« 2016 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | いちばん怖かった雪道 »

Jan 23, 2016

仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-b)

昼過ぎに撮影を切り上げて札幌駅に戻り、地下鉄ですすきのに移動して、市電のループ化延伸区間を乗りつぶし。と、その前に Kitaca にチャージしておいた。

新設区間はサイドリザベーション、つまり 2 本の線路が道路の両脇に分かれているので、片方だけだと完乗した気がしないということで、すすきのを起点にして往復することで両方とも制覇。

_5D38852s
すすき野の交差点。サイドリザベーションだから、内回りと外回りの線路は曲がりながら離れる。

_5D38838s
すすきの電停から西方を見る。左手に並んだ停止位置目標が面白い。

ループ化に際して、西 4 丁目の電停がループ開始点の手前に移設された。だから、「これでは乗り残しが出る」といって西 4 丁目では降りずに、ひとつ先の西 8 丁目まで行った。このとき、UGM-27 A1201「ポラリス」がやってきたので大喜び。

_5D38847s走り去るポラリス

そして札幌駅に戻り、「粥餐庁」なる妙に女子力の高そうなお店で、海老ワンタンのお粥をいただいて、やっと暖まった。なにせ、午前中は屋外撮影、さらに市電の乗りつぶしと続いて、身体が冷え切ってしまっていたから。

DSC_0085s
見た目よりボリュームがあったように感じられたなぁ

その昼飯の間にメールをチェックしたら、乗るはずだった JL0598 便が欠航というメールが入っていたので慌てた。とりあえず、「撮影午後の部」は中止して、1355 発の快速エアポートで千歳空港に移動。

「機材繰りの都合で欠航」であって、「空港閉鎖のため欠航」ではないから、他の羽田便は動いていると予想していた。実際、カウンターで訊いてみたら、1500 発の 514 便に空きがあった (ただし 1545 に遅発することは確定済み)。

しかも、駄目元で訊いてみたら窓側席に空きがあるという。「翼の上ですけど」というので「かまいません」。GPS ロガーが電波を受けられればいいのだから。

そして、延びた予定通りに無事離陸。機材は B.777-246 (JA007D)。離陸直後の上昇中に、千歳基地の掩体群東千歳駐屯地の「象のオリ」が見えて、一人でホクホクしていた(←怪しすぎる)。

そして 514 便は無事に羽田に着陸。昨夜の寝方が良くなかったのか、左の膝が痛んでいたのでバスで帰ろうかと思ったけれど、発車までだいぶ間があった。それで仕方なく、モノレールと JR を乗り継いで帰宅。

今回、EOS 5D Mark III と小三元を (重い思いをして) 担いで行ったけれど、結果的にこれで正解。ただし、オフショット用に PowerShot G1X Mark II も持って行くべきだったと反省。

|

« 2016 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | いちばん怖かった雪道 »

Comments

井上様

私も先日、札幌出張の折、市電の延長区間を見てきました。まだ、歩行者も自動車も慣れていないためなのか、誘導の警備員さんが大量の配置されていたのが印象的。

また、すすき野交差点で路面電車が左折する際、路線バスが直進しそうになり、警備員さんに静止されている場面を目撃しました。

路面電車専用の信号はないのでしょうかね(降雪が激しかったので、確認できませんでした)。

Posted by: ブリンデン | Jan 23, 2016 at 10:00 AM

私が訪れたときにも警備員が出ていました。電停の位置が変わったり、これまで電車が通っていなかったところに電車が通るようになったりしたので、歩行者についても誘導が必要なのでしょうね。

路面電車用の信号機、都電の飛鳥山付近には (確か) 3 ヶ所存在します。
札幌の場合、手元の写真を見ると、外回りが南下してきてすすき野の交差点を右折するときに見る信号機に「×」をつけた灯火がひとつ付いていますね。これがひょっとすると ?

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 23, 2016 at 10:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63102943

Listed below are links to weblogs that reference 仙台 + はまなす + 札幌作戦 (Day 2-b):

« 2016 年 1 月のお仕事・その 3 & その 4 | Main | いちばん怖かった雪道 »