« 玉子きしめん@住よし [名古屋] | Main | 2015 年 5 月のお仕事・その 6 »

May 26, 2015

軍艦見学の時の身支度

「Jwings」の 2015 年 6 月号で「航空祭に行くときの服装と荷物」について書いたページがあるのですが、当然ながらそちらは「飛行場」の話なので、「それなら軍艦の話も書いてみようぢゃないか」と。

フネの場合、ラッタルの昇降が発生する可能性が高いので、不慣れな方は両手を空けておくべき。ただし、だからといって大きなリュックなんか背負っていくと、今度はそれがラッタル設置部の開口部 (あまり大きくない) にひっかかるので、それもまた NG。ショルダーバッグがあまり大きいのも、同様の理由でお薦めできません。

その辺の要素を考えると、コンパクトなショルダーバッグで、ストラップをできるだけ短くまとめる、というあたりが無難な落としどころかなあと。

もちろん、女性の方は冒頭でも触れているように、スカートもハイヒールも避けましょう。やたらと歩き回ったり立ちん坊になったりするので、スニーカーがいちばん。

飛行場と違って日焼け対策は必要ない… かというと、そうでもないのが実情。フネに乗り込む前の待ち行列で 1 時間以上も待たされる事態はおおいにあり得るから、日焼け対策と脱水症状対策は必須です。いったん艦内に入ってしまえば、夏場なら冷房が効いてますけど、実は、大変なのはそこにたどり着くまで。

飛行機が相手だと望遠レンズが必須ですけど、フネは逆で、外でも中でも広角レンズが必須。なにせ軍艦の中では「引き」がとれません。個人的に苦労した記憶があるのは、短魚雷発射管ですね。

あと、フラッシュも欲しいところだけど、これは内蔵フラッシュでもいいかと。でも、広角ズームを使うなら、ワイドパネルつきの外付けフラッシュは欲しいですね。内蔵フラッシュではおそらく、カバレージが足りないから。そしてスローシンクロ撮影をする機会が結構あると思います。

|

« 玉子きしめん@住よし [名古屋] | Main | 2015 年 5 月のお仕事・その 6 »

Comments

かっちょいい背景で写真撮りたいという皆様にその言葉はたぶん届かないような(^_^;)

Posted by: AL | May 26, 2015 at 12:02 PM

熱くなると、メインのターゲット以外のことにはまるで気が回らなくなるって、ありがちですからねえ…

これ、どちらかというとライト層を意識したエントリなんですけれど、そういう層の方がこの blog をどれぐらい御覧になっているかというと、あまり自信がありません (をひ)。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 26, 2015 at 01:09 PM

 艦艇取材を考えると、結局、背負い式のザック型カメラバッグはアウトなんですよね。ラッタルで引っかかるから。いざという時、前に回せるショルダーしか持ち歩けなくなる。

Posted by: えいじ | May 26, 2015 at 08:43 PM

といって、あまり重たいバッグだと、これはこれでラッタルを上がるのが辛いんですよね。ところが、手持ちにある中でもっとも軽くて丈夫な JTECH X-500 は長玉の収まりが悪いのです (高さ不足で入らない)。

観艦式や総火演に潜り込む算段を始めているんですが、結局、ハクバ GW-PRO を持って行くのがベストということになりそうです。今日・明日の取材にも持ってきてるんですけれど、取材対象を考えて玉を減らして、着替えも押し込んでしまったのでした。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 26, 2015 at 08:59 PM

スカートの女性が、ラッタルを登ると
(本人よりも)周囲が恥ずかしくなってしまいます(;´Д`)

Posted by: メリッサ | May 27, 2015 at 12:36 AM

ちょっと距離を置くと、却ってそっちの方が「見えそう」だし、かといって近接するとそれはそれで危ない人扱いされそうだし、悩みますよねえ… (←悩んだことがあるのか ?)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 27, 2015 at 07:31 AM

とりあえずカメラはシステムそのものがコンパクトにまとまるE-M1を軸としたPROシリーズ大三元で是非w
…自分ならフルサイズ28-300にワイドズームの二台体制で腹を括ると思います。
オリンパスとパナソニックが1年交代くらいで頑張ってくれるのでシステムは大分充実はしましたが、便利ズームの選択肢がまだ寂しいです、マイクロフォーサーズは。F4通しの小三元に相当するシステムはまだ組めませんし。

Posted by: ぼろねこ2k | May 27, 2015 at 09:54 PM

あと、ヒラヒラがついている服も
NGですよね。

Posted by: メリッサ | May 28, 2015 at 12:36 PM

>E-M1
確かに、相手が激しく動くわけではないから、フネのことだけ考えるのであればミラーレスという選択肢もアリかも。観艦式や展示訓練だって、そんなべらぼうなスピードを出すわけではありませんし。

# しかし、上空のヘリなんかを撮ろうとすると、相応の備えは要りそう

ミラーレス機の小ささは魅力なんですが、マウントをこれ以上増やすわけにもいかず… (´・ω・`)

>ヒラヒラ
なんか、どこかにひっかかってしまいそうですよね。とにかく、オシャレするより動きやすさ本位で行かないと、厄介なことになりそう。おっと、海上自衛官をナンパしたいというなら知りませんけれど (をひ)

Posted by: 井上@Kojii.net | May 28, 2015 at 05:57 PM

ただまあコントラストAFだと、やはり遅いっす(α7 II + EF電子マウントアダプター ユーザー談)。
像面位相差AF対応のレンズを確保するとなると、やはり高くついてしまいます。
EVFも連写時の咄嗟の対応が出来ませんし。

やはり、観艦式も EOS 7D Mark II が一番では無いでしょうか?(マテ

Posted by: 観音旭光の両刀使い | May 28, 2015 at 09:38 PM

確かに、EOS DIGITAL って「咄嗟対応力」ではずば抜けてると思います。

AF ひとつとっても (ニコン好きの人にはいろいろ言われてますけど)、完璧に合わなくても、それなりにちゃんと合わせてくれるのと、キッチリ合わせようとしてチャンスを逃がすのと、どっちがいいかといわれると。

Posted by: 井上@Kojii.net | May 29, 2015 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/61647177

Listed below are links to weblogs that reference 軍艦見学の時の身支度:

« 玉子きしめん@住よし [名古屋] | Main | 2015 年 5 月のお仕事・その 6 »