« 今日の入間と EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (その 2) | Main | やはり紙が最強 »

Nov 05, 2015

今日の入間と EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (番外編)

その 1」で書き忘れたんですけど。

今回、測距点は基本的に 19 点オートでやってました。EOS 7D Mark II なら測距点は多いし、カバー範囲が EOS 70D より広いから、もっと確実性は上がったはず。

とはいえ、その EOS 70D でもそれなりに広いエリアを押さえているので、もしもピンを外すことがあっても、とにかく被写体をファインダーに捉えていれば「スッ」と合焦し直す。これはちょっとビックリ。

去年の入間で使ったサンヨンだと、この「被写体をファインダーに捉える」が結構難しかったけれど、ズームなら、ワイド端でとりあえず捕まえておいてズームイン。これでたいていは OK。

これも、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM を買ってよかったと思ったことのひとつ。

|

« 今日の入間と EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (その 2) | Main | やはり紙が最強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/62619289

Listed below are links to weblogs that reference 今日の入間と EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (番外編):

« 今日の入間と EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (その 2) | Main | やはり紙が最強 »