« 【'16 Day-2】がら空きのコースでガンガン滑る | Main | テンバのショルダーストラップ »

Jan 15, 2016

シュプール号の復活は無理かと

スタッドレスを履かせたクルマがあれば、機動力という点ではベストだし、行先を柔軟に変更できるとか、思い立ったらパッと出動できるとかいう利点も。ただ、相応の経費はかかるわけで、誰にでもお勧めできるかというと難しいところ。

それに、自分で運転すると疲れるし、遠距離展開だと時間もかかるし。 個人的には、日帰りするなら片道 200-250km ぐらいが限界で、それ以上なら泊まりにしたい。

だから公共交通機関を活用する選択肢も必要なんだけど、鉄道だと、まとまった数の需要を確保できない限りは、わざわざスキー/スノボ客のために列車を仕立てるのは非現実的。

と考えると、すでに運行している列車、とりわけ新幹線を活用してパック商品をを仕立てる現在の形態は、昔ほど皆が雪山に繰り出さない現状からすれば、最善の解なのかなあと。

特に、首都圏から越後湯沢方面や那須方面なら、比較的空いている「たにがわ」や「なすの」の席埋めにもなるし。

ただ、列車だと行ける場所が限られてくるのが難点かな。一応、設定はあるものの、中央道方面に列車で行こうと思う人はあまりいないだろうし。北陸新幹線が開業したことで、妙高方面って変化はあったのかしらん。

あと、駅から先でもう一度バスに乗り換えないと行けないのが辛いところ。例外は GALA 湯沢で、10K かそこらで日帰りパックの設定があることと併せて、安上がりに滑りに行くにはベスト。そのせいで週末は混みすぎるけどね !

バスでも安上がりだし、行先の選択肢は多いけれど、以前に問題になった格安ツアーバスと似た構図があるように思えるわけです。何でもそうですけど「安いものには安いなりの理由がある」わけで。

|

« 【'16 Day-2】がら空きのコースでガンガン滑る | Main | テンバのショルダーストラップ »

Comments

>そこに雪はあるか(・ω・;)(;・ω・)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masudamasaaki/20151207-00052187/
>でもシーハイルくらいは欲しい
http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/docs/201510232.pdf
>しんかんせん
http://www.nagadenbus.co.jp/express.html
飯山駅が開業したけどバス乗り継ぎの便と飯山停車数が合致しないので結局長野乗り換え
http://www.jreast-timetable.jp/1601/timetable/tt0102/0102031.html
(・Д・`);
大宮発6:00のはくたかくらい欲しがっても罪は「碓氷」と思う

Posted by: sionoiri | Jan 16, 2016 at 12:33 PM

東北新幹線が八戸まで延びたとき、「いわて沼宮内を安比高原の玄関口に」という話があったらしいのですが (当時の RJ 誌に書かれている)、結局は盛岡が玄関口になっているのと同じですね。止まる列車の本数の違いを考えると、そうなっちゃうわけですけれど。

シーハイル上越って、スキー客と鉄ヲタと、どっちが多いんだろうって思うことがあります。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 16, 2016 at 01:30 PM

 全部GALAが悪いんですよw。

 昔、シュプール号で半日掛けてスキー場に行った世代は、スキーってのはそんなものだと割切っていた所に、GALAなんてものを作っちまって、あまつさえ石打と接続しちゃったものだから、これからは日帰りでヨクネ?w、と思うようになって、これがまたやってみると止められないorz。もうこれ以上の利便性と雪質の何を求めるんだと。
 一度あの旨味を覚えたら、夜行列車だスキーバスだのできつい移動をしてまで行く必要性を全く感じなくなるでしょうから。苗場なんて決して利便性は悪く無いのに、新幹線駅から1時間もバスだぁ、とか思っちゃうと見向きもしなくなる。

Posted by: えいじ | Jan 16, 2016 at 02:39 PM

それは否定しがたいものが。

ある程度、脚前が上がって経験を積んで、なにがしかの好みやこだわりができてくると、(移動手段と軍資金が許せば) 「ここ」という場所を見つけて通い詰めることになるでしょうけれど、利便性や安さを優先すれば、GALA の魅力は抗しがたいものがあります。

あと、コンビニ・スキー場に徹してレンタル品の水準を高めているのは GALA の強み。これができていないところ、案外とありますからね。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 16, 2016 at 07:09 PM

宅急便に使うような箱台車にスキーを持って行ってバスに積み替えて、スキー場までの荷物持ち帰をナンボかでも楽にできれば、とか思わないでもないですが、果てさて。
首都圏ですとそもそも新幹線駅まで自分の用具を持っていくのが果てしなく困難ですし。

だからって長さ1m以下のファンスキーで納得いく自分のような人はごく少数派でしょうw

北海道にスキー客を呼ぶにしても手ぶらで全部スキー場が道具を用意するもの、と決め打ちした方が賢い気もします。

Posted by: ぼろねこ2k | Jan 17, 2016 at 11:15 PM

「レンタル品がぼろい」って、確実に業界のイメージを下げてると思うんですよね。スキー場の直営じゃなくて、近所の個人経営レンタル屋、あるいは近所のスキー宿が安さ優先で商売するケースは話が別ですけど。

レンタル品でも良いものが出てくるとなれば、わざわざ重たいマテリアルを持って行かなくてもいい、自分で買わなくてもいいから… といって腰が少しぐらい軽くなってもよさそうなものですが。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jan 19, 2016 at 11:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63070420

Listed below are links to weblogs that reference シュプール号の復活は無理かと:

« 【'16 Day-2】がら空きのコースでガンガン滑る | Main | テンバのショルダーストラップ »