6 月のお仕事・その 5 | Main | 北海道遠征で役に立ったもの »

Comments

これはひどひ・・・・・・。

きっと駅長もとい、JR北の方針としては、
喫煙者は凍えながら火の温もりを感じ取って欲しいのでしょうと、
好き勝手な事を言ってみる。

実際の所は、単に分煙設備を設置する予算が無かっただけとか、
そんなんだと思います。

Posted by: SCARFACE1 | Jun 30, 2013 at 11:45 AM

管理人様、こんにちは。

JR東などはホーム上に喫煙スペースすら全廃してしまったので、見方を変えれば、まだ愛煙家に配慮しているような気もしますが‥ちなみに私は吸わないので、全面禁煙はありがたいのですが。

Posted by: ブリンデン | Jun 30, 2013 at 04:42 PM

北海道だと「雪対策」でホームに屋根をかぶせてしまっていることがあって、桑園もそうなんですね。だから多分、その屋根の下に喫煙スペースがあると煙がこもるとかなんとかクレームが出て、それで露天部に移したんじゃないかと推測しています。

と思ったら。白石駅でも喫煙スペースはホームの端にあったと記憶しているのですが、そうなると、これが「JR 北海道スタンダード」なのかも !?

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 30, 2013 at 04:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/57687338

Listed below are links to weblogs that reference 喫煙者に厳しい環境:

« 2013 年 6 月のお仕事・その 5 | Main | 北海道遠征で役に立ったもの »