« J10 でトラブル | Main | 朝ごはん@ルートイン »

Sep 11, 2013

続々・シリア情勢

ロシアとシリアの外相会談で「化学兵器を差し出せば攻撃回避の可能性が」なんて話が出てきてますが。

字面でいろいろ書き連ねても訳が分からなくなりそうなので、箇条書きにしてみた次第。

  • 米英仏 : 「化学兵器の使用を看過した」といわれる事態は避けたい。特にアメリカの場合、国内政治の観点からいっても、"何かする" 必要がある。ただし、(明言はできないけど) シリア現体制の維持は許容する考えなのでは。というより、そこまで深入りするつもりもリソースもない
  • ロシア : シリア現体制の維持。欧米諸国が、そのシリアで好き勝手にする事態は阻止したいし、拠点の喪失も避けたい。ただし、だからといって欧米諸国と真正面からガチンコ対立するところまで踏み込めるかどうか。シリアのためにそこまでするか ?
  • 湾岸アラブ諸国 : 宗派争いやイランの勢力伸長阻止といった観点からすると、現体制は潰したいところ。しかし、直接介入するつもりはなくて、あくまで反政府勢力まかせ
  • イラン : それとは反対の立場。それにシリアが仲間でなくなると足がかりがなくなって、ヒズボラを鉄砲玉にしたイスラエル叩きは難しくなる
  • シリア政府 : 現体制の維持はなにがなんでも譲れないところ。逆にいえば、それが保障されれば多少の譲歩は可能かも ?

問題は、化学兵器の引き渡しが実現したとして、すべてを差し出したことを立証できるかどうか。あと、シリアがロシアに対してなにかしらの代償を求める可能性が高くて、それはおそらく、通常兵器の供給維持・強化になるだろうということ。

結局、国際政治の狭間で割を食うのは反政府勢力という図式になるんじゃないか、という私の見解は変わらないです。はい。

|

« J10 でトラブル | Main | 朝ごはん@ルートイン »

Comments

結局、国外のどの勢力も直接踏み込むだけの度胸とリソースは無いでしょうから、上記のレベルに落ち着くでしょうね。
つか、化学兵器をダシに米露のナワバリをはっきりさせただけですよね。

Posted by: きっど | Sep 11, 2013 at 11:59 PM

今の状況のままでいいとは思わなくても、潰したら潰したで「後釜をどうするのか」「再建までコミットできるのか」「無政府状態でカオスになるのは勘弁」と考え始めると弱気になってしまい、結果として「大人しくしてくれてれば現政権のままでも」というところに落ち着いてしまうのでしょう。

Posted by: 井上@Kojii.net | Sep 12, 2013 at 08:56 AM

9日にロシアのラブロフ外相が化学兵器廃棄を提案して、
10日に安倍首相がプーチン大統領との電話会談で、同提案支持ってのはえらい早いなと思いました。
実際の言葉は条件付き支持のようですが。

米露が北風と太陽をやっているようには思えないですね。
6か国協議の構図とシリアは違うようですね。

Posted by: しまだ | Sep 12, 2013 at 12:28 PM

思えないですね。むしろ、米欧露のメンツ争いと覇権争いと勢力圏争いの狭間でシリアの政権と反政府勢力が弄ばれている、という方が実態に近いかも知れません。

Posted by: 井上@Kojii.net | Sep 12, 2013 at 02:46 PM

ミーハーなんで佐藤優氏の解説を聞いて見ると
http://www.youtube.com/watch?v=3TRgZhB5TVc

・イラン
自国経済制裁下でシリアは重要な窓口

・ロシア
GRUを通じた兵器輸出の売掛けが沢山残っている。
リビアの市場がなくなった今、シリアの兵器市場(闇市場を含めて)を失いたくない。
シリアにはチェチェン人・チェルケス人など、ロシア帝国からオスマントルコに亡命したコーカサス系が住んでいる。このルートでアルカイダ系が浸透することを警戒している。
(ソチ五輪が終わるまで穏便に?)

・フランス
反体制派を煽ってきた。アラブ・イランのパイプラインの経由地であるシリアを再び影響圏にしたい帝国主義的野望。

-----

経済的側面を語られると妙に納得してしまいます。
いつにもましてプーチンの迫力がすごい理由がわかるような気がしますね。
米英は今回はナイーブだったんでしょうか。

Posted by: しまだ | Sep 16, 2013 at 05:03 AM

ロシアが「アルカイダ系などのテロ組織の聖域ができると困る」と考えているのは、アフガニスタンも同じなんですよね。だから、ISAF 完全撤収で「あとはアフガニスタン政府でなんとかしてくれ」となって、それで荒れるとロシアも困る。

戦争って政治的・経済的側面を伴うのが基本なんですけれど、「戦争を起こしたい輩がいるから戦争が起きる」論者の人は、そこのところを根本的に見間違えていると思います。

Posted by: 井上@Kojii.net | Sep 16, 2013 at 08:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/58169695

Listed below are links to weblogs that reference 続々・シリア情勢:

« J10 でトラブル | Main | 朝ごはん@ルートイン »