« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

Jun 29, 2015

J-TECH X-500 プロカメラマンバッグ の、その後

ネタで買ってみた」割にはよく使っている J-TECH X-500 プロカメラマンバッグ。キャパはないものの、丈夫にできている割には軽量なのが便利。

ただ、もともとキャパが多いとはいえないのに、さらに微妙なデッドスペースで無駄を生じさせているのではないかという認識と、手元のレンズの陣容が変わってきた事情を受けて、内部の配置替えを試行。

Continue reading "J-TECH X-500 プロカメラマンバッグ の、その後"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 28, 2015

2015 年 6 月のお仕事・その 3

「丸」2015 年 8 月号は二本立て。連載「World Military Information」に加えて、「安全保障セミナー 日米防衛協力の指針改定と自衛隊の任務 」も担当。

先日、フジテレビ・ホウドウキョクの「週刊安全保障」で Tallinn Manual を取り上げたときにも悪戦苦闘しましたけれど、今回のネタもエンジニアリングとはだいぶ離れたところにある話題で、結構苦戦したのはホントの話。でも、ときどき違う領域にチャレンジすることで世界が広がるし、そういう機会をいただけるのはありがたいことです。もちろん、その結果が「スカ」ではお話しになりませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 27, 2015

ベルボン 三脚プロストラップ L

うちにある大小 2 台の三脚は、どちらも普段はキャリングケースに収まっているのですが、パッと設営しようとすると、これが意外と面倒。特に、パン棒を外さないとキャリングケースに収まらない E635M は、セットアップに分単位の時間がかかってしまうのが実情。

「そんなら、キャリングケースに入れなければいいんじゃね ?」となるのは自然な成り行き。それで、ベルボンの三脚用ストラップを買ってみました。サイズは M と L がありますが、縮長が比較的長い E635M と合わせるので、当然、L。

IMG_2463

このストラップを付けたままの状態で、キャリングケースに収納してみました。こうすれば、出動の際にはキャリングケースから三脚を取り出して、パン棒を付け直せば準備完了という算段。もしも可能であれば、クイックシューをボディやレンズに付けておけば、さらに設営が早くなるはず。

でも、算段通りに行くかどうかは今後の運用実績待ち。

あと、飛行機に乗るときには三脚は預けないといけないので、その先でどういう扱いを受けるか分かりません。なので、飛行機に乗るときだけはキャリングケースが要ると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2015

牛たん丼@たんや善治郎 [仙台]

前日の晩に「利久」で牛たんをいただいたばかりだというのに、24 日のお昼も同行者の希望により、牛たんということに。ただし場所が同じでは面白くないので、別のお店に…

とかなんとかで訪れたのが「たんや善治郎」。JR の車内誌「トランヴェール」で、よく名前を見かけた記憶が。

腹具合と相談して、「定食だと量が多すぎるかも ?」と思ってオーダーしたのが、牛たん丼。

IMG_2449s
(テールスープとお新香が切れちゃってるけど、御勘弁)

「利久」の牛タン丼だと主役の牛タンは薄切りですが、「善治郎」は塩焼きの小間切れ。見本の写真よりもいっぱい載っていたような気がするなあ。

面白いのは油麩とトロロが加勢していたところ。「仙台の牛タンにトロロは必須ではない」という意見もあるのですが、この牛たん丼についていえば、油麩のくどさを "いい按配に中和" してくれるので良いと思いました。

で、食べ終わったら超満腹になったというね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2015

ハクバ GW-PRO 危機一髪

昨年の春に投入して以来、使い勝手の良さから大活躍しているハクバ GW-PRO でありますが、一昨日、ショルダーベルトがやばいことになっているのに気付きました。

IMG_2458s

一枚物のベルトで、肩にかかる部分にパッドを巻き付けているのであれば、これぐらいのほころびはさしあたってクリティカルなものではありません。パットが外れる程度の被害で済みます。

ところが、ちょいと中身を引っ張り出してみると…

IMG_2459s

ベルトは結合部の先で切れていて、パッドは独立したパーツになっていた模様。だから、ここの縫い目が全部破断したら、バッグが地面に落下します。

「こりゃヤバい」というので急遽、仙台駅東口のヨドバシカメラに駆け込んで、ストップギャップにするベルトを調達してきたのですが、幅が狭いので荷重負荷が気になるところ。それに、端を金属環でひっかけるタイプなので、そこの摩耗が心配。

仕事でよく使うバッグなので、早いところ代わりのベルトを探してこないと。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 24, 2015

グラスがカント計に

昨日、「加賀焼き 528 号」 「かがやき 528 号」のグランクラスに、金沢から大宮まで乗ってきました。まことに快適でありまして、同行者も大満足。

グランクラスではドリンクサービスがありまして、さすがに紙コップなんてことはなく、グランクラスのロゴが入った専用グラスでサーブされます。

IMG_4847

実はこの写真、曲線走行中に撮ったので、カントのせいで水面がだいぶ傾いてます。だから、グラスの上までいっぱいに注いじゃいけません。余裕を残しておかないと、えらいことになります。(追記 : ひょっとすると碓氷峠などの急勾配も要注意かも)

グランクラスのサービス用カートも、車販のワゴンもそうですけど、きついカントがついているところを走っているときに動かすのは、かなり大変そう。実は車販って肉体労働です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 22, 2015

ZA001 ラストフライト

明日から 2 日がかりのお出かけだというのに、「これを逃すわけには行かぬ」と中部国際空港に行って、B.787 初号機 (ZA001/N787BA) ラストフライトの「お迎え取材」をしてきました。

原稿は送ってあるけど、まだ記事は上がってないみたいなので、記事中で使わなかった写真を一枚。

IMG_4615_DPs

これを最後に、もう、この機体のエンジンがかかることはないのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 20, 2015

2015 年 6 月のお仕事・その 2

続きましては「Jwings」。毎月恒例の「月刊 F-35」は 3 ページに増やしていただき、海兵隊の艦上運用評価試験を筆頭にしてネタ満載。

毎日のようにニュースをチェックして、ネタがあると書き込んでいくことを繰り返しているのですが、最初は「ネタが足りるかなあ」と心配な状態でスタートして、締切が近くなると「ネタが多すぎる」となるのが、よくあるパターン。(締切が近付いたところで一気に書くということはしない)

あと、特集「目覚める軍用ドローン」のうち「ドローンの飛ばしかた」も書きました。ネタ自体は特に難しいものではないのですが、運用形態が多様なので、この分量に収めるのが難しかったです (苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 19, 2015

天気に対する感覚

梅雨だから珍しいことではないとはいえ、今朝は雨。いつも、起き出すとまずは外の天気を見るわけですけれど。

ところが入院中は、普段からは想像もつかないぐらい「天候が気にならなかった」ですね。病院の中に缶詰になっていると、雨が降ろうが槍が降ろうが (をひ) 関係ないわけで、そうなると天候に対する関心もなくしてしまうようです。

入院中に天候の影響を受けた件というと、落雷で停電したことぐらいかなあ。ていうか、病院で停電して真っ暗闇ってまずいんじゃないの ?

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Jun 16, 2015

箱根湯本駅で給水

こらそこ、「アレグラがお漏らししてる~」とかいわない !

_5D35264s

箱根登山鉄道で、摩耗防止のために撤水していて、そのためのタンクが先頭部・連結器の下に設けられているのは御存知の通り。

けっこう水を使うみたいで、箱根湯本に着いた途端に給水開始。食堂車の水タンクじゃあるまいし、いったんタンクをカラにして入れ直すわけではなさそうなので、あふれてこうなっちゃったのかな。

ところでこれ、ISO6400 なんだぜ… EOS 5D Mark III おそるべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2015

夜の城南島

うわあ、なんかエロい

なんていうわけがなくて。普通、昼間にヒコーキ撮影や BBQ をしに行く城南島ですが、ふと「夜に行って三脚たてたら、飛行機の光跡を撮れるはず」と思い立ち、気晴らしを兼ねて出動してみた次第。

で、まずは当初の想定通りにこんな写真を撮っていたわけですが…

_DSC4799s

Continue reading "夜の城南島"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 14, 2015

最近読んだ本 : 未完の計画機

御存知・浜田一穂さんの新刊。「Jwings」の連載がベースですけれど、書籍化する機体を選び出しただけでなく、大幅増補改訂をかけているので、連載を読んだことがあるという方も是非。実際、後になって判明した新情報が加わっている部分もありますし。

初っ端に登場するのが XB-70 バルキリーで、さらに TSR2 とアロー、つまり「白くてでっかい機体」の三連発。これだけでも、もう「ごちそうさま」ですけれど、さらに原子力飛行機を筆頭として飽きさせないネタが続きます。

しかし、どこのアホンダラが、「原子炉の炉心を通して熱した空気を、そのまま噴射させよう」だなんて考えたんだか… これもまた、ひとつの冷戦の狂気。

と、ここまで書いてみて気付いたけれど、若い方だと「冷戦」も「ソ聯」も本の中の存在でしかないわけで、自分が歳を食ったもんだと実感する次第でした。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Jun 13, 2015

TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)

Nikon D600 を入手したとき、「とりあえず 1 本あればいろいろ対応できる」という理由で AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR を一緒にゲッツしたのですが、このレンズ、とにかく重い。気合の入った場面でだけ持ち出す望遠レンズならともかく、常用するには重い。

と軟弱ぶりを発揮してしまい、追い銭 100JPY で TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010) にリプレース。AF-S 28-300mm の買取価格が案外とよかったのと、下取り買い換えのための増額分が加わったら、こんなことに。

Continue reading "TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 12, 2015

2015 年 6 月のお仕事・その 1

今月もトップバッターは「軍事研究」。お題は、各種無人ヴィークルがらみの仕様標準化問題。

さまざまなメーカーが、それぞれ自分とこのやり方・自分とこのプロトコルに従って無人ヴィークルを製造・販売すれば、互換性や相互運用性が問題になるのは必然。特に米軍みたいに所帯が大きいところで、複数のメーカーから調達していれば、なおのこと。

いま、目の前にさまざまな UGV の写真を並べたポスターが貼ってあるんですが、これだけで 30 機種あまり。実際に市場に出回っている数はもっと多いし、UAV ならなおのこと。それがみんなバラバラの仕様だったら、カオスもいいところです。それに、統合作戦・聯合作戦を展開すれば、相互運用性の問題も出てくるし。

だから仕様標準化は必然なんですが、簡単にはいかないだろうなあ…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 10, 2015

最近読んだ本 : 東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか

おなじみ、能勢解説委員の新刊。

時節柄、基本的なテーマは集団的自衛権の話であるわけですが、それを取り巻く最近の情勢について、「北朝鮮の弾道ミサイル開発疑惑」「中国の軍備近代化」といった「つかみ」の話題から、イージス BMD やNIFC-CA (Naval Integrated Fire Control-Counter Air) といった「旬」な話題に持っていく流れ。

そういう文脈の中で集団的自衛権の話も出てくるわけですが、「データリンクと集団的自衛権って関係あんの ?」という疑問が出てくるのは無理からぬところ。でも、実は両者の間には、関係が大あり名古屋の金のシャチホコ。

具体的にどんな… という話は、是非とも本書をお買い求めの上、御覧ください。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jun 09, 2015

TCGゲディズ×JSたかなみ 電灯艦飾

晴海埠頭で電灯艦飾をやっているというので、日曜の晩に撮りに行ってきました。

送信者 撮影旅行の戦果など
送信者 撮影旅行の戦果など
送信者 撮影旅行の戦果など

よくよく考えると、電灯艦飾を間近で撮るのは初めて。露出をどれぐらいに設定するかで悩みましたが、最後の「たかなみ」のカットぐらいがベストかなあと思った次第。

この日はとにかく風が強くて、「よく風邪をひかずに済んだものだ」というぐらいの体感温度。あと、風が吹くと艦側で灯火を吊っているケーブルが揺れるし、カメラも三脚のセンターポールを延ばしすぎると揺られそうだし、あまりいいコンディションではなかったかも。雨が降るよりマシだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 07, 2015

ワンズバーガー@One's Drive [東京]

新丸ビルの地下に、白山 (not 総合車両所) から進出してきた「One's Drive」というハンバーガー屋さんがあります。晴海埠頭に行った帰りに、ここに立ち寄ってお昼にしました。

乗ったバスが東京駅行きだったので、「それならランチも東京駅近辺で」「あまり物価が高くない方がいいなあ」ということで思いついたのが、ここ。ランチタイムにはハンバーガーにポテトとフライドオニオン、ドリンクをつけて 990JPY なり。

IMG_4535s

いかにも「肉を食ってるぞ !」という感じのパティは専門店の常ですが、ここの特徴はピリリと辛いソース。ただ、サーブされたときや食べるときは斜めになってしまっているので、少なからぬソースが外に出てしまっていたようで、これは惜しいなあ。

パリパリのレタスも目立っているのですが、そのレタスとパティの間に収まったトマトは、やや目立たない印象。

アメリカ~ンな雰囲気の店内や BGM と併せて、新丸ビルでは異色の存在。丸の内で、ひと味違ったものを食べたいと思ったら、候補に挙げてみて良さそうです。そういえば、丸の内には来週にも行く予定なんだけど、時間が昼飯時を外れてるのが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 06, 2015

TCG ゲディズのいろいろ

昨日、晴海埠頭に土海軍のフリゲート・TCG ゲディズの入港と一般公開を見に行ってきました。そのときの写真を少し蔵出し。

IMG_4443s
トルコ式のネズミ返し。でも、ちっちゃなネズミさんだったらすり抜けてしまいそうだけど、大丈夫なのかなあ。土海軍にもネズミ上陸ってあるのかなあ (爆)

IMG_4448s
上構側面に取り付けられていた LRAD。艦橋内で写真を撮ろうとする困ったちゃんがいたら作動させてしまえっ (をひ)

IMG_4449s
艦橋側面にフラットを追加するだけならともかく、その下に搭載艇を吊るという荒技。

IMG_4482s
表から見えるところに設置してあるけれど、銘板には「URA-38」とな。

在日米海軍からはいなくなってしまった OHP 級で、しかもレーダーを替えたり Mk.41 を増設したりと、いろいろ手が入っているので、なかなか面白かったです。艦橋内の撮影が禁止だったのは残念ですが、まぁ仕方ないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 03, 2015

カルボナーラ@Tri Tatte [小田原]

先日、箱根登山鉄道を訪れて、小田原に戻ってきたところで「メシにしましょうか」。

思案の結果、駅ビル「ラスカ」内にあるイタメシ屋「Tri Tatte」に突撃。入ってみたら女性客がやたらと多いお店でしたが、そこで物怖じしないのが闇の陰謀団 (なんのこっちゃ)。

# 一人で「アフタヌーンティー」に突撃してアップルパイを
# 食べてたこともありますから、私

思案の結果、「しばらく食べていないし」ということで、カルボナーラを単品注文。820JPY なり。

_5D35271

これが、食べてみたらなかなか濃厚な一品。個人的にはこっちの方がカルボナーラっぽくて好きですけれど、人によっては重たく感じられるかも。でも、かる~いカルボナーラなんて、すっかり太ってしまった昨今の F-16 みたいなもので… (なんのこっちゃ)

テーブルに置かれた紙ナプキンを見て気付いたんですけれど、ここ、「ベッカーズ」と同じ JEFB の経営だったんですね。いろいろやってるよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2015

1/f ゆらぎ (うそ)

久方ぶりに箱根登山鉄道を訪れてきました。

ここの名物はいろいろありますが、そのひとつが「屋根上に設けられた抵抗器」。当然、熱気を発するので背景が陽炎でユラユラするはず… と思ったわけですが、なかなかうまく撮れません。辛うじて「まあまあ」だと思ったのがこれ。

_5D35181-1(全体像)

_5D35181-2(クローズアップ)

「これをこういう風に撮りたい」と思っているのに、なかなかうまくできないときって、自分の実力不足を思い知らされて凹むなぁ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »