« 【'17 Day-2】ロングターンでかっ飛ばしてヒャッハー | Main | インプレッサの凍結警告 »

Mar 07, 2017

A010N の歪みの傾向

ズームレンズ、なかんずく高倍率ズームは、どこかで歪曲が発生する事態は避けられないようです。手持ちのタムロン A010N も御多分に漏れません。

それで、しばらく前に壁のタイルで試し撮りしてみた結果、おおまかな傾向はつかめました。

ワイド端だとタル型が盛大に出ますが、これは他のズームレンズでもよくあること。35mm あたりからは普通になって、その後は 50mm を過ぎて 3 桁に近付いていくあたりから、だんだんと糸巻きが出てくるようです。

テレ端にいくほど糸巻きが顕著になりますけど、それでもワイド端のタル型ほどではないかなぁ。

普段はそんなに目立たないものの、「四角い被写体」を撮ると、目立ってしまう場合もあります。仕事柄、四角い物体を撮る場面が少なくないので、被写体や構図によっては「あちゃー」となるんですよね。で、Lightroom を引っ張り出してせっせと修正するのはお約束。

屋外の現場取材なんかだと、いちいちレンズを替えなくてもオールマイティに対応できるので便利ですが、「建物」や「車両」が主役だと、ちょっと考え込んでしまうところ。

|

« 【'17 Day-2】ロングターンでかっ飛ばしてヒャッハー | Main | インプレッサの凍結警告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135810/64984383

Listed below are links to weblogs that reference A010N の歪みの傾向:

« 【'17 Day-2】ロングターンでかっ飛ばしてヒャッハー | Main | インプレッサの凍結警告 »