« 最近読んだ本 : 東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか | Main | TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010) »

Jun 12, 2015

2015 年 6 月のお仕事・その 1

今月もトップバッターは「軍事研究」。お題は、各種無人ヴィークルがらみの仕様標準化問題。

さまざまなメーカーが、それぞれ自分とこのやり方・自分とこのプロトコルに従って無人ヴィークルを製造・販売すれば、互換性や相互運用性が問題になるのは必然。特に米軍みたいに所帯が大きいところで、複数のメーカーから調達していれば、なおのこと。

いま、目の前にさまざまな UGV の写真を並べたポスターが貼ってあるんですが、これだけで 30 機種あまり。実際に市場に出回っている数はもっと多いし、UAV ならなおのこと。それがみんなバラバラの仕様だったら、カオスもいいところです。それに、統合作戦・聯合作戦を展開すれば、相互運用性の問題も出てくるし。

だから仕様標準化は必然なんですが、簡単にはいかないだろうなあ…

|

« 最近読んだ本 : 東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか | Main | TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010) »

Comments

IEEEが出ばってこないといけないレベルになってきましたねえ。

仕様乱立は仕方ないとして、せめて、どういうタイプか宣言するとか。

Posted by: いーの | Jun 12, 2015 at 01:53 PM

電気的インターフェイスの話なら IEEE でいいですけど、物理的な形状の問題もありますし、上位層プロトコルの話もありますし。記事を書いてみて改めて、決めなきゃいかんことがしこたまあるなと実感したのでした。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 13, 2015 at 07:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/61730909

Listed below are links to weblogs that reference 2015 年 6 月のお仕事・その 1:

« 最近読んだ本 : 東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか | Main | TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010) »