« ダイヤの乱れと (以下略) | Main | 青森旅行記 (6) »

Feb 17, 2014

青森旅行記 (5)

「青森旅行記 (1) (2) (3) (4)」の続き。

明けて 2 月 10 日。「曇」との予想に反して晴れ間がのぞく天候。運行情報をチェックしたら、下り「あけぼの」はちゃんと定時で走っている模様。前日のホタテ丼がズドンと来たので、朝飯はやや控えめに (?)。

IMGP5865_PD

それからチェックアウトして駅に向かい、07:37 発の 640M (N13 編成) で新青森に移動。

少し、待合室で時間をつぶしてから東口を出て、08:00 の営業開始に合わせて、新幹線高架下の駅レンタカーの営業所に。K クラスで予約を入れていたら、ワゴン R (四代目) が出てきた。昨夏に大曲で借りたダイハツ・ムーヴよりも CVT の動きが良くて、運転しやすかったと思う。

IMGP6012

借り出し手続きを済ませて荷物を積み込んで、さっそく出動。まず出向いた先は、鶴ヶ坂-津軽新城間の有名お立ち台・白旗野陸橋。先客 5 名。

送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

空きスペースに三脚を立てて、DA★60-250mm とリモートレリーズをセットした K-5 を据え付けて、ライブビュー + MF でピンを合わせて、露出をセットして準備完了。まず撮った被写体は以下の面々。

  • 8632D リゾートしらかみ2号 (くまげら) ※下の 1 枚目
  • 637M (701 系 N8)
  • 3825D 深浦 ※下の 2 枚目
  • 644M (701 系 N8) ※遅延 ?
  • 639M (701 系 N101) ※下の 3 枚目
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

N101 編成は 701 系 100 番台で唯一の 3 連。以前から狙っていたけれど、なにせ運用把握は至難の業なので、ここで捕まえられたのはラッキー。

なんてやっている間に、まず 1 名、さらに 1 名、「あけぼの」接近直前に 3 名が加わり、合計 12 名の陣容に。白旗野がこれでは、白沢-陣場のお立ち台はどんなことになっていたことやら。

途中、断続的に雲がかかってヒヤヒヤしたものの、本命の 2021レ (あけぼの) が来たときにはちゃんと晴れた (12 月のときは「あけぼの」接近に合わせて吹雪いたので逆である)。しかも、前回みたいに 3 時間遅れなんてことはなくて、定時で。

もちろんバッチリ撮れた。珍しく、盛大に連写しておいて、後から少し間引いた。

送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

「あけぼの」が走り去った途端に 10 名が撤収してしまい、残ったのは我々 2 名のみ (苦笑)。それでも居残ったのは、2044M (つがる4号) も撮っておきたかったから。E751 系 A-102 編成だった。

送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)
送信者 青森撮影旅行 (2014/2/9-10)

|

« ダイヤの乱れと (以下略) | Main | 青森旅行記 (6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/59145473

Listed below are links to weblogs that reference 青森旅行記 (5):

« ダイヤの乱れと (以下略) | Main | 青森旅行記 (6) »