« 機動戦闘車と C4ISTAR に関する徒然 | Main | シリア情勢を見ていて思ったこと »

Oct 18, 2013

バッテリ兵器

昨日、唐突に思い出した話をひとつ。

携帯 SAM を動作させるには電源が要るわけですが、普通は発射機に内蔵する小型のバッテリを使ってます。そうでないと携帯できないミサイルになっちゃいます。

このバッテリにも当然ながら寿命があるわけで、寿命が来て使えなくなれば、その SAM も使えない状態になるはず。OEF が始まった際に、「過去にムジャヒディーンに供与した FIM-92 Stinger が脅威要因になるのでは」と騒がれたものの、実際にはさほどのことでもなかった理由がこれ。

ところが。確かシリアでの話だったと思うんですが、SAM に付属するバッテリが使えなくなったら、自動車用のバッテリを持ってきて所要の電圧が得られるように改造して、代用品に使っている事例があるんだとか。

確かに、充分な電流がある「直流××ボルトの電気」さえ供給できれば用は足りるわけで、電源が正規品のバッテリだろうが自動車用のバッテリだろうが、はたまた eneloop だろうが構わないはず。

もちろん、自動車用の鉛蓄電池なんて持ち歩いたら携帯性は悪いですが、そこはそれ、「ミサイルを運ぶ人」と「バッテリを運ぶ人」がセットになれば、なんとかなりそう。

しかし、だからといって「自動車用の鉛蓄電池を輸出規制しろ」というわけにも行かないし。武器がらみの規制は難しいという一例。

|

« 機動戦闘車と C4ISTAR に関する徒然 | Main | シリア情勢を見ていて思ったこと »

Comments

確かに、技術や製品の「応用(悪用)」や、「目的外使用」を全て抑止するというのは、現実的にはかなり困難ですよね。

NBC兵器ですら、クリティカルな部分はともかく、関連する資材等については、民生用の製品でかなりの部分をカバーできるようですし。(キャッチオール規制等もありますが)

そういえば、何年も前にJanesの「Strategic Weapon Systems」の北朝鮮のスカッドおよびノドンの項で、「TEL車両には、主に旧ソ連製のMAZ543が使用されているとみられるが、一部は日野、MANおよびメルセデス社製の車両が使用されているとみられている。」という記述を読んで、驚いた記憶があります。

Posted by: kestrel | Oct 18, 2013 at 10:04 AM

ちょっとした電気系の知識さえあれば、そういった回路も作ってしまえるでしょうし、その内セルを並べた「サードパーティー製ミサイル用電池」なるものが闇市場で出回ったりして。

某DMZコンビニ漫画で、「コンビニの商品はIEDの材料だらけじゃないか!」とキレる軍人の話がありましたが、戦い方の多様化で民生と軍事の境目はどんどん消えていくんだなぁ、と思った次第。

Posted by: TBSH | Oct 18, 2013 at 11:16 AM

大物では車両、中ぐらいのところではバッテリ、そしてアフガニスタンで御禁制品に指定された化学肥料の硝酸アンモニウムなど、武器転用が可能な品物って、それこそもう「掃いて捨てるほど」あるんですよね。それを全部規制しろ、追跡しろといっても無理な相談で、割り切るか諦めるしかない部分が出てくると思います。

だから、特にクリティカルな品目に限定して手を打つのが現実的な対応、といえるんじゃないでしょうか。

Posted by: 井上@Kojii.net | Oct 18, 2013 at 03:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/58406392

Listed below are links to weblogs that reference バッテリ兵器:

« 機動戦闘車と C4ISTAR に関する徒然 | Main | シリア情勢を見ていて思ったこと »