« October 2014 | Main | December 2014 »

November 2014

Nov 30, 2014

奥津軽いまべつ駅の工事現場

…に行ってきました。なんでわざわざ青森くんだりまで、それも工事現場に出向いたのかといえば。

ここでは、もともと海峡線が通っていたスペースを新幹線に明け渡したため、その両脇に狭軌線を増設しました (たぶん、新幹線が営業を始めた後は貨物列車の待避線になる)。そこに津軽今別駅の仮ホームを設けているのですが、ホームは工事中の新幹線駅を挟むように設けられているので、両者を結ぶ連絡通路が必要。その結果。

Continue reading "奥津軽いまべつ駅の工事現場"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Nov 28, 2014

2014 年 11 月のお仕事・その 5

続きましては「丸」。特集「航空自衛隊 60 周年」のうち、「空自の目と耳 "偵察機 & 早期警戒機" レビュー」を書きました。

当然、「次期早期警戒機」の話も出てくるわけですが、原稿執筆 & 納品の時点では機種未定だったのに、刊行してみたら機種決定後、というあまりの間の悪さ。もちろん、候補 2 機種の長所・短所を併記して、「どっちでも対応可能」なつくりにはしていましたが、この間の悪さには頭を抱えてしまった次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 27, 2014

真空冷却 vs 冷風冷却

駅弁革命」を読むまで知らなかったんですけど、当節では食中毒防止のため、調理が済んだら一気に温度を下げて、菌類が繁殖しやすい温度帯にとどまる時間を局限するのが普通なんだとか。

その際に使用する方法のひとつが真空冷却。真空と冷却にどんな関係があるのかと思ったら、「加熱された食品を減圧状態に置き、食品内部に含まれる水分を蒸発させ、その際の蒸発潜熱によって冷却を行う」のだとか (ソース)。メリットは、中心から一気に冷やせること。デメリットは機材が大掛かりになってしまうことと、食材によっては使えないこと。

対して、冷風を当てて一気に冷やす方法も (製品紹介)。食材を選ばないことと、あまり大掛かりにならないことがメリットだとか。ただし原理上、外部から順次冷やしていく格好になるので、厚みや体積がある食材だと、芯まで冷やすのには手間がかかるかも。

病院で食事を出すときなんか、衛生管理・栄養管理は当然のこと、「まずい」と文句をいわれないように工夫しないといけないし、患者ひとりひとりに合わせたカスタマイズも必要だし、大変だよなあ…

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Nov 26, 2014

QM フェア@松戸駐屯地

昨年、初めて訪れて取材して「丸」で記事にした陸自需品学校のイベント「QM フェア」に、今年も行ってきました。

まだ、どこの媒体でどういう形の記事にして… というところまでは明らかにできないのですが、相変わらず興味深いイベント。なにせ「食う寝るところに住むところ」から文房具、事務機器の類に至るまで出てきますから。

需品科が扱うモノの範囲がむやみに広いので、QM フェアにも「えっ、こんなものが」という品物がいろいろ出てくるわけです。そうそう、今年は「リヤカー」も出てましたね。ちゃんと OD 色に塗ったやつが。

ただ、日常的に使うモノだけに不満や意見も多そうだし、一方では予算や要求仕様に関する制約もあるし、需品の調達・選定・開発・改善って大変だと思いましたよ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Nov 23, 2014

車椅子を初体験

後半は「ヒマでヒマでしょうがない」とぼやいていた入院生活ですが、一時は調子を崩して「食いものは喉を通らない、起き上がるのも辛い」なんて状況になったことも。

そんなときにレントゲン撮影がかかったのですが、場所がちょっと遠いのですね。それで「じゃあ、車椅子に乗っていってください」といわれて、人生で初めての車椅子。

実際に乗せられてみると、視点は違うし、通路の通行や段差や傾斜など、実際に経験してみないと分からない話がいろいろ。しまいには、待ち時間の間に自分の手で車椅子を動かして「超信地旋回」を試してみたりして…

ちょうど、「新幹線 EX」でバリアフリーがらみの原稿を書いたこともあり、「車椅子利用者の視点」に思いをはせてしまった。そんな実話が。

おいおい、起き上がれないぐらい調子が悪いんじゃなかったのか ? そんなところまで仕事するな YO!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Nov 22, 2014

2014 年 11 月のお仕事・その 4

お次は同じイカロスさんで「Jwings」。担当は第二特集「ステルス進化論」全部です。

あと、毎度おなじみの「月刊 F-35」、そして事実上のレギュラーと化している「わくわく」は「11 式地対空誘導弾」。

さて、そろそろ「わくわく」のネタ探しが大変になってきたけれど、次はどうしよう… そうそう大量に「新装備」がある訳じゃないしなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2014

2014 年 11 月のお仕事・その 3

続きましては「Jtrain (Vol.56)」。今回のお題は、「チキ工臨」の出発地点である JR 東日本の東京レールセンターに関するレポ、それと ED75・EF81・EF510 の主回路に関する簡単な解説を。

「えっと、EF510 の主回路ってどうなってたっけ…」と心配になって調べ回ってみたら、たちまち答えは見つかりましたけれど、それを図にするのはちょっとした手間でありました。でも、そこで手を抜いたらイイものはできませんし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 20, 2014

2014 年 11 月のお仕事・その 2

「世界の名機シリーズ」で出ている「F-35 ライトニング II」がリニューアルして「最新版」になったのですが、そこで「F-35 が日本を変える !」を書きました。

F-35 が変革をもたらすと思われる要素のひとつが「ネットワークと状況認識」ですが、これについては別口で、いろいろとネタを仕入れてあります。それについてはまたおいおい、別のところで書く予定なので、乞う御期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2014

相違点探し

同じ「JR 東海の N700 系 2000 番代」ですが、ちょいと相違点が。

_5D32879_DPX56 編成

_5D32882_DPX24 編成

どちらも昨日、小田原駅で撮影。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 11, 2014

2014 年 11 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。中国国産兵器の「ここが気になる」シリーズ Part II で、航空機編を。

今月は「非実在最新兵器」とか「展示会 A2AD」とかいう具合に新語を次々にでっち上げて "飛ばして" しまいましたけれど、たまにはこんな遊びがあっても… と自己弁護。

そーいえば。折から開催中の China Airshow 2014 の席で、AVIC の関係者が「第 4 世代マルチロール戦闘機・J-31/FC-31 は輸出用」なんて発言をしたそうですけれど、どこまで本当なんだか。だいたい、いつの間にやら世代がひとつ逆戻りしているのは、なんで ?

で、次回からは得意のフィールドに戻って新シリーズに行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 10, 2014

最近読んだ本 : 東京総合指令室

JR 東日本の首都圏輸送を司っている、東京総合指令室に関してまとめた本。「よくもまあ、ここの取材が認められたもんだ」というのが最初のオドロキ。

指令室の業務をライブでレポするというよりも、ATOS 導入に伴う指令業務の変化、指令がどういうことを考えて仕事をしているのか、といった類の、「指令というバックヤード業務の、そのまたバックヤード」に関する話がメイン。指令員がどんなことを考えながら、どんな風に仕事をしているのか… そんな話に興味がある人に向いていそうな一冊。

むやみにボリュームがある本ではないし、日々の通勤で電車に乗って行き来しているときに読むのがよいかも。そして、目の前で起きている事象と照らし合わせる形で「ははあ、いまごろ指令員はこんなことをしているのだろうな」なんて読み方ができて面白いかも。もちろん、指令室が騒々しくなるような事態は起きない方がいいんですけれど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 09, 2014

二瀬ダムのライトアップ

ひょんなことから、二瀬ダムに行って「紅葉期間限定」のライトアップを撮ってきました。

二瀬ダムがライトアップされています!10月24日~11月9日(H26.10.28) (二瀬ダム管理所)

ひょっとすると雨が降るかも、ということで、機材は K-5。広角ズームも持って行ったけれど、標準ズームで用が足りました。他に誰も撮っている人がいない中、三脚を据えて、長時間露光の嵐。途中、少しずつ構図を変えて、空を入れてみたり、右側の道路を入れてみたり。

Continue reading "二瀬ダムのライトアップ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2014

EOS 7D のノイズ

EOS 7D というと「暗部のノイズが~」といわれることがままあります。

最近、過去に撮った写真の中で「ちょっとなあ」と思うカットの RAW 現像をやり直してみているのですが、そんな中で感じるのは、曇天下で感度を上げたカットよりも、晴天下で影に浮いたノイズの方が始末が悪いんじゃないかということ。

送信者 撮影旅行の戦果など

これで ISO400。

送信者 撮影旅行の戦果など

これで ISO 250。でも、こちらの方が暗部のノイズが目立つような気がして…

# 個人の感想です

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 06, 2014

L 型エレベーター

交通バリアフリー法のからみでエレベーターを設置する駅が増えました。

中には、前後にドアがあって「入ったのと反対側から出る」というタイプもあります。それならいまさら驚かないのですが、旭川駅や新札幌駅 (だったと思う) で見かけてビックリしたのが、これ。

_5D32312

方向転換しないで出るのは同じですけれど、ケージの前後ではなく 90 度曲がった位置関係になるのが面白いところ。設置場所の関係でこういう形にしたのでしょうけれど、「こういうエレベーターも作ってるんだ…」と、そちらの方がむしろビックリ。

上の写真は、旭川駅で撮影。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Nov 05, 2014

EOS 70D でヒコーキ撮り

先日の人間航空祭、もとい入間航空祭では、とにかく軽量化を重視して、EOS 70D に EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM と EF 300mm F4L IS USM だけ連れて行きました。(さらにエクステンダー 1.4x も持って行ったけど、使わず)

ただ、どうもピンの合いが悪いとか画がシャキッとしないとかいう悩みがあり、あれこれ撮りつつ試行錯誤。しまいには AI サーボ AF をやめて AI フォーカス AF にもしてみたのですが、これはさすがにブルーの演技の前に元に戻しました。ヘリだったら AI フォーカスでも良かったかも知れないけど。

その AI サーボの設定、EOS 70D は EOS 7D・同 Mark II・EOS 5D Mark III と比べると設定項目が少ないのですが、最終的に落ち着いたのは以下の内容。

Continue reading "EOS 70D でヒコーキ撮り"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Nov 04, 2014

まさに人間航空祭

昨日、入間基地の航空祭に行ってきました。「人間航空祭」と異名をとる混雑ぶりなのは承知していたので、これまではビビって避けていたのですが、まぁいろいろありまして、行ってみようと思い立った次第。

Continue reading "まさに人間航空祭"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Nov 02, 2014

信州ジビエ鹿肉バーガー@ベッカーズ [赤羽]

今年も鹿肉バーガーの季節がやってまいりました (←勝手に決めるな)。

昨年は秋葉原でしたが、今年は赤羽のベッカーズで。690JPY なり。

IMG_2192s

Continue reading "信州ジビエ鹿肉バーガー@ベッカーズ [赤羽]"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 01, 2014

気分は国鉄時代

ヒマネタとして、先日に撮影した 711 系の写真を 2 点。

_5D32385s

_5D32381s

これだけ見せられると「昭和 40 年代半ばの撮影です」っていわれても違和感ないかも。S-110 編成は非冷房だし。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »