« 先手必勝 | Main | レヴォーグを見てきた »

May 28, 2014

アーバンディスガイズ 35 V2.0 (その 1・調達)

ショルダーベルトを替えたと思ったら こんな事態 になってしまったので、思案の結果、代替品を調達。機材を入れて使っている最中にバラバラになられても困りますし。

で、思案の結果として選んだのが、アーバンディスガイズ 35 V2.0 (Urban Disguise 35 V2.0)

これ、縦型でノート PC 収納スペース付きという珍品。でも、縦型ということはそれだけ横幅が小さいということで、まわりの人にぶつける可能性が少なくなるし、軍艦のラッタルを上り下りする際にも具合がいいんじゃないかなぁと。

そもそも、どうしてアーバンディスガイズにしたかといえば、「ノート PC 用のスペースがあり、かつ、そこそこの厚みを備える」というのが大きいです。MacBook を使ってる人には関係ない話ですけど、J10 って意外と分厚いですから。あと、見た目がビジネスバッグっぽいのもポイント。

ノート PC が入るアーバンディスガイズというと「60」と「50」もありますけど、「60」はデカ過ぎ。「60」にしないと入らないほど機材があるなら、はなから GW-PRO を持って行きますってば。

そんなわけで「50」が本命だったのですが、「35」だとバッテリーグリップ付きのボディでも入ると知って、さらに現物合わせをやった結果、大逆転。もしもキャパを増やす必要が生じたときには、オプションのアタッチメントストラップを追加すればポーチをひとつ増設できるので、それなら「35」でもいいかと。

これで、標準ズーム付きのボディに加えてレンズ 1 本と外付けフラッシュ、あるいは大きめのレンズ 1 本と小さめのレンズ 1 本、という組み合わせが可能。縦長だから、ボディに標準ズームや広角ズームを付けた状態で収容して、さらにその下に小柄な単焦点ぐらいは入ってしまうのが便利。

|

« 先手必勝 | Main | レヴォーグを見てきた »

Comments

 これ、ザックではなくショルダーなんですか? 実は私はここ10年、ずっとザック型のカメラバッグを使っています。一眼は望遠が付いたままサクッと縦に仕舞えるし、パソコンも雑誌も外側のポケットに楽々入るしで、これを横長のショルダーで実現しようとしたらとんでもない不格好&邪魔になるので、見た眼はともかく、便利に使っています。
 撮影している時なんて、どうせ身体のバランスを崩すから、ショルダーは足下に置く羽目になるけど、ザックなら背負ったまま撮れるしで。

Posted by: えいじ | May 29, 2014 at 09:55 PM

ええ、世にも珍しい縦型のショルダーです。オプションのベルトを買うとリュックにもなるみたいですけれど。

リュックだと速写性に劣るので、基本的にはショルダーにする方針なのでした。アーバンディスガイズ 35 だと、縦グリ付きの 7D に望遠ズームを付けて、そのまま縦に突っ込むことができますし。

詳しいことはおいおい別エントリで書くつもりですが、このサイズだと、あまり空間余裕はないです。だから、雑誌や書類まで詰め込むのはちょっと難しいですね。ノート PC は収納スペースがありますけれど。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 29, 2014 at 10:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/59720352

Listed below are links to weblogs that reference アーバンディスガイズ 35 V2.0 (その 1・調達):

« 先手必勝 | Main | レヴォーグを見てきた »