« 多忙は怖い | Main | 2017 年 2 月のお仕事・その 1 »

Feb 04, 2017

平らじゃない

先日、VAW-125 の E-2D が岩国に飛来するというので、取材に行ってきました。詳しい話は次回の某誌で書くつもりですが (というか、すでにβ版の原稿が編集部に行っている)、記事に書いていない話をひとつ。

ランウェイ脇で着陸シーンを撮った後、大急ぎでだいぶ離れた格納庫・駐機場エリアまでバスで移動。その間、E-2D は誘導路で待たされて (?) ました。そして取材陣が陣取ったところでランプインとなったのですが、駐機場から E-2D の待機列を見ると、機体の下の方が切れちゃってて見えません。

つまりどういうことかといえば、格納庫・駐機場エリアとランウェイを結ぶ誘導路が完全にフラットではなくて、拝み勾配になってるんですね。だから、頂点の向こう側で待機している E-2D は下の方が見えないと。

沖合展開して作った埋立地だし、地盤が多少は沈下するかも知れないから、完全に真っ平らにするのは難しいのかも知れないなあ、と再認識したのでありました。土木の専門家じゃないから、専門家がこれを見たら「何を抜かしてるんだヴォケが !!!!」って叱られるかも知れないけど。

ちなみに今回の取材、着陸の時間がずれる可能性を考慮して「早め集合」となったので、実際に着陸を迎え撃つまでに、だいぶ待ち時間がありました。

で、海兵隊のかわいい女性広報士官が「海兵隊では『急げ急げ』とせき立てるかと思ったら、今度は待たせることがあります。今日は皆さんを海兵隊員と同じように扱います」といいだして、思わず苦笑。レッキとした海兵隊士官なのだから、この娘もベーシック スクールでしごかれてきてるんだよね…

あと、1 月の VMFA-121 歓迎式典取材のときにも今回の取材のときにも、海兵隊の人達は T シャツの上に戦闘服を着てるだけ。こっちが使い捨てカイロまで入れて「寒い寒い」といっているのに、なんっつぅタフな人達なんじゃ (:・∀・)

|

« 多忙は怖い | Main | 2017 年 2 月のお仕事・その 1 »

Comments

滑走路や誘導路の自然排水をしやすくしているんですかね。
他の空港はどうなんだろ。

Posted by: き~よ | Feb 04, 2017 at 02:43 PM

それはあり得ると思いました。完全に真っ平らだと、水はけは悪そうですし。でも、地盤が沈下して形が変わって来ちゃったら… ?

Posted by: 井上孝司 | Feb 04, 2017 at 02:46 PM

大規模土木工事の場合大抵関わったゼネコンが論文なりの形でまとめてくれて、それでどんな工法を使ったか判ったりするのですが、岩国の場合米軍が絡んでいるので公表は難しいですかね?
ま、埋め立て空港の経験値は日本は大変に大量にあるので、沈下対策、起きた時の対策含めて大丈夫なんでしょう。

Posted by: ぼろねこ2k | Feb 04, 2017 at 08:03 PM

えーと、日本国内の埋め立て空港というと、羽田、中部、関西、神戸、北九州、那覇 (進行中) あたりはパッと思いつきますが、後はどれぐらいあるでしょうか…

Posted by: 井上孝司 | Feb 04, 2017 at 11:40 PM

海〜ゆかば、埋め立て干拓
山〜ゆかば、切り土土盛り

美保飛行場と出雲空港、
http://cont.t-com.ne.jp/dpz/22188_3.html
http://hit.pos.to/trans/rail/sakai_ug.htm
川の埋め立てというのもあるのか

我が国初の海上空港、長崎空港に佐賀空港(干拓)

Posted by: sionoiri | Feb 05, 2017 at 09:32 AM

プーチンも来た宇部もそうじゃの
http://www.yab.co.jp/jc/broadcast/2月11日のjチャンやまぐち/
延長前の部分はボタ山のような埋立地。
奄美大島だって館山だって八戸だってとどんどん行くよ〜

Posted by: sionoiri | Feb 05, 2017 at 09:45 AM

水中空港typhoon
https://www.mlit.go.jp/river/basic_info/jigyo_keikaku/gaiyou/seibi/pdf/hii-4-4.pdf
昭和47年梅雨の出雲\(;゚∇゚)/

Posted by: sionoiri | Feb 05, 2017 at 09:54 AM

ランウェイを延長するときに海に食い込んで、部分的に埋め立てになったパターンもありますねえ。山口宇部や米子はそんな感じですが、築城や松山や徳島も該当するのかしらん。

島をまるごと削ってこしらえたのは、長崎ぐらいかも。

Posted by: 井上孝司 | Feb 05, 2017 at 01:41 PM

この話、何か引っかかるなぁと思っていたら、福岡駐屯時代に海自の一般公開で、海自の用意した駐車場まで、そのバンプ(拝み勾配)を前の愛車エボゴンで通過した記憶が・・・。

この時は、一度、米軍海兵隊のゲートを通過してトランク確認を受けた上で、以降は海自のスタッフが誘導の体制でしたが、ひょっとして米軍海兵隊と、沖合へ移転した海自の境界と言う線はありませんでしょうか?
(滑走路は軍民共用化されたので海自所管の筈。)

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Feb 05, 2017 at 06:54 PM

おおお。それってどのあたりだったか、記憶にありませんか ? 北寄りとか南寄りとか。

境界線…「これより海兵隊」「これより海自」みたいなのは見かけませんが、もちろん、どちらのエリアなのかはちゃんと区分されていると思われます。Google Maps の航空写真で見るのが分かりやすいかも。

Posted by: 井上孝司 | Feb 05, 2017 at 07:00 PM

写真の履歴から、2010年9月19日の基地祭(「日米安保改定50周年記念」とか(苦笑))でした。
基地を走るなんて滅多に無いのでカーナビの履歴を見ていましたが、北回りで海自の新施設近くの草地(の臨時駐車場)に誘導されたと記憶しています。

Posted by: 観音旭光の両刀使い | Feb 05, 2017 at 07:19 PM

ふむふむ。同じかどうかは分からないけれど、近いエリアではあったかもしれないですねえ… これ以上の話は、航空写真を見ながら顔を突き合わせて、の方がよさそうです。

Posted by: 井上孝司 | Feb 05, 2017 at 07:43 PM

路上の排水勾配は、普通は横断方向に付けるます。縦断方向ってのは、めったにやりませんよ。
可能性として考えられるのは、誘導路の部分の沈下が遅れ気味(上の舗装が滑走路よりは軽いので)とか、既に供用されていた埋め立て部分との兼ね合いの影響とかでしょうか。

グアムのアンダーセンは、大戦中の急速造成がたたって、凸凹が激しく、B-52に満載積んで爆撃する時に、振動で過荷重になりそうで困ったなんて話を聞きますね。
頻繁な凸凹があるようだと、上下方向の荷重が悪影響を及ぼすようです。

民間空港の場合、国土交通省の空港土木施設構造設計要領とか、空港内の施設の維持管理指針とかに、点検要領とか基準等が記載されています。
岩国の場合は、民間共用とはいえ、米軍なのでMIL-STD-うんたらかんたらがあるんだと思いますが。

Posted by: いーの | Feb 06, 2017 at 03:30 PM

あ、そうか。船の甲板にキャンバーをつけるのと一緒ですね。
拝み勾配のピークは、誘導路と駐機場の境界あたりと見受けられました。確かに、他のエリアと比べると負荷が少なそう = 舗装が薄そうではあります。

アンダーセンの写真を見ると、滑走路が露骨に 凹 型になってたような…

Posted by: 井上孝司 | Feb 06, 2017 at 03:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/64849434

Listed below are links to weblogs that reference 平らじゃない:

« 多忙は怖い | Main | 2017 年 2 月のお仕事・その 1 »