« April 2017 | Main | June 2017 »

May 2017

May 29, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 7 & その 8

本日発売、「戦闘機事典」。戦闘機にまつわるあれやこれやを網羅した、総合リファレンス的な一冊といえそう。機種別の紹介もありますけど、むしろ「戦闘機が何者で、何をどうやるのか」の話がメインかなあ。

で、執筆陣の顔ぶれがすごくてビビッてるんですが、私は「ステルス機」の話と「ネットワーク」の話を。前者は以前に「Jwings」で書いた話がベースですが、加筆・リライトもかけてます。

もうひとつは「丸」ですが、こちらはいつもの連載だけ。今回、末尾の「おもしろワールドフォト」の写真のセレクトが編集部でウケていたようです。

私はタッチしていませんが、特集が「青葉・衣笠」って、なかなかシブい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 28, 2017

EOS M5 (動きモノ撮影編)

すでに店頭で何回も触っていたし、レビュー記事もいろいろ読んでいたので、だいたいの概要は頭に入ってました。でも、自分で実際に使ってみないと分からないことがあるのは毎度のこと。

特に DP CMOS AF による「動きモノへの強さ」は期待するところが大だったのですが、さて実際には ?

Continue reading "EOS M5 (動きモノ撮影編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2017

EOS M5 (イントロ編)

実は先日、EOS M5 をポチりました。「小さい EOS 80D」というつもりで。80D や 9000D だと、ボディは 7D2 よりいくらか小さくなってもレンズは同じなので、全体で見るとあまり小さく、軽くなった気がしません。その点、EOS M ならレンズもガクッと小さくなるので。

そして何日か試運転した後で、無謀にも IMDEX ASIA 2017 に乗り込む際に連れて行きました。最初は 7D2 と G1X2 のペアで行くつもりだったんですけど、出発当日の朝になって気が変わりまして。

_7D25361

Continue reading "EOS M5 (イントロ編)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 6

お次は初登場の「世界の艦船」。特集「現代軍艦とネットワーク」で「CEC」「NIFC-CA」「データリンクの基本」「潜水艦とネットワーク」の四本立て。ことに CEC については、この記事のために改めていろいろ調べてネタを追加したので、書いた自分にとってもいい勉強になりました。

さて。「世界の艦船」というと以前から、カメラマンの井上孝司 (たかし) さんがいらっしゃいます。そこに私が加わったことで同姓同名が二人並んだわけですが、どうやら肩書きで区別する方法に落ち着いた模様。私が撮った写真が載るのは、今回がそうだったように自分が書いた記事の中ぐらいでしょうから、この方法で問題は生じないはず。

記事中ではスペースの関係で入れられなかったのですが、SM-6 とは別に SM-2 のアクティブ化構想もあります。既存ミサイルの有効活用というだけでなく、SM-6 がお高いので安価なアクティブ レーダー誘導ミサイルが欲しいという話になったのかなあ、と推測しているのですが、さて真相は。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 22, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)

初日は展示会の方をウロウロしてました。商売柄、C4ISR 関連のメーカーに興味が集中しそうになりますが、そういうわけにも行かないのでいろいろと。

造船所の展示だと、実艦やコンセプトモデルの模型しか置いてないことが多いので、いまひとつ面白味に欠けるような。でも、目立つ表ではなく横手に行ったら「!」なものが置いてあることもあって、これだから展示会は面白いです。ねえ、ティッセンクルップさん。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 5

お次は「Jtrain」。今回は毎年恒例の貨物輸送特集ということで、それに合わせて (?) 米タンの記事を書きました。以前から「石炭をやったんだから米タンもやりましょう !」といっていたのですが、それがようやく実現した恰好。

企画の実現までに時間がかかりましたが、そうこうしている間に今春、米タン牽引機にネタ釜が立て続けに入る事態が発生。だから誌面に出てくる写真には、EF65 2139 や EF65 2127 が少なからずあります。結果的に、いいタイミングだったかも。

そんなこんなの事情により、今回は「首都圏輸送」の連載はお休みです。
そういえば、町田駅のスマートホームドアで動きがあったから、何かの機会にフォローアップしないとなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 3 & その 4

お次は「Jwings」。今月は連載「月刊 F-35」だけですが、ネタが多いせいもあって 4 ページいただきました。さりげなく、これまであまり書かれてこなかった情報が出てきているのが今回のミソ。

特集は在日米軍ですが、冒頭で石川さんが組織的な話をキチッと押さえておられるのが、なかなか好感の持てる構成。装備は目立ちやすいし、話題になりやすいですけれど、組織の話って意外とスルーされがちですからね。軍隊の根幹である「指揮統制」に関わる大事な話なのに。

「航空ファン」の方も、今回は海外ニュース欄だけです。時節柄、那覇の第 9 航空団に関する記事は必読。でも「隊員が頑張ってくれてますから」だけで大丈夫なのかなぁ。何かフォローアップが必要ではないのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2017

IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)

あれやこれやの事情があり、突発的に、シンガポールで国際観艦式に続いて開かれた IMDEX ASIA 2017 展示会 (2017/5/16-18) に行ってきました。これは海軍関連の武器展示会で、実は海外の武器展示会って初体験。6 月に日本でも MAST ASIA があるっていうのに。

展示会そのものの詳しいレポは、そのうち仕事の原稿で書くことにして。

Continue reading "IMDEX ASIA 2017 訪問記 (1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2017

シンガポールに行ってきました

月曜から今日の午前中まで、シンガポールに行ってました。最後の晩は深夜便で発ったので、シンガポール滞在時間 56 時間。

その間に IMDEX ASIA 2017 展示会を 2 日がかりで見て、そのうち 2 日目はチャンギ海軍基地での艦艇公開にも行っていたので、忙しいったらもう。だから、マーライオンもセントーサ島も「なにそれ」状態。空港とホテルと展示会場の間を、バスや電車で行ったり来たりしていただけのシンガポール滞在でした。

最後に空港でビーフンを食ったのが、唯一、観光客っぽい行動だったかも。

そのシンガポール。治安はいい方だというし、街は清潔だし、公共交通機関も充実しているので、比較的、「行きやすい東南アジア」じゃないかなあと思います。

ただしその一方で、あちこちに監視カメラがついているし、有名な「罰金」の看板もビシバシと。さらに、チャンギ空港と海軍基地を結ぶ道路は「カメラ監視中」の看板があったほか、「不審な人・車・船を見かけたら直ちに 999 番に通報」という看板がビシビシと立ってるんですねえ。

治安の良さは、監視の厳しさと表裏一体なのかなあ、と感じつつ、展示会を見てきたのでした。その展示会のレポについては、これから某誌の編集部にプッシュをかけます。

IMG_0263
えらく背の高い二階建てバスがたくさん走ってました。

IMG_0266
MRT の Expo 駅。電車は VVVF の音をさせてました

IMG_0269
空港のトイレにあった「フィードバック用のタッチパネル」。イミグレにも (!)同じようなのがありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2017

遠近両用メガネでクルマを運転

先日、遠近両用メガネに替えました。なにしろ近くのモノを見るのが辛くなっていて、デジカメの画面で写りをチェックするのはしんどいし、時刻表を見るのもしんどいし…

で。実際に作ってもらって初めて知ったんですけど、遠近両用メガネって要するに、同じレンズの「上半分」と「下半分」を使い分けるデバイスなんですね。近くのモノを見るときは視線を下げて下半分を使う、遠くのモノを見るときには視線を上げて上半分を使う。

厄介なのは階段を下りるときで、視線だけ下げると「近くを見るのに最適化した状態」になるので、それより距離がある足元は見づらくなります。だから頭を下げないとダメ。クルマを運転しているときには遠方を見ていることが多いから、頭を下げ気味にしないとダメ。どちらもレンズの「上半分」を使うケース。

というわけで、状況に応じて「頭を上げる / 下げる」と「視線を上げる / 下げる」の組み合わせを適切に使い分けないといけなくなりました。これを身体に覚えさせるには、ちょいと時間がかかりそう。

これまで使っていたメガネをクルマに置きっぱなしにして、「運転用」にする手もあるといえばあるのですけれど。でもなあ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 13, 2017

最近読んだ本 : 豊田章男が愛したテストドライバー

昨日、業界関係者の飲み会に行く前に時間が余っていたので書泉ブックタワーに立ち寄ったら見つけて、パラパラとめくってみて「こりゃ買いだ」と思って買ってきた本です。そして、仕事などの合間に、一気に読み切ってしまいました。

モリゾウこと豊田章男社長の登場からこちら、トヨタという会社が変わってきたなあという印象があったのですが、その背景事情の一端を垣間見られたような気がします。

主役である成瀬弘氏の名前を知ったのは、アルテッツァが出て、即買い (正確にいうと発売前に予約) した頃だったか… その後もあちこちの媒体でお顔や名前は見ていて、「へええ、こういうポジションの人がいるんだなあ」と強い印象を受けてました。

でも、現社長との関わりはよく知らなかったので (´・ω・`) その「現社長との関わり」と、そこに至るまでの成瀬氏の履歴というか蓄積というか、それがこの本の二本柱。

ネタバレは避けますけれど、「いい話だなー」「いい言葉だなー」と思う記述が随所に出てきます。ことにクルマ好きの人だったら読んでみて欲しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2017

2017 年 5 月のお仕事・その 1 & その 2

今月のトップバッターは「軍事研究」と「Jships」。

まず軍研ですが、「軍事と鉄道」の第四弾で、野戦鉄道について。クリミア戦争が初めての事例だといわれていますが、その後もいろいろな事例が。

そこで建設・運用がらみの基本についてまとめたわけですが、野戦鉄道といっても鉄道に違いはないので、普通の鉄道建設・運用とあまり変わらなくなっちゃったかも。

あっそうそう。ここでお詫びというか、お断りというか。
本文中で「次号で取り上げる予定」と書いた話がいくつか出てくるんですが、あれやこれやの事情があって、次号のテーマを後日に予定していたものとスワップしてしまいました。そのため、「次号」ではなくなってしまいました。すみません。

一方、「Jships」の方は海自の DDH を特集してまして、冒頭の「DDH とはなにか」を書きました。できあがったものを見てみたら、次に出てくる岡部さんの記事と、ちょっと内容がオーバーラップしちゃったなぁ。

あと、連載「艦艇用語の基礎知識」は、前回が下士官兵だったので、今回は士官居住区などのあれやこれやを。執筆中に某所から仕入れたネタも交えて、まとめてみました。

今回の号のヒットは、付録の護衛艦隊マップ、「くらま」解役のレポ、それと開発隊群のレポかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 07, 2017

スペマ機祭り

いや、「祭り」というほどでもないですが、撮影したカットのうちスペマ機が占める比率が妙に高い一日でありました。というわけで、本日の羽田とその周辺。

_7D25102_DP4

_7D25131

_7D25181

_7D25197_DP4

_7D25198_DP4

最後の JA732J は、ネリスに行った帰りに LAX から NRT まで乗った機材でありました。そのとき故障してた電源コンセント、もう直ってるよね ? (←

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2017

露出補正に関連する検索

サーチエンジンは bing です。

2

はい。対象機種をちょいと変えてみます。

1

どうしてこうなった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2017

発車標

発車標といえば。

山陽新幹線で使っている LED 表示の発車標って、先発列車が出発した後で表示を切り替える際に、すべて同時に書き替えるのではなく、個別に、順番に書き替える動作をします。だから、タイミング次第ではこんなことも起こります。

_7D24663

運がいいと見られるというのではなくて、先発列車が出た後で見張っていれば 100% の確率で見られると思います。

一気に書き替えないのは、やはりなにかしらの理由があるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »