« J10 の売却と、レガシィのその後 | Main | 流し撮りの麻薬 »

Jun 17, 2016

強行採血

2 年前の入院中、記憶では週に一度のペースで採血されてたんですが、いつだったか「出」がやたらと悪かったことがあって。普通ならスピッツ (真空採血管) を使えばスーッと血が出ていくのに。

それでどうなったかというと、強行採血されましたよ。確か、注射器を持ってこられてスピッツ 3 本分。 普段は 2 本なんだけど、このときは 3 本だったような記憶が。検査項目が多かったんかな。

ときどき「強行採決」のことを「強行採血」って誤変換してる人がいるけど、自分は本当に強行採血されたぞ、というお話。

もうほとんど日常行事のようにやられてたけど、入院中に抜かれた血の総量ってどれぐらいだったんだろ (数えるな)

|

« J10 の売却と、レガシィのその後 | Main | 流し撮りの麻薬 »

Comments

肘から静脈で。手背から静脈で。手首から動脈で。足の甲から静脈で。太ももの付け根から静脈で。太ももの付け根から動脈で。鎖骨の付け根から静脈で。鎖骨の真ん中から静脈で。鳩尾から心室で。
http://www.pref.nagano.lg.jp/police/koukai/jouhou/keiji/documents/tt_shitaihoukaishaku.pdf
マウスの眼窩からガラス管で(絶版

Posted by: sionoiri | Jun 17, 2016 at 08:47 PM

ということは、私はいつも肘の内側に針を刺されていたから静脈かあ… (←この業界のことはよく分かっていない人)

よくよく考えれば、御遺体の扱いについてもなにがしかのルールは必要なわけで、ちゃんと文書があるものなんですねぇ。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jun 18, 2016 at 12:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63791322

Listed below are links to weblogs that reference 強行採血:

« J10 の売却と、レガシィのその後 | Main | 流し撮りの麻薬 »