« 青森旅行記 (2) | Main | 青森旅行記 (4) ほたて丼@おさない [青森] »

Feb 14, 2014

青森旅行記 (3)

「青森旅行記 (1) (2)」の続き。

そんなこんなで、ストーブ列車は定刻に津軽中里に到着。実はここで「機回しを撮ってから改札を出て切符を買うべきか、先に切符を買ってから機回しを見るべきか」と思案していたけれど、到着したらたちまち機回しが始まったので、まずはそちらを優先。

送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

構内なのに、妙に速い速度で反対方向に移動していたのには、ちょっとビックリ。そして、機回しと連結を見届けたところで改札を出て、帰りの切符を買った。なるほど硬券である。

             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

あと、一応は外に出て駅舎の写真ぐらいは撮って、ついでに「使用済み硬券セット」(10 枚組 100JPY) を購入。

駅にやたらと人がいてビビったのだけれど、これは「クラブツーリズム」か何かの団体さんで、2 両ある客車のうち片方に集中。他方のハコは一般客向けで、比較的空いた状態で出発。ただし、金木でワッと乗ってきたので、一般車も座席はほぼ満員に。

といったところで、車内の「レトロネタ」を二点。懐かしの手ブレーキと、懐かしの温度計。

             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)
             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

そんな状態で津軽五所川原に着いて、ストーブ列車の煙突、側線にいる廃車体、ラッセル車、それと無蓋貨車を撮っているうちに、「まてよ、乗り換える五能線って何時だったっけ ?」と思って時刻表を確認したら、なんと 1 分後

             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)
             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

あわてて同行者に声をかけて、ホームをダッシュして階段を駆け上がって駆け下りて、無事に五能線の 831D に乗車。「キハ40-574 + キハ40-533 (川部→)」、つまり往路に乗った 2830D の後半分。

これは定時に川部に着いて、乗り継ぐ 667M も定時に発車。「N-104 + N-26 (青森→)」というメンツで、なんのこたーない、先に遅れてきた 656M と同じ編成だった。

青森に着いたら、ちょうど「リゾートビューあすなろ」が 2 番線にいたので、対向側の 3 番線に移動。ただし三脚を立てている時間がなさそうだったので、手持ちでいろいろやっているうちに出て行ってしまった。うーん、ちゃんと三脚を立てて撮りたかったなぁ。

             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

気を取り直して三脚を立てて、ベイブリッジや、後から 2 番線に現れた青い森 701 をスローシャッターでパチパチやって、撤収 & 投宿。

             
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

|

« 青森旅行記 (2) | Main | 青森旅行記 (4) ほたて丼@おさない [青森] »

Comments

現在、中央本線・相模湖駅で115系内で雪隠詰めで、寒くて腹が減って暇なのですが、それはともかく本題。

津軽五所川原駅のキ100も骨董品ですが、廃客車は「ナハフ」を付けていますが、西武鉄道のクハが種車だったりする骨董品です。正直、いつ解体されてもおかしくない状況かと。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Feb 14, 2014 at 08:55 PM

相模湖駅の駅情報を確認したら、売店もコンビニもないんですね。自販機では飲み物ぐらいしか調達できないし…

あの車体の傷み方からいって、確かにいつ解体されても不思議はないですよね。ただ、解体するにも費用がかかるので、それを捻出できないと、現状のまま朽ち果て続けることになるかも…

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 14, 2014 at 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/59130028

Listed below are links to weblogs that reference 青森旅行記 (3):

« 青森旅行記 (2) | Main | 青森旅行記 (4) ほたて丼@おさない [青森] »