« 消えたダムカレー | Main | エアコンのリプレース »

Jul 26, 2016

選択と集中

ここ にもあるように、うちでは目下、キヤノン・ペンタックス・ニコンの 3 マウント体制ですが、さすがに最近、2 マウントに集約できないかなあと思い始めているところ。ボディもレンズも充実しているキヤノンはいいとして、あとの二つをどうするか。

実は、手持ちのペンタとニコンの機材を全部売り払えば K-1 のボディだけは手に入る、と計算したものの… それだとレンズは別立てになるし、目下のところ、ペンタのフルサイズ対応レンズは大口径で重たいものが大半。おっと、28-105mm はそれほどでもないし、昔からある FA 単焦点なんかも別ですが。

実は K-1 が案外と重たいのに、さらにレンズが重かったらしんどいので、この選択肢は残念ながら却下。資金的にどうにかできたとしても、腕力がついていけませぬ。

というわけで、さてどうしたものか… と思案中。

|

« 消えたダムカレー | Main | エアコンのリプレース »

Comments

シアンが中にあるなら、マゼンダとイエローはどちらに?(ネタが使い古し)

ならば、いっそ斜め上でソニーFEは如何でしょうか?
α7R II は軽くて優秀ですよ!(プライスタグと操作性から目を逸らしつつ)
レンズも最新設計が多くて優秀ですし!(プライスタグとレンズ重量からも目を逸らしつつ)
マウントアダプターを使えば、キヤノンEFレンズも付きますし!(その後の底なし沼から目を逸らしつつ)

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 27, 2016 at 12:40 PM

EVF は、ちょっと… (´・ω・)

仕事の道具として使えるように、という見地からすると、レスポンスの良さと操作性の良さとタフネスは必要だなあと思っております。
ヒコーキ撮りの機会が増えたら、当然ながら「そんなら 7D2」という話が出てくるわけですが、70D でもそこそこ戦えるし、ちょっと悩ましいですぬ。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 27, 2016 at 01:46 PM

中判を除くOVFとなると、日本の3社しか無くなりましたので、今所有されているマウントのどれかを落とすと言う話に。
ならば、急いで考えずに、お使いの上でご判断なさればとは思いますが、キャノニコのセットはつまらない気が(苦笑)。

なお、職場で「選択と集中」と聞かされると、ひねくれ屋なので、ついつい「排除」と付け加えてしまいます。
GaNの青色LEDを始めとして、その時の「選択」の結果が正しくないことが多い業界に居る者で・・・。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Jul 28, 2016 at 09:36 PM

そこが難しいところで、純然たる趣味の道具として使うのと、仕事の道具として使うのとでは意識が違ってきてしまいます。

やはり取材現場では、被写体がヌッと現れたときに、サッとカメラを向けてスッとピンが合って、ダダダダと撮って、それでフォーカスも露出も外さない (率が高い) 道具が欲しいのです。

Posted by: 井上@Kojii.net | Jul 28, 2016 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/63970229

Listed below are links to weblogs that reference 選択と集中:

« 消えたダムカレー | Main | エアコンのリプレース »