« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

Dec 30, 2016

なに係数 ?

うちの場合、総支出の 27% あまり (クルマの購入費用は別立てなので除く) を占めているのが旅費交通費で、これが圧倒的な首位。商売柄、旅費交通費が多くなる傾向はもともとありますけれど、特に今年は二度の海外遠征で数字が押し上げられたようです。この、二度の飛行機代だけで 300K 近くになってますし。

食費が占める比率のことは「エンゲル係数」といいますが、旅費交通費については… 特に名前はなさそう。

でも、こういう仕事をしていると、可能な限り現場・現物を見ないとクオリティが上がらないので、旅費交通費が嵩むのは、もう仕方ないです。たぶん来年以降も同じ傾向でありましょう。だいたい、「入れてくれるのなら自費でも行きます」が口癖だもの :-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 27, 2016

手持ちの機材まとめ Mark VIII

過去の履歴が残るように、引退したやつを打ち消し線付きで残しているのは従来と同様 (コンデジ除く)。ただし今回は新企画として、リプレースの履歴が分かるような形で並べ替えてみました。

前回掲載時との大きな違いは、ペンタの引退と、コンデジの世代交代。よくよく考えたら、「手持ちの機材」エントリって1 年以上も更新をサボってた… (´・ω・`)

Continue reading "手持ちの機材まとめ Mark VIII"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2016

今年やっちまったもの・2016 年版

カメラ関連が意外と少なかった… とはいうものの、エアコンのリプレースを余儀なくされたし、クルマという大物がいたので金額はでかい

そして年末になって、トリを受け持つレンズが 1 本登場。よくよく考えたら、今年、購入したレンズってこの 1 本だけ。マジか。

EOS 5D Mark III と EOS 7D Mark II の二丁拳銃、性能はいいのですが、そこに赤鉢巻レンズなんか付けようもんなら、いささか「悪目立ち」する傾向があります。もうちょっと地味に、というかさりげなくパシャッとやれるような道具立てが欲しい場面もあります。

となると、ズーム倍率がやや物足りない G1X Mark II (なんだってまた、○○ Mark II とか ○○ Mark III ばかり 3 台も抱え込んで…) をもっと活用するか、別の手を考えるか。ぬーん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 25, 2016

2016 年 12 月のお仕事・その 5

今月の締めくくりは「丸」。いつもの連載「World Military Information」に加えて、「特集 F-15 イーグル」の「"アドバンスド イーグル" 進化論」「世界の F-15 アップグレード・プラン総点検」を書きました。

関連するニュースが出回ったタイミング、あるいは JA2016 で参考用の写真を拾えたことを考えると、いいタイミングの記事になったと思った… のですが、脱稿後に「シーモアジョンソンの 4FW でも F-15E の RMP 改修機の配備が始まった」というニュースが流れてきたので (´・ω・`)

F-15 は以前にも書いたことがあったけれど、それと比べると F-16 や F/A-18 って話題になりにくいような… というか、書き始めたら「いろいろありすぎて」大変かも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 24, 2016

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM [試写編]

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM [到着編]」では撮影にまで至りませんでしたが、ちょうど雨が降ってきてしまって試写どころではなかったのです。

それで本日、成田まで出かけてきました。出動が遅かったのと、強風で寒くてかなわなかったのとで短時間の試写にとどまりましたが、傾向はつかめたと思います。

以下の写真はいずれもサムネイルですが、OneDrive にオリジナルが上がっています

Continue reading "EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM [試写編]"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Dec 23, 2016

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM [到着編]

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM」で言及していた「成城石井」こと EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM ですが (IS II → 石井 → 成城石井)、実は発売開始前にポチってました。 そして発売当日の午前中にブツが到着。

IMG_0783

箱から出してみたら、数字以上に軽く感じました。キヤノンのレンズはレンズフードが鏡筒と比べてやたらと太いケースが目につきますが、このレンズはそれほどでもないです。

IMG_0784

EF 70-200mm F4L IS USM と並べてみると、こんな感じ。フィルター径は同じ φ67mm ですが、全長がだいぶ短いので収納は楽そう。

IMG_0786

とりあえず 5D3 に取り付けて、部屋の中で少し使ってみたら、AF はけっこう速いです。これなら動きモノの撮影で苦労することはなさそう。

もちろん、気合が入った撮影ではEF 70-200mm F4L IS USM を持っていきますけど、「念のために望遠も欲しいなあ」ぐらいのシチュエーションだったら、EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM は頼りになりそう。

ちなみに、注目の (?) 液晶ディスプレイですが、距離指標表示はこんな按配です。

IMG_0787IMG_0793

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 18, 2016

2016 年 12 月のお仕事・その 3 & その 4

「お仕事」シリーズが続くなあ…

まず「Jwings」。いつもの「月刊 F-35」に加えて、特集「無敵の F-2 これで完璧」のうち、「F-2 の 3 大任務」と「"ミッション コマンダー" が乗る、統合運用時代の F-2」を書きました。前者はそれほどでもなかったけれど、後者は書くのがけっこう難しかったです。

続きましては「艦船プラモカタログ 2017」。戦艦のお話は宮永さんの担当で、私は現代戦が得意ですから「横須賀を中核とする太平洋の絆 日米の水上戦闘艦」の方を。

うーん、ドレッドノートのプラモが出ていたとは知らなんだ… ( Д) ゚ ゚
昔の軍艦の方が、模型を作るのは難しそう。というか、手先の器用さが求められそう。ズムさんだと、形はシンプルだけど、細々した表面の仕上げ・塗装・マーキングなどが面倒そう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 16, 2016

2016 年 12 月のお仕事・その 2

といっても写真 1 点だけなので「その 1.1」ぐらいではありますが。

ちゃんと撮影者のクレジットは入っているし、見開きでドーンと載っているので、どの写真かはすぐ分かると思います♪

トップで取り上げられている E235 系については、月替わりの後部行先表示を 4 月以外すべて押さえてあるので、これも出番があったらいいなぁ。4 月については来年の宿題。とかいってたら、毎年のように内容を変えてきたりして…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2016

E233 系 1000 番台のホームドア対応

駅ホームの安全性向上に向けた取組みについて (JR 東日本プレスリリース, PDF)

すでに赤羽みたいに工事を進めているところもありますが、最終的に京浜東北線の全駅に可動式ホーム柵を据え付ける運びとなりました。

それで、ふと気になって現車を見てみたら。

すでに京浜東北線の E233 系、運転台に 3 画面あるディスプレイ装置のうち右端の画面に、TASC 関連の表示とホームドア関連の表示が加わってました。ただ、まだ稼動していないから、TASC は停止中、ホームドアは「分離」。

どこかの駅で可動式ホーム柵が稼動を開始した時点で、ステータスが変わると思われます。

(追記) :
後でよくよく考えてみたら、山手線の線路に乗り入れる際には TASC やホームドア連携機能が要るから、山手線 (田端~田町間) のどこかで可動式ホーム柵の稼動を始めた時点で対応させていた可能性の方が高そう。

ホームドアの連携/分離についてはホーム側と通信するためのメカを追加する必要があるけれど、TASC の方は TASC 車上子の追加と関連ソフトウェアの追加という話になるのかな ? パターン制御で減速するのは ATC ブレーキと同じだから、共用できるところは共用したいんじゃないかしらん。

ちなみに、E235 系と同様にインチングの表示灯も付いてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 14, 2016

2017 年 1 月のお仕事・その 1 [予告]

ふー。先週末からかなりの時間を割いてやっていた、新刊の校正が終わりました。来年の 1 月には店頭に並べられると思います。タイトル・内容などの詳細は、またそのうち !

今年は「軍用ドローン年鑑」は出したけど、いわゆる「書籍」って新しく出てはいなかったんだなぁ (´・ω・`)

そういえば、いわゆる「書籍」とは違うけれど、別件の企画もひとつあるので、これもそのうち、詳細を明らかにできるようになったらお知らせします。こちらも来年の話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 12, 2016

2016 年 12 月のお仕事・その 1

今月のトップバッターは「軍事研究」。エンジンのお話は今回で最後です。

結局、現時点で WR-21 でトラブルが出た原因に関する RR からのオフィシャルな回答はいただけていないし、ルクレールのエンジンについても疑問点が出てきたので、いずれ何かの機会を見つけて「補遺」をやらないといかんだろうなあと思っています。いつになるかは、分かんないですけど。

それはそれとして、次号からは「私ならでは」の新ネタが始まります。お楽しみに~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 11, 2016

基地公開日にスクランブル多発

空自機が緊急発進、中国側「妨害弾発射」と発表 (讀賣)

なんでも昨日は、一般公開日だというのに、那覇基地でスクランブルが多発した一日だった由。それでふと思ったんだけど…

一般公開日に「合わせて」日本近海に飛行機を飛ばして「仕掛ける」ことで、普段よりも間近なところから、空自の現場や即応体制、あるいはスクランブルをかけるときの状況を観察しようとした、って可能性はないのかしらん。

思いつきですよ、思いつき。ただ、自分が PLAAF の関係者だったら、それぐらいのことは思いつくかも知れないなあと思っただけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 09, 2016

上野駅荷物ホームの現況

JR 東日本、上野駅に「トランスイート四季島」専用「13.5 番線ホーム」を新設 (マイナビニュース)

「こりゃいかん」ということで、改修対象になる荷物ホームの現況を見に行ってみたら、すでに工事は始まってました。

_5D31283_DP4

スラブの上面を引っぺがして、作り直すようです。すでに中央部では、乗降口に向かう通路の設置が始まってます。上の高架ホームを支える柱に挟まれているとはいえ、ちょっと幅が狭くないかしら ?

_5D31288_DP4

反対側では、若干の延長が。その理由はこれ。

_5D31289_DP4

「四季島」への乗り降りは 5 号車を使うそうですが、そうすると若干の不足があるせい。向こう側に止まっている電車を見るとギリギリで届きそうですけど、その電車がいる 14 番線の停止位置は、手前の 13 番線よりも奥 (右側) に寄っているので、13 番線だと 5 号車の途中で切れてしまいます。だから延長が必要になるというわけ。

ラウンジは 13 番線側に造るから、乗降の際にはかなりの行ったり来たりが発生しそう。いっそ 13 番線を「四季島」専用にしちゃえばと思ったけれど、そこまでの余裕はなかったか…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 08, 2016

スタッドレスに履き替え

前回は未遂に終わりましたが、今回はちゃんと履き替えてきました。

今のクルマを買う前に「現物合わせ」して確認してあったので、当たり前といえば当たり前ですが、夏タイヤより 1in 小さい 15in ホイールでも、この通りです。

_5D31278s

もっとも、5 シーズン目だから、あまり無茶はしないようにしないと。

夏タイヤが燃費重視のエコタイヤという事情もあるのでしょうが、スタッドレスに履き替えて走り出した瞬間、当たりが柔らかい感じが際立ってました。もっとも、高速で遠出をしてみるぐらいのことはしないと、本当のところは分からないかも。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Dec 07, 2016

消えた文書

何かの原稿で言及してたはずですが、jsf.mil に「F-35 のソフトウェア開発者向けガイドライン」という文書が載ってました。ところが、ふと思いついて見に行ってみたら 404 になってました。

よくよく考えれば、誰でもアクセスできるような場所に置いとく類の文書じゃないだろうと思うのですが、そう思って消したのかも。でも、当初は「公開しても差し支え無し」と思って公開したのだろうし、何か方針の変更があったのかしらん。

私は「見敵必落」の人だから、「これ」と思ったものはすかさずダウンロードしておくのですけれど、それで正解だったようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2016

スパホのパイロン取り付け穴

いーのさんのコメント

F-2やF-15といった非ステルス機は、ボルト穴がそのままですが、あれはRCSに影響しているでしょうね。

……スパホとレガホでも違うのかな?
パックマンだと影響ないかも。

ネリスで、F/A-18F や F-22A の「お腹の写真」はだいぶ溜まったので、分かりやすいのをひとつ引っ張り出してみました。F/A-18F です。

_7D23775_DP4

全景じゃ分からん。アップだ。

_7D23775_DP4s

ボルト穴らしきものが開いていて、一応、栓をして塞ぐのが基本のようです。一部、穴が開いているようにも見えますけれど。

F-22 の場合、F-35 と同様にボルト穴をパネルで塞いでいるようです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »