« 北海道遠征で役に立ったもの | Main | 2013 年 7 月のお仕事・その 1 »

Jul 02, 2013

今後の EOS DIGITAL の代替構想

革新的な AF 技術「デュアルピクセル CMOS AF」を採用した “EOS 70D” を発売

負け惜しみをいうわけではありませんが、これは「織り込み済み」。60D をポチった時点で、早い時期に 70D が出てくる可能性も考慮に入れてました。

実は、7D + 60D の体制になったところで、ミドルクラスの後継機がどうなるかを見定めようという考えがあってのこと。つまり…

  • ミドルクラスを一本化せずに 70D と (仮称) 7D Mark II が別々に出るなら、60D は維持、7D を Mark II に代替、あるいは買い増し
  • ミドルクラスを一本化して 60D のボディを使うなら、60D を放出してそちらに鞍替え、7D は維持
  • ミドルクラスを一本化して 7D のボディを使うなら、60D は維持して 7D を代替、あるいは買い増し

というのが基本的な作戦。それに、モデル末期で底値の 60D だったら、サブとして使う分には割り切れるし。

そして出てきた 70D のスペックからすると、EOS 7D の後継機は別に出てきそう (実際、EOS 70D は EOS 60D の後継機だっていってるみたいですし) なので、最初のシナリオで行くことになるかなと。

ただしそうすると、EF-S 18-135mm の STM 付きを手にするのはだいぶ先になってしまうかも。単品で買うよりレンズキットで買う方が割安なのは確かだから…

|

« 北海道遠征で役に立ったもの | Main | 2013 年 7 月のお仕事・その 1 »

Comments

「PENTAX K10D、K-5で撮影を繰り返し、今回の展示ではこの中から選んだカラー作品約20点で構成。
撮影で作者は、一日に600回以上潜ったり、また、水に勢い良く潜ることもあって何度も水がカメラにかかりましたが、防塵・防滴構造で故障もなく、今でも愛用して次回作を制作中。」
http://www.kita-colle.com/content/66401
無駄に耐久試験をした機材もあるぞう!(誰得

Posted by: sionoiri | Jul 02, 2013 at 06:26 PM

うちの K-5 と組んでいる DA 18-135mm も、デビュー戦で舞鶴に行って雨に降られて、いきなり簡易防滴機能の本領を発揮してますよ~ (自慢になるのかそれは)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 02, 2013 at 06:31 PM

> 無駄に耐久試験をした機材

↓5年前にも載せた、成層圏まで行った K10D の話。
http://www.imaginginfo.com/web/online/Online-Exclusives/Science-Experiment--Camera-Not-Lost-in-Space/49$4139


> EOS 70D

実はコソッと4040万画素だったりするとか中々に凄い内容だとは思うものの、さりとて EOS 7D ユーザーとしては、乗り換えるのかは微妙。EOS 5D Mark III の51点測距を知ってしまうとなぁ・・・、と、EOS 7D Mark II も期待してしまうのでした。

まあ、これで心置きなくレンズへ投資できるというものです(オヒ

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 02, 2013 at 07:03 PM

7D と比べると、高感度性能のアップが訴求ポイントということになるのでしょうけれど。でも、それなら K-5 だってありますもんね。

うちでは K-5 を「悪天候 or 要高感度 or 腰を据えて撮る」場面向けということにしています。あくまで原則ですから例外もありますが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 02, 2013 at 07:14 PM

 くくっ。40Dで今日まで耐え抜いた俺、勝ち組(^_^;)。
 この価格で出されたらは、入れ食いホイホイでしょう。(個人的には、アングル・ファインダーを持ち歩かずに済むようになるのが大きい)
でもこうなると気になるのは7D後継機の時期と価格。

 あと不思議なのは、なんで夏休み前に出さなかったんだろう。新型機投入の時期としては、結構中途半端な気もしますが。やっぱり本命は冬ボーナスの7Dうんちゃだろうか。

Posted by: えいじ | Jul 02, 2013 at 09:27 PM

リリースがボーナス商戦を外したのは、新方式の AF を制御するソフトウェアを煮詰めるのに手間取ったせいじゃないか、と根拠のない推測をしてみます。

ここまで 40D で引っ張ってこられたのなら、70D はアリでしょう。多分、7D にないぐらいだから、7D 後継機もバリアングルは付かないでしょうし。

70D が出てから間を置かずに 7D 後継機というのも考えにくいので、ひょっとすると越年するかも、と思ってみたり。高感度性能のアップや今回の新 AF は当然として、後は連写速度の若干のアップと AF の強化 ?

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 02, 2013 at 09:36 PM

EOS 7D Mark II については、早くても冬の棒茄子商戦、でなければ来年の CP+ の直前と言う辺りが妥当なところかと。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 03, 2013 at 07:46 PM

内輪の食い合いを避ける観点からいっても、それぐらいの間は置きますよね。
70D の姿が明確になったことで、7D 後継機への期待が高まったというとこかなあと。なんてことを銀座のスタッフにも話してしまったのですが (笑)

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 03, 2013 at 09:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/57709920

Listed below are links to weblogs that reference 今後の EOS DIGITAL の代替構想:

« 北海道遠征で役に立ったもの | Main | 2013 年 7 月のお仕事・その 1 »