« August 2015 | Main | October 2015 »

September 2015

Sep 28, 2015

青森遠征にまつわるいろいろ

26 日の夕方から、青森まで「はななす & その他を捕獲する弾丸撮影作戦」に行ってきました。一応、狙ったものはひととおり押さえられたし、天気も覚悟していたより良かったのですが。んが。

7 月に行ったときにも、深夜には寒くて震えていたのですが、今回は当然ながらもっと冷えました。上に羽織るパーカーは持っていったのですが、もうちょっとしっかりしたものが必要だった、というのが正直なところ。

しかも深夜にガスが出てしまい、カメラの表面は結露するし、レンズの表面は結露するし。レンズはレンズ拭きで、その他は洗顔用に持っていったタオルでこまめに拭いていたのですが、何か別の手が要りそう。

で、レンズの結露に気付かずにシャッターを押すと、こんなことに。

_D606225

LED マグライトと IC-R6 は「持っていって良かった」アイテム。月が沈んだり陰ったりすると現場が暗くなってしまったので、明かりがないと手も足も出ません。

今回は場所取りのために 8 時間以上も同じ場所で頑張っていたので、トイレに行きたくなると困っちゃうところでした。そこは当初から意識していたので問題なかったのですが、巡察に来た鉄道警察隊員の弁によると、その辺で立ちションする困ったちゃんがいた模様。いけませんね。

ちなみに機材は、木曜~金曜の出張取材をそのまま引き継いで D600 を持って行ったのですが、光量を考えると 5D3 が正解だったなぁ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Sep 27, 2015

「青池」のハリボテ

説明しよう !

中に摸擬運転台を仕込んだ、HB-E300 系「青池編成」のハリボテを、新青森駅に持ち込んで宣伝に使っていたらしいのです。横から見ると、台車の軸梁がちゃんと作り込んであって、なかなか凝った造り。

_D606336s_D606340s

そして用が済んだところで、橋上駅舎から地上に撤収しようとしたのですが。

Continue reading "「青池」のハリボテ"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Sep 24, 2015

今日の JL0291

仕事で山口県に来ています。といっても、明日には帰るんですけれど。

今回の足は飛行機で、JL0291 で山口宇部空港に飛んできたのですが、機材は「ダッフィー塗装」の JA327J。まぁ、中に入ってしまえば枕カバーが違うぐらいで、後は他の NG737 と同じだから、ありがたみがあるような、ないような。

それよりも、離陸後の上昇途中で磯子の上空を飛んだときに下を見たら、JMU の岸壁に「かが」らしきフネが繋留されていたことの方が盛り上がりましたわ。

寝不足でどうもスッキリしなかったけど、そういうときだけ眠気がすっ飛ぶのは「業」というもの。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 22, 2015

2015 年 9 月のお仕事・その 3 & その 4

続きましては「Jwings」と「Jship」。前者はいつもの「月刊 F-35」、それとひさびさの (?) 「わくわく」。

「わくわく」のお題は XASM-3 で、以前に「Jships」の記事で使った計算表がまたも登場。もちろんパラメータは違ってますけど。これに限らず、「計算モノ」っていったん表と数式を確立しておくと、あとで使い回しが効いて便利かも。

一方、「Jships」で担当したのは、「特集『自衛艦』とはなにか」のうち「ミサイル艇」と「訓練支援艦 / 試験艦」。なんか地味なフネばかり回ってきましたけれど、見ようによっては「護衛艦みたいなメジャーなネタは誰でも書けるから、難しいネタが回ってきた」といえるかも ? (←超ポジティブ思考)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 21, 2015

昨日の機材

昨日の横田行きでは「ヘロヘロになるのは事前に分かりきっていたので、できるだけ機材はコンパクトかつ軽量に」がコンセプト。となれば当然ながら 5D3 は却下だし、そもそもどんなアングルで撮るか分からないから、5D3 は不利。

そこで持ち込んだのが以下の面々。

  • EOS 70D
  • EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM
  • EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM
  • スピードライト 430EX II

70D ならバリアングルがあるからポジションの自由度は高いし、実際、計器盤の撮影で大活躍。10-18mm は、HH-60 や E-3 の機内撮影、それとローアングル撮影で大活躍。

そして機内撮影ではフラッシュ必須。鉄道の新車報道公開などで培ったノウハウが役立って、歩留まりは良好 (100% ではなかったけど、その場で気付いて撮り直せたので被害なし)。

日帰りだからということで、ノート PC も止めてタブレットにしたので、これも軽量化に貢献してます。でも、モバイルバッテリとカメラの予備バッテリは、持っていっただけで出番なし。まぁ、どちらも保険みたいなもんですから。

ともあれ、選んだ機材が計算通りの仕事をしてくれると気持ちいいなあ。「持って行かない後悔より行く後悔」とはいうものの、持っていったのに出番がないブツがあるのは悔しいし。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Sep 20, 2015

横田 AB の一般公開に行ってきました

昨年も行こうか、どうしようかと思ったものの、退院直後だからということで自重した横田の基地祭。今年はしっかり行ってまいりました。そして、

Continue reading "横田 AB の一般公開に行ってきました"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 14, 2015

2015 年 9 月のお仕事・その 2

続きましては「軍事研究」。「無人ヴィークル最前線」もいよいよ大詰め、今回は衝突防止とか空域共有とか、最近になって話題になっているさまざまな要素技術の話をまとめてみました。

実は、紙数の関係でこぼれてしまったネタがひとつあるんですが、それは泣く泣く次回送りに。

自分の記事以外だと、いつも楽しみにしているのは元空幕長の鈴木氏による回想録。あと、今月は清谷さんの衛生機材の話が注目どころかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 13, 2015

本当に長い岩手県

「長い」というと静岡県ばかり話題になりますけど、実は岩手県も相当なもの。東海道本線の熱海-新所原間は 177.8km ですけど、東北本線ならびに IGR の石越-目時間は 193.8km もあるんですぞ !

ちなみに、それとはいくらかオーバーラップしますけれど、案外と時間がかかるのが盛岡-八戸-青森間。昨年 11 月にここを普通列車で乗り通したら 4 時間かかりました。その間に東京を出た「のぞみ」は広島まで行っちゃってます (比べるな)。

というわけで、静岡県が長いと文句をいっている人は、一度、普通列車で青森まで行ってみると認識が変わると思います。朝の 7 時前に上野を出れば、その日のうちに花輪線経由で青森まで行けます。盛岡-好摩間だけ IGR になりますけど。

長いというだけなら新潟県はもっと長いけど、直江津-長岡-新津-新潟-新発田-村上- という行程表は組んでみたことがないなあ。やってみようかなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 11, 2015

喜ぶべきか、凹むべきか

全自動洗濯機の槽は二重構造になっているので、その間の部分は掃除のしようがないわけです。

「そういえば、もうずいぶん長いこと何もしてなかったなあ」ということで、クリーナーを投入して満水にして洗濯機をブン回してみたら…

Continue reading "喜ぶべきか、凹むべきか"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 10, 2015

2015 年 9 月のお仕事・その 1

「シリーズ 世界の名艦」の「海上自衛隊『いずも』型護衛艦モデリングガイド」で、「ディテールアーカイブ」のうち兵装関連の項目を担当しました。

もっとも、所謂「飛び道具」としてのウェポンは CIWS と SeaRAM しかないわけで、電測兵装やカウンターメジャーの類が中心。細々とみていくと、「ひゅうが」型とは違うところがいろいろあって、それなりに面白いお仕事でありました。

問題は、このフネの現物を生で見たのが進水式のときだけだということ。うー。

まぁ、そのうち取材か一般公開でお邪魔する機会もあるでしょう。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Sep 09, 2015

オーディオテクニカ AT9904

取材の際の必須アイテムといえば IC レコーダー。(でも、ときには手書きメモの方がいい場面もあるのが悩ましい)

会議室でインタビューするような場面なら、テーブルの上に IC レコーダーを置いておけばいいのですが、問題は屋外での取材。

これまで、ネックストラップに IC レコーダーをぶら下げて歩いていたのですが、風がなければそれなりにクリアに録れるものの、風がブーブー吹いていたり、歩き回ってレコーダーを身体にぶつけたりすると、ノイズだらけで聴き取りにくい録音ができてしまいます。

それで思案した結果、外付けモノラル無指向性マイクを導入。指向性があると相手の声を聞きにくくなると考えて、無指向性に。ブツはオーディオテクニカの AT9904。

IMG_2563

クリップ付きなので、レコーダー本体はポケットの中にでも入れておいて、マイクをカメラのストラップに取り付ければちょうどいいだろう、という算段。

IMG_2566

ただ、風切り音防止のスクリーンが外れやすいという話を目にしたので、両面テープをマイクの外側に貼り付けて、そこにスクリーンを取り付ける方法で固定してみました。これで万事解決できれば万々歳だけど、どうなるかは今後の実戦待ち。幸い、今月中にまだ取材が何件かあるので、そこで試せるはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2015

「はまなす」廃止とな

まだ正式発表は出ていないものの、「はまなす」が北海道新幹線開業に合わせて廃止になるとの報道が。十分に予想されていた話で、驚きでもなんでもないですけれど。

_5D35665s
(これは今年 7 月末の撮影)

「架線電圧と ATC と機関車の問題」「客車の老朽化」「保守間合の確保」と、どれをとっても理由はいちいちごもっとも。そういった難点を克服してまで走らせ続けるメリットがあるのかどうか、という話になってしまったのでしょう。

客車の陰に隠れて目立たないものの、道内で使っている DD51 だって、もう相当に古くなってきてますし。

これでまた騒々しくなるんだろうなぁ。すでに何回も乗っている列車ではありますが、もしもお名残乗車に行くなら、平日じゃないと。できれば雪の季節がいいなあ。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Sep 05, 2015

疫病神 ?

輸送障害ぐらいならまだマシで、自分の場合、こういうのもあるので笑えない。

  • 阪急今津線に初乗りした 1 ヶ月ほど後に阪神淡路大震災が発生して、山陽新幹線の高架橋が今津線の上に落下
  • 三陸縦貫乗りつぶしをやった 5 ヶ月ほど後に東日本大震災が発生、乗りつぶした区間が津波で寸断

「行った後」というのも傍迷惑だけど、仕事で盛岡に行ったときに震度 4 ぐらいの地震を食らったことも。でも、このときは新幹線は普通に走ってくれたので、「帰れなくなった」とはなりませんでしたけど。

で。よくよく考えたら、3 日の午後に大阪から新幹線で戻ってきたら、その後になって、静岡県内の豪雨で東海道新幹線が止まってた…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 01, 2015

お泊まりセットのすすめ

ここのところ出張取材の予定がいろいろ入っていて、なんだか慌ただしいのです。先週にお出かけしたと思ったら、また明日・明後日と出張。その後も、さらに複数回の出張予定が。

そこまで極端でなくても、以前には「乗りつぶし」に精を出して、毎週のようにお出かけしていたこともありましたし。

そこで登場するのが「お泊まりセット」。といっても大したことではなくて、要するに、泊まりがけで旅行に出たときに必要になる洗面道具などの小物、それと常備薬の類などをひとまとめにして、巾着袋に突っ込んだもの。これと着替えを荷物に放り込めば、とりあえず出動できるというわけ。

ただし実際には、さらにカメラだの交換レンズだのノート PC だのが加わるわけですけれど、これは普段から使っているものなので、お泊まりセットとして固定的に配備しておくのは無理。

このお泊まりセット、昨年、突発的に入院させられたときにも登場して、役に立ってくれたのでありました。ただし、爪切りまでは用意してなかったなあ。

ちなみに、名刺や記者証や IC レコーダーといった商売道具は、ハクバ GW-PRO の中が定位置。あと、予備の eneloop とかレンズ拭きとかメモリカードリーダーもワンセット。もちろん、"電池モノ" については、バッテリ上がりにならないように気を配る必要があるので、使った電池は帰宅したら直ちに充電に回すのがお約束。

SEMPER PARATUS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »