« 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-a) | Main | 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-b) »

Jan 22, 2016

2016 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4

仙台・北海道遠征記はひとまずお休みして、最新のお仕事の話を先に。ということで、イカロスさんのお仕事・二連発。

「Jwings」では、特集「強い戦闘機」で、自分なりの「強さの条件」について語りまくりました。

これ、私と、岡部いさくさんと、未須本有生さんが個別に語っているのですが、立ち位置というかマインド セットの違いが出たなあと思いました。でも、みんな同じことをしゃべっても面白くないし。私の場合、システムとして戦うだとか試験・評価をしっかりやれとか、機体以外の話がいちばん多いです (苦笑)

あと、その特集のひとつで YF-22A と YF-23A の ATF 決戦についても書きました。1990 年の出来事だから、最近の若い方にとっては、これってすでに「歴史」なんですよねえ…

「新幹線 EX」では、まず北海道新幹線の施設まわりの話と保守用車の話を担当しています。昨年 11 月に函館に行ったのは、この保守用車の取材のため。

取材以外でも、プライベート (?) で何回か北海道新幹線の沿線に出掛けているので、取材や執筆に際しては、その際に見聞きした話も盛り込みました。運輸機構でお話を伺ったときなんか「現場に行ってみたらこれこれだったんですが、これはどういうことでしょうか」なんて場面が何回も。

それから、「東海道新幹線のロータリーブラシ車」。これは 2014 年 12 月号 (Vol.33) で取り上げたことがありましたが、増備したり運用形態が変わったりしたので、改めて。新しい双方向対応型は 3 両になりましたが、みんな側面の柵の形が違うというね。

そして「システム考察」は第二総合指令所の報道公開に絡めて、指令所の話をいろいろと。年末に大阪に日帰り出張したのは、これのため。

|

« 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-a) | Main | 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-b) »

Comments

>YF-22 vs YF-23
不思議と、YF-23に人気のある日本。
それはともかく、まずまず妥当な記事だったと思います。

ATFもJSFも入手性を念頭に置いたはずなんですし、技術リスクの低い方を選んだはずなんですが、なんであんなに費用が膨らんだんでしょうねえw。
(もう片方を選んでいたら、費用が少なかったかというと、それは永遠に分からないのですが)

面白いのは、F-22もF-35も、選定時点ではセンサー融合(F-22)もNCW(F-35)も話題に上っていなかったという事。このあたりが、RFPにどう書いてあったのか結構気になります。
ステルス機ということで、センサー融合は必然なのかもしれませんが……。

Posted by: いーの | Jan 25, 2016 at 03:29 PM

YF-23 に人気があるのは、F-22A の対日輸出がならなかったことへの反動じゃないかと睨んでいます。でも、ドンガラだけならまだしも、アンコを独自に開発・熟成して F-22 レベルまで持って行けたかというと、それは無理があり過ぎじゃあないかと思うのですね。

だいたい、アフォーダビリティ重視のハズの F-22×F119 でもアレだけ苦労したのに、これが F-23×F120 になったら、ますます規模の大きな炎上をやってアホーダビリティになっちゃったんじゃないでしょうか。

センサー融合とか通信の分野になると、F-22 と F-35 の違いは歴然。EO-DAS みたいなメカはないし、IFDL 止まりで MADL みたいな高機能データリンクも載っていないし。何も考えてなかった訳じゃないでしょうけれど、今ほど明確な将来像には至っていなかったのかなあと。

そこが「ドンガラで勝負できた最後のコンペ」と書いた所以なんですが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 25, 2016 at 05:59 PM

>YF-23人気の理由
井上さんの認識には、反論。
私が1994年にエドワーズに行ってYF-23の2号機の写真を撮ってきたんですが、コミケで見せびらかして回った時とか、その食いつき方からしてYF-22よりYF-23の方がかっこいいという声は、昔からずっとありました。

90年代の漫画等にも、YF-23日本で引き取って開発継続なんてネタがいくつかありましたし。
ゲーム関係で、YF-23(正式化したF-23)をフィーチャーしたものはいくつも見かけます。

2006年に私が関わったゲーム関係書籍でも、製作側からYF-23の使用を指定されましたし。

人気と、現実にどうだったのかは、井上さんのおっしゃる通り、別ですが。

>「ドンガラで勝負できた最後のコンペ」
これはちょっと気になったんですよ。
X-32とX-35のコンペで、LMTSがアンコで優れているという話ありましたっけ? システムインテグレーション能力で、F-22の経験があるLMTSの方が有利という事がどっかに書いてあって、私はそれを見落としています?
X-32の方が、やっぱり大きな形状変化を予定してリスクを抱えたとか、X-35の方がリフト推力に余裕があるとか(これは図らずも大当たりでしたが)いう話は読んでいるんですが。

RFPに、システムの事がどう書いてあったんだろうかという、前コメントでの疑問は、そこに繋がっています。
当時の報道ではそこら辺を全然押さえていなかったものですから。

Posted by: いーの | Jan 28, 2016 at 10:10 AM

 海外での受けは記憶にないけれど、国内では圧倒的にF23人気が強かったような気がしますね。
 22に決まった時は泣きましたよ(>_<)。なんであんなイケてないデザインなんだと。

 それに、いざ調達を開始して見れば、22の方がコスト安だったとはとても思えないしで。

Posted by: えいじ | Jan 29, 2016 at 09:14 AM

いわれてみれば確かに、JSF 計画のコンペティションについて「選定基準」と「結果として出てきた機体の特質」を混同してしまったところはありましたねぇ。反省。

私は YF-22 の方が好きだったけど、「自分はこうだった」「自分の周囲はこうだった」という話を出し合っても水掛け論にしかならないので、「そういう意見もありましたか」にとどめておきたいと思います。はい。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 29, 2016 at 09:24 AM

こないだの日本のF-Xなら「アンコの勝ち」というのは、まったくもってその通りなんでしょうけど。
井上さんのお話では、ネットワーク戦やセンサー融合についてユーロファイターは一歩劣るような感触だったそうですし(そもそも、EO-DASのような赤外線などの超高帯域電磁波のセンサーで、タイフーンは大きく劣っていますし)。

>F-22
YFの頃のそろばん玉のような、直線的な機首のラインはイヤでしたが、Yが取れて機首のラインがマイルドになれば「これはこれで」と思えるようになりました。
これは、私個人の感想です。

Posted by: いーの | Jan 29, 2016 at 10:17 AM

>ユーロファイターは一歩劣るような感触だったそうですし

 てか、タイフーンは何であんなにトラブっているんでしょうね。
一方で、今頃になってラファールがぼこすこ売れているというのが何とも。バックマージンや政治力だけでラファールが売れるとも思えないし。

Posted by: えいじ | Jan 29, 2016 at 01:32 PM

ネットワーク化とかセンサー融合の話になると、ユーロファイター勢の歯切れが悪くなるという印象はありましたね。一応「できるよ」とはいうわけですけれど。

ただ、それだけで F-35 に決まったのかというとそうではなくて、FACO 開設の話や「ステルス性」の話も影響したのではないかと。

ここのところ、ラファールの方が受注獲得成功事例が目立つのは、機体の能力だけの話ではなくて、さまざまな要因が絡み合った結果なのでしょう。ことに中東諸国が相手になると、人権問題を持ち出して反対する人も出てくるでしょうし、そうなれば国を挙げてプッシュするのは難しそうだし。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 29, 2016 at 05:42 PM

YF-23はこれぞ21世紀の戦闘機感に溢れていましたからねーw それでかつ高いステルス性と結構な機動性を誇っていましたから。
まぁF-15の正常進化に見えるF-22に空軍が傾くのは、というよりF-23になった時アレ操縦出来るの?を潜在的に怖がった、とも思いますが。人間の感覚で果たして付いて行けるものか、と。

余談ですが、日本F-XがF-35に決まる前のJ翼の候補特集にYF-23を引っ張り出していたのは…(わらい)。
個人的には開発費込みで一機200億なら大いにアリだったと思いますよ、フルバージョンのF-22を日本でラ国ならそれ位になったでしょうし。w

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 30, 2016 at 12:15 AM

YF-23はこれぞ21世紀の戦闘機感に溢れていましたからねー それでかつ高いステルス性と結構な機動性を誇っていましたから。
まぁF-15の正常進化に見えるF-22に空軍が傾くのは、というよりF-23になった時アレ操縦出来るの?を潜在的に怖がった、とも思いますが。人間の感覚で果たして付いて行けるものか、と。

余談ですが、日本F-XがF-35に決まる前のJ翼の候補特集にYF-23を引っ張り出していたのは…(わらい)。
個人的には開発費込みで一機200億なら大いにアリだったと思いますよ、フルバージョンのF-22を日本でラ国ならそれ位になったでしょうし。

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 30, 2016 at 12:15 AM

うーん……センサーは電波だけで妥協して、F-2の発展型を組み込めばいいのかな。APG-77は売ってくれないだろうし。

F-2のレーダーでしくじった事を考えると、F-22と同じセンサー融合を行うとして、日本に、それだけのソフトウェアを組めるんでしょうか。
戦術支援のレベルが低くて、結局、パイロットに状況把握を押し付ける形になってしまいそう。

機体形状はステルスだけど、かなり劣ったものになりそう。

Posted by: いーの | Feb 02, 2016 at 03:24 PM

どんなケッタイな機体でも、飛行制御コンピュータさえちゃんと働いてくれれば、ちゃんと操縦できる。というのが当節の傾向ではないかと思案いたします。

YF-23 で気になっていたのはノーズの細さで、「あれでまともなレーダーが入るのかなぁ」と。でも、もしも採用が決まれば改設計がかかるはずだったし、F-22A は YF-22A よりノーズが細くなってたぐらいだから、案外と問題はなかったのかも知れませんけれど。

YF-23 でいちばんケッタイなのは、実は兵器倉だと思いません?

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 02, 2016 at 07:53 PM

あくまで歴史の流れとしての話ですが
「日本政府が開発費を全面的に負担して、ノースロップとゼネラル・エレクトリックに開発を続行させる事」が可能だったのではないか?と思ったのですが
それをやっちゃうと、近代化改修で苦労する事になりますよね?
(少なくとも「アメリカに相乗り」が出来ませんし)

Posted by: メリッサ | Feb 03, 2016 at 12:33 PM

開発で苦労するでしょうし、試験・評価をどうやるかとか、そもそもアメリカ政府にどうやって認めさせるかとか、いろいろ課題はありそうです。

試験をするにはテストケースを作らないといけないのですが、これまでとは勝手の違う製品や技術が相手だと、そもそも「何をテストすればいいのか」が問題になっちゃうんですよね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 03, 2016 at 06:46 PM

言われてみれば、仰る通りで
日本が試験するしかないですものね
その事だけでもアメリカの強みと言いますか、凄さが良く分かります。

Posted by: メリッサ | Feb 04, 2016 at 12:38 PM

>ノースロップとゼネラル・エレクトリックに開発を続行させる事
……それって、ゲームのムックで原作者が私たちに押し付けてきたネタ。

>YF-23の兵器倉
これも、YF-23.net等で情報が流出してきているのですが、扉に付けるのはいいとして、二階三階建てだそうで……。
いやまあ、Dem/Val段階では発射は求められてなかったけどさぁ。と言いたくなる感じだったようですね。
なんとなく、最低限要求を満たせられれば、と無理やり押し込んだ(前後のコンポーネントに押しつぶされた)んじゃないかと疑いたくなる感じでしたね。

Posted by: いーの | Feb 04, 2016 at 05:06 PM

これですね。なんだかなぁ。
http://yf-23.net/Pics/Plans/PAV1%20weapons%20bay%20schematic%201023.gif

後で出回った図面でも、兵器倉と首脚格納室が重なっちゃうような場面があったみたいで、どうもこう、詰めが甘い印象は拭えなかったのであります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 04, 2016 at 06:24 PM

>いーのさん

>それって、ゲームのムックで原作者が私たちに押し付けてきたネタ

同じ事を考えた人が居るのですかΣ(゚д゚;)
確かに90年代前半の日本には不可能な話ではないですからね。
(「バラマキ公共事業でリソースを浪費していない」と言えなくもないですし)

Posted by: メリッサ | Feb 05, 2016 at 12:30 PM

某ヒコーキごっこゲームでも、F-16XLが囮をやってるうちにYF-23が忍び寄ってきて……てな手合がございました。未完の機体は、その悲劇性と相まってカッコよく見えるのかしら

Posted by: TBSH | Feb 05, 2016 at 01:30 PM

>メリッサさん
ゲームは2005年発売ですね。

ところで、指摘しておきますが、90年代前半は現F-2も開発真っ盛りです。
二機種の戦闘機の同時開発費をどう賄うおつもりですか?

面白いですよね、ゲーム原作者によればそのころ日本はバブル崩壊で不景気だったそうなのですが。その費用の手当は付けていただけませんでしたよ。

パラレルワールドという事でT-2/F-1も含めてF-2を早めてピークをずらし、F-23は選定だけはしたものの少し後ろに遅らせて、北朝鮮が挑発行為を繰り返して軍事費やむなしの空気を作り(ゲームの時点では崩壊していたのでこれはこれでアリ)、暗に米政府のバックアップを受けたとして、雰囲気を作りましたよ。

>F-16XL
徳永さんのエッセイでは、これ以上ないぐらいテストパイロットの評判が悪い機体だったそうですが。

Posted by: いーの | Feb 05, 2016 at 02:04 PM

>FI or FS
わはは、FB-23を2006年に発注してF-22を諦めщ(゚Д゚щ)カモォォォン

Posted by: sionoiri | Feb 05, 2016 at 07:51 PM

そういえば、水子に終わった企画でいうと FB-22 とか可変翼の F-117 艦載型とか、いろいろ面白いのがありましたねぇ。モノになったかどうか、モノになっても実戦で役立ったかどうかは分かりませんけど、とりあえず趣味的には面白い。

個人的には A-12 が飛んでるところを見たかったです。ほんと。

Posted by: 井上孝司 | Feb 05, 2016 at 08:23 PM

>あ12
あぁそうだよ、「りくこう:~p」あの12って対艦ミサイルの母機なればwktk
FSがA-12でFIがF22ならそりゃ祭りでしょ。

Posted by: sionoiri | Feb 05, 2016 at 09:30 PM

>武器三原則
結局、コンポーネンツのやり取りを全力で否定したのが悪い。

Posted by: sionoiti | Feb 05, 2016 at 09:48 PM

>コンポーネンツのやり取りを全力で否定したのが悪い
あと、共同開発も。

ちなみに A-12 は、空対空のこともそれなりに考えていたような…
なにせ、AIM-9 用に小さな兵器倉の用意があったはず。

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 05, 2016 at 10:50 PM

>いーのさん

>二機種の戦闘機の同時開発費をどう賄うおつもりですか?

申し訳ありませんm(_ _)mF-2の事を完全に忘れていました
(後から見れば)バラマキ公共事業のリソースをステルス機の開発に回した方が、まだマシだったように思えましたので
(私は一部の人間みたいに都市の再開発まで否定する気はありませんが、必要性の無い高速道路などは非難されるべきではないかと)

Posted by: メリッサ | Feb 06, 2016 at 06:24 PM

ただまあ、身も蓋もないことを書いてしまうと「戦闘機では票にならない」ですからねえ (こら)

Posted by: 井上@Kojii.net | Feb 06, 2016 at 06:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63101591

Listed below are links to weblogs that reference 2016 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4:

« 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-a) | Main | 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-b) »