« メイクする場所 | Main | 公式 SNS アカウントのセキュリティ »

Jan 15, 2015

D600 でやらかしたドジ

D600 は、グリップを握ったときにちょうど薬指が来るあたりの位置に [ファンクションボタン] がついてます。(参照 : 各部名称)

これを押したときに [マイメニュー] を呼び出すように設定を変更したので、使用頻度が高い機能を呼び出すときには、薬指で [ファンクションボタン] をちょいと押すだけで済み、なかなか便利。

ところががががが。

レンズを付けた状態でカメラバッグに下向きに入れると、カメラを支える中仕切りが、ちょうど、この [ファンクションボタン] を押す位置に来るわけです。すると、電源を切らずにカメラをバッグにしまったときには、[ファンクションボタン] を押しっぱなし、つまり液晶画面が点灯しっぱなしになる公算が大。

たぶん、そのせいだと思うんですが、知らない間にバッテリ切れになる事態を二度ばかり経験しています。

というわけで、「D600 をバッグにしまうときには必ず電源を切るように習慣づける」か、はたまた「[マイメニュー] を [ファンクションボタン] で呼び出すのを諦める」か。理屈の上では前者でしょうけれど、さて、確実に実行できるか ?

|

« メイクする場所 | Main | 公式 SNS アカウントのセキュリティ »

Comments

ファンクションボタン周りに、サムターンカバーみたいなのを付ける……と思いましたけど、そうするとそもそもの便利に使うという趣旨から外れますし……入れる向きを変える余地があるならそれも手やも知れませぬ

Posted by: TBSH | Jan 16, 2015 at 01:12 PM

それ以前の問題として、電源を入れたまま収納すると[シャッターボタン]も押されることはありませんか?

銀塩時代に、電源入れたままカメラバッグへ収納して、現像したら最初のほんの数枚を除いて、残り全てが透明フィルムになってしまったことがあった以降、私はカメラバッグ収納時は必ず電源を切るように徹底しています。

ましてや、今時のデジカメだと、いくらでもシャッターを切ってしまって、シャッター寿命が激減してしまいます・・・。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jan 16, 2015 at 02:09 PM

幸いにも (?) シャッターボタンが押されていた経験はないのです。それがまた、油断につながった一面はあったかも。

カバーをつければ操作性が損なわれるので、別のボタンに割り当てを変えられないのであれば、「バッグに入れるときには電源を切る習慣」を徹底するのが、もっとも現実的な落としどころなのでしょう。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 16, 2015 at 05:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/60979698

Listed below are links to weblogs that reference D600 でやらかしたドジ:

« メイクする場所 | Main | 公式 SNS アカウントのセキュリティ »