« 山形出動ネタ・その 3 [臨時列車の悲哀] | Main | 文字化け »

Aug 15, 2013

最近読んだ本 : 〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊

正式なタイトルは「〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊――日米兵士が見た太平洋戦争」。これはいい本でした。

えらくきっちりと論理展開してくるなあと思ったら、もともと論文として書いたものなのだそうで、納得。

太平洋戦争で対峙した日米両軍の兵士の、内面についてうかがい知れれば… というつもりで買ったのですが、徴兵制度の違いなどを通じた軍と社会との関係・関わりといった面に踏み込んでいて、それがすごくいい勉強になりました。

そこのところの土台を用意した上で本題の話に展開しているので、話がスッと入ってきます。

あと、本題からはちょっと外れるかも知れませんけれど、「統率」とか「リーダーシップ」とかいった視点でも、参考になるところの多かった一冊。しかしやはり、自分には「部下を動かして何かをやる」ということができる気がしない…

|

« 山形出動ネタ・その 3 [臨時列車の悲哀] | Main | 文字化け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/57997354

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 : 〈玉砕〉の軍隊、〈生還〉の軍隊:

« 山形出動ネタ・その 3 [臨時列車の悲哀] | Main | 文字化け »