« 最近読んだ本・兵士に聞け [最終章] | Main | 雪が太陽でキラキラ »

Mar 01, 2017

【'17 Day-1】晴天で雪質良好でヒャッハー

  • 日付 : 2017/2/27
  • 場所 : 安比高原
  • 天気 : 晴
  • 板 : Power One

IMG_0983s

1 日目が 2 月の末って、どんだけー

といっても、12 月は新刊の追い込みなどでドタバタ、1 月は F-35B 待機で一週間以上動けず、だったから仕方ない。回数をこなせないのなら、カネがかかってもいいから内容は充実させよう。ということで久方ぶりの安比高原。2 月下旬から 3 月初頭は、雪質が良くて天候が安定する最良の時期だし。

3003B (Z7 編成 + U15 編成) で盛岡まで行って、1005 のバスに乗り継ぎ。新青森開業より前に常用していた 3001B パターンと比べると、20 分ほどの繰り下げになっている。現着後、さっそく準備をして 30 分後にはコースに出ていた。

IMG_0946s

まず麓の白樺ゲレンデで流してみたら、意外と身体が動いたので、いきなりゴンドラに乗ってしまった。ただし今週は、マスターズ大会の関係でハヤブサ上部がクローズ。仕方ないのでザイラーロング~セキレイとたどり、そのままオオタカを下って新設リフトのハシゴ。

IMG_0951sハヤブサはクローズ中 (´・ω・`)

IMG_0954sザイラーロング上部はボコボコ。ここはいつもこうだ

IMG_0957sシュレップ跡地のセントラル第 2 リフト

IMG_0962sTバー跡地のセントラル第 5 リフト

第 2A 線・第 2 B 線・シュレップが消滅して新しいペア (セントラル第 2) が架かり、その上では T バーが消滅して新しいペア (セントラル第 5) が架かった。どちらも、赤信号・緑信号を同じ LED で兼用するタイプ。

その新しい 2 本を乗り継ぎ、オオタカをダーッと下る。空いているので、ボコボコになっているザイラーロングより滑りやすい。といったところでレッドハウスに立ち寄り、お昼にエッグカレー。なんとなく、お食事処はレッドハウスを贔屓している。

IMG_0969s

それから麓に降りてゴンドラで上がり、セカンドで 2 本。それから 2B~ザイラーロングとたどって麓まで降りて、ザイラーゴンドラで上がり、またザイラーロング~セキレイとたどってレッドハウスに。安比に来たら乳製品は欠かせないので、ソフトクリームを舐めつつ休憩。

疲れが溜まったのと、足が痛むのとで大休止を余儀なくされている間に 15 時を過ぎて、リフトが続々と営業終了。それでカッコウに行き損ない、仕方ないのでそのまま麓まで降りて終了。

前夜に降雪があり、気温は上がらず、コンディションは至って良好。しかも晴天で、風は穏やかという、まるで安比っぽくない天気。

IMG_0972s残念ながら岩手山は頂が雲の中

ただーし。どうもブーツ (REXXAM DATA93) が足に合わなくなってきているんじゃないか、という疑惑が出てきた。以前よりもきつい感じがするし、今日は足が痛んで立ち往生する事態が何回も発生したから。

どのみち劣化が気になる時期に来ているので、来シーズンを待たずに買い直した方がいいかもしれないけど、さてどうしたものか。

IMG_0944s
安比グランドの本館ロビーにかわいいディスプレイが。ひな祭りシーズンだからね。

|

« 最近読んだ本・兵士に聞け [最終章] | Main | 雪が太陽でキラキラ »

Comments

 ぐ、ぐぬぅ( ̄○ ̄;)!
 でも、愛車が同行してのヒャッハー! だと思う。

Posted by: えいじ | Mar 01, 2017 at 10:53 PM

夏場でも楽じゃないのに、冬に安比までクルマで行くなんて勘弁してください (>_<)


東北道下り線の館林のあたりに、「盛岡まで 460km」という看板がドーンと出ていて、ドライバーの心を折ってくれます。でも、安比は盛岡 IC からさらに小 1 時間かかりますからねえ。

Posted by: 井上孝司 | Mar 01, 2017 at 11:37 PM

平成20年代に新設されたリフトってあったんだ!!(゚ロ゚屮)屮
http://skitop.jp/184.html
架け替えならともかく、やっぱり架け替えなのか(/ー\*)

Posted by: sionoiri | Mar 02, 2017 at 05:20 AM

安比の場合、古くなったリフトの架け替え & 整理統合ですね。これまで 4 本あったものが 2 本に集約されました。

しかし、いまさらブツが手に入らないから仕方ないにしても、強風に強いシュレップや T バーがなくなっちゃって、大丈夫なのかしらん… そういう含みもあって、デタッチャブルにしなかったんでしょうけれど。

Posted by: 井上孝司 | Mar 02, 2017 at 10:25 AM

では、リフトの支柱にロープロウを敷設して、荒天時にはそちらを利用という線でw
ぴっぷのスキー場でタダで使えるロープトウが腰のサポートすら無い代物で、アレで子供らは平衡感覚を鍛えていきます。
北海道ですと案外Tバーみたいのが無く、寧ろリフトの下をコースが跨いでいくレイアウトが多用されていますね。

Posted by: ぼろねこ2k | Mar 06, 2017 at 10:16 PM

なんかスパルタ式っぽいなあと思ってしまいました。試される大地 (違)

安比の場合、ザイラーゴンドラやザイラークワッドが止まったときだけ動く連絡用のペアリフトがあるのですが (これがまた、のろくて長いんだ)、それの実績を見て「普通のペアでも行ける」と判断したのかも知れません。

Posted by: 井上孝司 | Mar 07, 2017 at 12:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/64957346

Listed below are links to weblogs that reference 【'17 Day-1】晴天で雪質良好でヒャッハー:

« 最近読んだ本・兵士に聞け [最終章] | Main | 雪が太陽でキラキラ »