« エコタイヤの意外な効能 | Main | メキシカンバーガー@ベッカーズ [御徒町] »

Jul 07, 2013

電車の認知度

北海道遠征で役に立ったもの」で、ぼろねこ 2K さんからいただいたコメントで思い出した話。

小田急 1000 形がデビューした頃、沿線在住の従姉妹 (特に鉄道に興味があるわけではない) が、その小田急 1000 形のことを指して、

 

「あー、あの "小田急の東横線"」

 

当時、首都圏でステンレス車といえば東急ぐらいだったので、「ステンレス車 = 東急」という刷り込みが根強かったのだなあ、と再認識した出来事。ところで、同じ東急の田園都市線や大井町線の立場は ? (目蒲線・池上線は、まだグリーン車が残っていたと思う)

|

« エコタイヤの意外な効能 | Main | メキシカンバーガー@ベッカーズ [御徒町] »

Comments

管理人様、こんにちは。

私が子供の頃は、関東地方ではステンレスカー=東急東横線でしたね。その昔、親戚が東横線の沿線に住んでいて、そこへ行くとき、ステンレスカーに乗りたいと駄々をこねていたのを思い出しました。

Posted by: ブリンデン | Jul 07, 2013 at 02:08 PM

それが今では、ステンレスカーが当たり前。首都圏だと、アルミ車は東武・西武・メトロぐらいでしょうか。変われば変わるものですが、ステンレスカーの製造技術確立や軽量化に努力した東急車輌にしてみれば、「報われた」となるでしょうか。

小田急は 1000 形を入れた当初、鋼製車との差違が目立たないように、コルゲートがないビードプレスだけの車体にしたり、前面のデザインや構造に工夫したりしたようです。ケイプアイボリーとシルバーの差だけはどうにもなりませんけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 07, 2013 at 03:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/57740859

Listed below are links to weblogs that reference 電車の認知度:

« エコタイヤの意外な効能 | Main | メキシカンバーガー@ベッカーズ [御徒町] »