« 2014 年 2 月のお仕事・その 5 | Main | SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC »

Feb 24, 2014

上野駅で見かけたもの

その一。「八甲田山死の彷徨 (新潮文庫) 」につけられていた POP。

送信者 ネタ写真

大雪のときにこの本を読むなんて、洒落になっていませんがな…

その二。特急乗場に通じる中間改札にあった、常磐線特急の車種変更を知らせる張り紙。

送信者 ネタ写真

「E651 系」なんて知らんぞ !

|

« 2014 年 2 月のお仕事・その 5 | Main | SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC »

Comments

大雪の日に、孤高の人や富士山頂を読むのどうかと思うので、
ここは一つ、霧の子孫で手を打ちましょう。

扶桑の人だとか剱岳だけだとか、そんなの知りません。(棒

ところで御殿場某所の施設に、新田次郎氏が取材に使っていた
カメラ兵器が展示されていますが、あれって今のMFカメラと比べたら、
使用できるフィルム以外は仕様が違うんですかねぇ?
そこら辺が良く分かりませぬに。

Posted by: SCARFACE1 | Feb 24, 2014 at 07:21 PM

阿曽原温泉小屋に泊った晩に「高熱隧道」という、洒落にならない組み合わせもありそう (やめんかコラ)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 25, 2014 at 11:36 AM

某黒部・立山アルペンルートに行った際に、
ダムのレストハウスに『黒部の太陽』が置いてあったり、
ロープウェイ駅の待合室モニターに『剱岳~点の記~』の
映画予告編映像が流れていた事を思い出したのは・・・・・。

流石に中央アルプスの伊那駒ヶ岳山頂部にある山小屋や、
ロープウェイの千畳敷駅に寄った時は、
『聖職の碑』は置いてありませんでしたが、
某道の駅などには、『富士山頂』と『扶桑の人』が置いてありましたね。

闇の陰謀団北関東支部の方々にとっては、
谷川岳や尾瀬湿原関係書籍の方が馴染み深いんでしょうけど・・・・。

Posted by: SCARFACE1 | Feb 25, 2014 at 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2014 年 2 月のお仕事・その 5 | Main | SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC »