« EF 70-200mm F4L IS USM の入院と退院 | Main | E233 系の目薬 (違) »

Feb 10, 2016

仕事なら、なおのこと本気で (その 2)

どえらく間が空いてしまいましたが、「仕事なら、なおのこと本気で (その 1)」の続き。

キヤノンの Web サイトに上がっている仕様比較表がこちら。つまり G1X Mark II だけ、他の G シリーズよりイメージセンサーがでかくて画素数が少ない。じゃあ、実際に使ってみてどうなの ? という話になるわけですが。

高感度性能は、APS-C 機と張り合えるぐらいはいけるかな、という感触。ときどき輝度ノイズが目立つことがありますけど、あまり目立つようなら DPP でいじればいいし。それに、拡大してみなければ、ISO1600 ぐらいまでは気にならずに使えます。

気になるのは、ピンを合わせられずにジタバタする場面がときどきあること。最初はコンティニュアス AF をオンにしたせいかと思ったら、オフにしても起きます。G15 でもときどき起きる現象ですが、謎。

スキー場にも持ち出してみましたけど、G15 と同様に首から下げてジャケットの中に入れているので、寒くても問題なく使えます。

G15 よりも強まったのは、液晶がティルト可能になったところ。だから、テーブルフォトなんかには使いやすいです。

ただ、(初代よりマシになったとはいうものの) まだ G15 より寄れないので、ちょっとイラッとすることはあります。

「ピッ」
(ちょっと引く)
「ピッ」
(もうちょっと引く)
「ピピッ」
(ホッ)

って感じ。(←分かってて買ったんだから文句いうな)

総括すると、コンデジというより、レンズを替えられないミラーレスぐらいのつもりで使うのが、しっくり来るかなと。そもそも、コンデジというには重たいですし。

|

« EF 70-200mm F4L IS USM の入院と退院 | Main | E233 系の目薬 (違) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63191628

Listed below are links to weblogs that reference 仕事なら、なおのこと本気で (その 2):

« EF 70-200mm F4L IS USM の入院と退院 | Main | E233 系の目薬 (違) »