« September 2014 | Main | November 2014 »

October 2014

Oct 30, 2014

最近読んだ本 : 鉄道と戦争の世界史

はい、まんまタイトル通りの中身です。戦争に際して鉄道がどう関わり、どう影響したか、についてまとめた本です。

こういうテーマに真正面から取り組んだ本は、ありそうでありません。そもそも、鉄道と戦史の両方に通暁した書き手があまり多くない、という事情もあるでしょう。そういう事情もあって、読んでいて面白く、「確かにそうだ」とか「目からウロコ」的な話がいろいろ。

ただ、読んでいて、内容がスッと頭に入ってこないことがしばしば。それでよくよく考えてみると、文体が良くないですね。ひとつの文章に複数の話を詰め込む傾向があるようで、それが読みにくさを感じさせているのではないかと。あと、訳語にも微妙に不自然なところがあって、それも惜しまれるところ。

とはいえ、鉄道と戦争の関わりについて知りたいという向きには、御一読をお薦めします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 29, 2014

モバイルバッテリを買ってみた

うちの dynabook tab S38、本来なら 8 時間ぐらいはバッテリが保つはずですが、外付けのデータ通信アダプタを使うとそっちに電力を食われて、持続時間が半分ぐらいに減ってしまいます。

短時間の外出なら困りませんが、長時間になるとちょっと不安。どのみち、原稿を書く場面ではタブレットじゃなくて J10 を連れて行くのですが、タブレットだけ持って長時間外出という可能性もあるし。

ということで、話の種に (そして blog のネタに) モバイルバッテリをひとつ調達してみました。

IMG_1164

Continue reading "モバイルバッテリを買ってみた"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 28, 2014

水量計

先日に乗った「北斗星」のオハネフ 25 215 で、洗面台の左側をヒョイと見てみると、こういうものが。

_5D32507s

こういうアイテムが乗客から見えるところにむき出しで付いているところといい、その水量計自体のデザインや作りといい、1960 年代感覚の発露という気がしました。はい。

デッキまわりも 1960 年代感覚があふれてたし、なんかタイムスリップしたような感覚。その前に乗っていた、非冷房 711 系もそうでしたけど、ひょっとして今回の北海道行きって「タイムスリップ旅行」だったのかしらん。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Oct 25, 2014

アルツと猫魔

今日はスイカマークの A330 で羽田から千歳に飛んだのですが…

これに限らず、飛行機で窓側の席に座っていると、「いま、どの辺を飛んでるんだろう」といって地上の目標物を探してしまうのが常。つまり、一種の地文航法。

そして今回、見つけた目標物がこれ。

_5D32176s

スキー場って、コースの形に合わせて木が切られているので、上空から見ると (コースレイアウトさえ分かっていれば) どこのスキー場なのか分かります。で、上の写真は左がアルツ磐梯、右が猫魔。

この 2 つのスキー場が同じ山の南北に位置しているのは知っていましたが、こうやって上空から見下ろすと、その近さを実感。なるほど、これなら両者を連結するのもアリかも、と思ったけれど、費用対効果を考えると無理かな。

あと、ダムもいろいろ見えましたけれど、さすがにダム湖の形まで覚えていませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2014

横須賀 SRF の求人

先日、電車の中で見かけた「求人イベント」の広告。

IMG_1122s

私の古巣だとか、おなじみの大手企業の名前に混じって、「米海軍横須賀基地艦船修理廠」なんていう名前があったので ( Д) ゚ ゚ ポカーン
最近の横須賀 SRF は、こういう場を使って人を探してるんだ…

ちなみに、湾岸戦争の少し後で仕事が急増して人不足になり、あの手この手で求人していたこともありましたっけ。

でも、米軍施設で働く、それも大事な艦船を預ける仕事となると、なにがしかの身元調査や保安面のチェックも必要になるはずで、人集めは簡単ではないような気がいたしますね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 23, 2014

2014 年 10 月のお仕事・その 5

続きましては「Jwings」。いつもの「月刊 F-35」と、なんだか最近すっかりレギュラー化した感のある「わく ! わく ! 日本の新装備」で ALMDS を。

今月号の「月刊 F-35」は、オーストラリア向けの機体 (AU-1) が進空するイベントがあったので、普段よりも盛り上がったかも。

ところで、ALMDS の読みって「あるむず」でいいのかしらん ? あと、JASSM って「じゃっすむ」って読んでしまっていいのかなあ ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 22, 2014

最近読んだ本 : インドネシア鉄道の旅

タイトルだけ見ると「インドネシア鉄道紀行」みたいなものを想像するんですが、中身はもっと硬派。

もちろん、実際にあちこちの路線を訪ね歩いたときの話はたくさん出てくるんですが、それだけでは終わらず、形式付番のルール、車輌の紹介、時刻表まで出てきます。

でも、ただの紀行文の集合体よりも、「鉄分」の濃い人にはこういう仕立ての方が楽しめそう。「インドネシアの鉄道についてオーバービューを把握するためのリファレンス」とでもいえそうな一冊。

もちろん、日本人にとってのインドネシアのお約束といえば「ジャボデタベックの中古電車」ですが、それだってしっかり取り上げられています。

ただ、ひととおり目を通してみると、「こりゃ大変だなあ」というのが正直なところ。インドネシアといえば人口の多さで有数ですけれど、それを支える交通インフラとしては、まだまだ発展途上で改善を要する部分が多そう。高速鉄道とかどうとかいう前に、底上げの必要があるんじゃないかなあと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 21, 2014

2014 年 10 月のお仕事・その 4

お次は「新幹線 EX」。今月はクインティプルヘッダーで、

  • 徹底解説 E3 系山形転用改造車
  • 第一特集 : 0 系進化の過程
  • 第二特集 : 東海道新幹線 関ヶ原エリアの雪対策
  • 新幹線 50 周年記念インタビュー 東洋電機製造
  • 連載「システム考察」

を担当。

「第一特集」の 0 系の記事は、特にメカ的な話で貴重な話が多いかも。これを書いていたとき、病院で「自宅に帰らないとトイレ逆流事件の顛末を確認できない~」とジタバタ・イライラしたという秘話が。

一方、その前に出てくる E3 の改造車に関する記事は、他誌では書いていないところまでトコトン掘り下げたネタが満載。14 号車 2 番 CD 席の話まで気付いて書いた雑誌、他にあったかな ?

で、この辺の記事を書くのに、病室まで紙やメールで資料がドカスカ送られてきたというね…

9 月に退院早々、いきなり秋田方面に出張ったのは、この号の「システム考察」のために補足の現地調査が必要になったから。そのついでに山形で一泊して E3 の走り写真を大量に撮ってきたんですが、その際に問題の LR 改造車・L54 編成に遭遇できたので、その写真も誌面で使ってもらいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 20, 2014

2014 年 10 月のお仕事・その 3

これは「物書き系」のお仕事ではありません。

今日は、SMBC 日興證券の機関投資家向けセミナーで、「武器輸出三原則の緩和と日の丸防衛産業の今後」についてお話しする、というお仕事があって、丸の内まで行ってきました。

丸の内というとボーイング・ジャパンもあるので、まるで馴染みのない場所というわけではないのですが、周りを見渡すと「なんか違う世界の住人ばかりだなあ」と思うことしきり。しかも、新丸ビルのロビーに入ると、でかいテレビで Bloomberg をずっと流してるというね。

それはともかく、喋った内容について満足していただけたのかなあと。そこがいちばん気がかりなところ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 19, 2014

2014 年 10 月のお仕事・その 2

お次は「航空ファン」。連載「軍用機のミッション・システム」は、今回で最後です。ということで、過去に取り上げてきていなかった分野の機体についてまとめたほか、過去にスペースの関係で収まらなかった話を「補遺」ということでまとめてみました。

これで連載はいったん終わりですが、何か単発の記事で出てくることはあるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2014

入院中の「あれが足りない、これが足りない」

もともとそのつもりだったとしても、あるいは私のように予定外に長引いた場合でも、長期入院になると、意外なところで「あれが足りない、これが足りない」が出てくるもの。

一般論として「こういうモノが要るだろう」というのは、ある程度の想定ができるのですが、それとは別に、意外なところに落とし穴が。

たとえば、爪切りとか耳かきとか。あと、着替えを持ち込んで洗濯していれば洗剤が要りますし、シャンプー・石鹸の類も必須の消耗品。あると便利なウェットティッシュもしかり。暇つぶしアイテムの本や雑誌やゲームが欲しい、というのもありそうな話。

あと、ここを御覧になっているような方ならノート PC やタブレットやスマートフォンを持ち込むことが多いでしょう。それらと組み合わせる電源アダプタやネット接続環境は当然として、電気製品をいろいろ持ち込めばテーブルタップが必要になるかも。実際、電源コンセントを使い尽くすぐらい、いろいろと電気製品を持ち込んでいた人もいましたし。

さらに、忘れたくないのがクレジットカード。ネット通販で送付先を病室に指定してしまえば、足りないモノの入手がグッと楽になります。
ヨドバシでも Amazon でも病院宛の送付に問題はありませんでした。ただ、すでにカード情報を登録してあっても、送付先を追加指定する際にはクレジットカード番号の再指定が必要になるので、手元にカードがないとどうにもなりません。

大きな病院になれば中に売店やコンビニが入っていて、そこでいろいろ調達できます。でも、値段が高めだったり、好みの品物がなかったり、というのはありがちな話。そこでネット通販ですよ、というわけ。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Oct 17, 2014

EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

「そーいえば、まだ使用感なんかを書いていなかったなあ」ということで。

すでに新車取材や J-TREC 新津の一般公開なんかに持ち込んで、いろいろ撮ってみています。通常は F8 まで絞って撮っているので、開放のときの写りについてはよく分かりません。すみません。

一方で、F8 まで絞ったときの写りはなかなかのもので、値段を考えれば満足度は高いです。超広角ですから、かなり寄ったところから VVVF インバータ装置をフルに収めることもできます。

送信者 EFレンズ撮影サンプル

これが 18-135mm の標準ズームだと、どう逆立ちしても収まらないので、斜めの位置から撮った写真にならざるを得ません。新津に 10-18mm を持って行ったのは大正解。 運転台を含めた、車内撮りにも使いやすいレンズですね。

特に EOS 70D だとバリアングルと速いライブビューがあるので、従来なら苦労して撮っていたアングルの写真をサクッと撮れちゃいます。

でもって、STM のおかげで静かにスッとピンが合うので、動画を撮るときにも有用だと思います。

あと、気になるのはプラ製マウントの耐久性ですが、こればかりはしばらく使ってみないと、なんとも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 15, 2014

バックアップデータに救われた話

うちでは稼働中の全 PC について、週の半ばと週末に、それぞれ違う HDD に対してシステム イメージ バックアップをとることにしてます… おっと、タブレットだけ例外だった。

それはともかく。システム イメージだと、ソフトウェアの更新や各種の設定情報も含めてまるごと、迅速にリカバリできるので、たとえば HDD の載せ替えみたいな場面でも便利。

ただし、デスクトップ Windows のシステム イメージ バックアップはイメージ単位のリカバリしかできない ので、そこがちょっと不便(サーバ用はファイル単位で回復可能)。そのため、仕事用本務機については、一日に一回は外付けポータブル HDD にデータだけコピーをとることにしてます。

6 月に突如として入院させられたとき、このポータブル HDD は忘れずに持ち出したので、病院にいても過去のデータや資料類はすべて参照可能となり、これでだいぶ救われたような。

って、そこまでして病院で仕事をするのか… っていうツッコミは出てくるでしょうけれど、ヒマだったんだもん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 14, 2014

2014 年 10 月のお仕事・その 1

あれ、12 月号じゃなくて 11 月号に載ったのか… となった「軍事研究」。この雑誌としては珍しいことかも知れませんが、今回の中華イージス考察記事は、計算式がゾロゾロ出てくる記事です。

といっても四則演算とべき乗ぐらいなので、Windows の電卓があれば実際に試せます。というか、記事を書くときにも Windows の電卓を使ってたし

ちょうどこの記事、入院中にコンセプトを立ててせっせと書いていたので、まさに「病室から送り出された記事」ということになってしまいました。「航空ファン」も「Jwings」も「丸」も、病室でせっせと原稿を書いていたおかげで連載に穴をあけずに済んだのは、ホントの話です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2014

その後の EOS 70D とアーバンディスガイズ 35 V2.0

最近、意識的に、EOS 70D とアーバンディスガイズ 35 V2.0 の組み合わせでお出かけする機会を増やしています。土曜日の J-TREC 新津も、日曜の吾妻線もそう。やっぱり、バリバリ使い込んでみないと真価は分かりませんし。

で、アーバンディスガイズ 35 V2.0。やや厚ぼったいものの、これはノート PC 収納スペースがあるから仕方ないところ。フットプリントがコンパクトで、混んだ電車の中でも邪魔にならないのは以前にも書いた通り。

ただ、使っていると案外と重さを感じてしまうのですね。本体だけで 1.2-1.4kg あるので、あれこれ詰め込んでいると、たちまち 5kg ぐらいになっちゃうわけです。それでもビクともしない丈夫さを備えていますけれど、バッグより先に自分の肩がまいってしまいそうなので、少し軽量化を考えないと。

といっても、もともとそんなにいろいろ詰め込んでいるわけではないので、外すものにも限度があるような…

あと、A4 サイズの書類が一応は入るものの、あまりたくさん入らないので、資料類をいっぱいもらったときは少し手こずってます。

EOS 70D の方は、バリアングル液晶と、高速化したライブビューの AF が見込み通りの大活躍。新津ではこんな写真を撮りましたけれど、これ、液晶を展開したカメラを手で持って差し出した状態で撮ったもの。自分の足はロープより外に出てません :-)

IMG_0735_DPs

実はなにげなく便利なのが、ライブビュー時に液晶画面でタッチした場所にスッと測距点を移動できること。さらにタッチシャッターをオンにすると、測距点の移動とレリーズを一度にできますけれど、よほどガッチリとホールドしていないと構図が崩れます。だから、タッチシャッターはオフに戻して使ってます。

もちろん、ハイアングルやローアングルも楽勝、新車取材で床下にカメラを突っ込むのも楽勝。ただし、カメラをどっちに向けると構図がどう変化するかが分からなくなってこんがらかるのは、バリアングルの泣き所。

高感度性能も EOS 7D や EOS 60D より良くなってるような気がするけれど、上に EOS 5D Mark III がいて目が肥えてしまっているので、あまり突っ込まないことにします (ぇ

連写速度や AI サーボの食い付きは良好。ただ、連写可能枚数が少なめ (RAW + JPEG/L で 7 枚) なところは EOS 7D に差をつけられてます。美味しいところだけ数コマ撮る程度という使い方が多いので、そんなに困りませんけど。

そうそう。細かい話ですけれど、モードダイヤルを回したときのフィーリングが、ちょっと安っぽいような… あと、マルチサブ電子ダイヤルが EOS 60D より微妙に小さくなったようで、操作に少し難しさを感じることがあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 12, 2014

吾妻線の乗り直し

八ッ場ダム建設のための線路付け替えがあった、吾妻線の乗り直しに行ってきました。同じ用地の範囲内で立体化工事を行った場合なんかは乗り直しの対象にしていませんが、今回は線路の場所がガラッと変わってしまったので、乗り直さねばなるまい、と。

でも、実際に行ってみると大半がトンネルで、どうも「乗り直した感」に乏しかったのですけれど。

IMG_1056s
(長野原草津口のホーム先端から見た、線路切り替え地点)

ところが、普通に長野原あたりまで往復すると、6,000JPY ぐらいかかってしまいます。そこで、

  1. もうちょっと上積みすれば「週末パス」の金額になるよね
  2. 吾妻線だけでなく、別の場所へのお出かけも同じ週末に敢行すれば元が取れるよね
  3. そういえば、10/11 に J-TREC の新津事業所で一般公開があるよね

というわけで、「新津の J-TREC」と「吾妻線の乗り直し」を 1 枚の「週末パス」で片付けることにした次第。

切り替え区間を制覇するだけなら、長野原草津口まで往復すれば済むのですが、「せっかく行くんだから大前まで」と変な欲を出して、大前まで行ってきました。例によって、ここまでやってくるのは同類ばかり。

その大前駅を上り電車が出発するときに、踏切の警報機が鳴り出したところに車が一台。

IMG_1055s

一日に 10 回 (下り列車の到着と上り列車の出発の合計) しかないチャンス (?) を引き当てるとは、運がいいのか悪いのか…

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Oct 11, 2014

二代目サスケ君

J-TREC の新津事業所で一般公開があるというので、見物に行ってきました。

「西の広島、東の新潟」といわれているのかどうかは知りませんが、とにかく国鉄型の牙城といってよかった新潟に本格大量投入される新型車両・E129 系が公開されるというのも見どころ。

でも、個人的にもっとも見たかったのがこれ。

IMG_0717_DPs

サスケ君の存在はずっと前から知っていましたが、文章で書かれたものを読んでも、どういう動きをするメカなのか、いまひとつピンと来ていなくて。それで「これはやはり、現物を見ないとダメだ」と。

で、現物を見てみたら、これが面白いこと、面白いこと。

IMG_0704s
平らなステンレス板を受け取ってクランプに挟み…

IMG_0705s
所定の場所で所定の角度にサクッと曲げてみたり…

IMG_0711s
部材の向きを変えるために "踊って" みたり…

あと、画面の外側・左上付近にあるメカに部材を「預けて」、向きを変えて持ち直す、なんていう芸当も。いやー、これは面白い。これだけ見るために新津に行ってもいいんじゃないかというぐらい。

ただ、安全対策なのかフェンスに囲まれていて、見るにも撮影するにも、ちょっと邪魔くさいのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2014

月が欠ける~

昨夜の皆既月蝕から、一部分を抜粋。

IMG_0626IMG_0627IMG_0628
IMG_0629IMG_0630IMG_0631

本当なら、最初から最後まで同じ構図で撮るのが筋なのかも知れませんけれど、月をそれなりに大きく撮ろうと思って EOS 70D×EF 300mm F4L IS USM のコンビにしてしまったので、何回か「構図替え」をやる羽目に。その他の諸元は、ISO100、SS 1/50、F10。

自動でインターバル撮影できたら、もっといい連続写真になっただろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2014

紛らわしい頭文字略語

大統領 「イスラム国の拠点をスラムで攻撃せよ」

統合参謀本部議長 「はっ」

統合参謀本部議長 「大統領、SLAM のハズが間違えて SRAM を発射してしまったとの報告が入りました !」

大統領 「」

 

実のところ、AGM-69 SRAM (Short Range Attack Missile) は「すらむ」、AGM-84 SLAM (Stand-off Land Attack Missile) は「えすらむ」って読まれてたと記憶してるんですけれど。でも、もう AGM-69 は現役から外れているし発射母機もないので、上記のような間違いは起きません。たぶん。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Oct 06, 2014

スル関廃止 ?

スルッと KANSAI 廃止へ…後継に IC カード (讀賣)

磁気カードを止めるのはかまわないけれど、ヨソ者として気になるのは「2day チケット」「3day チケット」がどうなるのか。あれ、関西民鉄の乗り残しを一気に乗りつぶしたときに重宝したんだけどなあ。

そもそも PiTaPa のポストペイというシステムが「一見さん」には使いにくい… というより事実上は「使えない」といってよい代物だったのが問題。だったら、ここで新たな IC カードを持ち込むよりも、単に「プリペイド版 PiTaPa」を作れば済む話じゃないかという気もするのですけれど。

どうなんでしょうか、地元の皆様。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 05, 2014

登利平の唐揚弁当に生じた微妙な変化

同じ、アズ熊谷の登利平で買った唐揚弁当ですが、2 年前と比較すると、微妙な変化が。

これが 2 年前に購入したもの。

_MG_2602

これが先日に購入したもの。

_5D31840

何が違うのか。答えは「レモン」。2 年前は切ったレモンが入っていたんですが、今回は日本食研の袋入りに変わってました。

でも、レモン果汁を効率よくかけるという点では今回の方が優れていると思うので、個人的には、ネガティブな受け止め方はしていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 04, 2014

レール削正デモ@鷲宮保守基地一般公開

昨年に引き続き、鷲宮保守基地の一般公開に行ってきました。基本的には昨年と同様の内容でしたが、レール削正車が奥の方に引っ込められていたところ (デモのときだけ出てきた) と、タイタンパーがいなかったところは、去年より落ちるなあ…

そのレール削正車のデモ。去年はうまく写真を撮れなかったので、リトライ。失敗の原因は「シャッタースピードが速すぎて火花が軌跡にならない」と「露出オーバーで火花がよく見えない」の二点にあったので、今年は SS 1/10~1/15、露出補正 -4/3~-2/3 といったところで。

IMG_0601s 
これは SS 1/15、露出補正 -2/3。EOS 70D と EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM の組み合わせ。

相手が走りながら削正作業をやっているところに、SS を下げすぎたみたいで、かなりブレてます。でも、火花が飛んでる画は撮れました。SS 1/30 ぐらいでも行けるかも ?

ちなみに、架線延線車は作業台に登らせてもらえるので、トロリー線を手で握ってみることができます。もちろん、通電してたら握るどころか接近するだけで死んじゃいますが、ここでは通電していないので大丈夫。意外なほど細いので、ビックリすること請け合いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 03, 2014

チーズバーガー@I-Kousya [水道橋]

退院してから 1 ヶ月経ちましたが、まだ「病院では食べられそうにないモノを食べたい」状態は継続中。

今日は某社の皆さんと、水道橋の「I-Kousya」でハンバーガーをいただいてきました。私が「ここに行ってみたい」とリクエストしたのですが、皆さんに満足していただけたようで、ひと安心。

私がオーダーしたのは、チーズバーガー (1,050JPY, 税別)。これはレギュラーサイズでパティ 100g。このほか、150g の「ラージ」と 2 枚重ねの「ダブル」があります。んが、自分の少食ぶりを考慮して、レギュラーにした次第 (でも、これが失敗だったかも)。

パティとチーズだけ載せた「バラ」の状態で出てきました。この方が、野菜の水分が出て水っぽくなる事態を避けられるのかな ? 付け合わせは、厚切りのポテトチップ (これは珍しい) とピクルス。

IMG_0508s

Continue reading "チーズバーガー@I-Kousya [水道橋]"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 02, 2014

拙宅の無線 LAN

タブレット PC (dynabook tab S38) を導入すると、無線 LAN が必須になります。USB コネクタを使って有線 LAN に接続する手もあるんでしょうけれど、そうすると充電ができなくなるし、それに「何のために無線 LAN を内蔵してるんだ」って話になっちゃいますし。

ところが、うちではスピードを優先して有線の GbE で統一しているので、無線 LAN はプライオリティが低い状態。一応、道具立てはあるんですけれど、これがふざけた話で。

レンタルしている NEC の ADSL モデムに、なぜか PCMCIA スロットがついてます。そこに (保障外の使い方もいいところなんですが) 手持ちの NEC 製 WL54AG を突っ込んでみたら、あら不思議。設定画面で無線 LAN 関連の設定ができるようになったので、そこで所定の設定をして終了。

(たぶん、無線 LAN 対応モデルが別にあって、非対応モデルも共通化してコストを下げるために PCMCIA スロットをつけてあるんだと思う)

もちろん WL54AG ですから IEEE802.11a/b/g しか使えなくて、今となっては遅いのです。でも、タブレットが主役を張ってるわけじゃないし、Web ブラウズと電子メール程度ならこれでもいいかあ。ということで、IEEE802.11n 対応のアクセスポイントを調達する話は沙汰止みに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »